見出し画像

ブラックジャック未収録作品を解説

手塚治虫全巻チャンネル【某】

今回は「ブラックジャック未収録作品について」お届けいたします。

ブラックジャックにはいくつかの単行本未収録作品があるのですが
それを取り上げる上で1冊の本をご紹介いたします。
それがこちら「BLACK JACK Treasure Book」

本書のポイントを挙げておくとなんといっても
文庫版に未収録の「壁」「落下物」が掲載されていること
今回はこちらをベースに未収録作品の解説をしていきます。

前回動画ではブラックジャックの最終回
伝説の未収録「ミッドナイト版」もご紹介しておりますので
ぜひ併せてご覧になってみてください。


それではいってみましょう

--------------------

まず未収録とはですが
ブラックジャックは秋田書店と講談社から出版されているのですが
単行本版、文庫版、豪華版など数々の種類があり
仕様によって収録作、収録数、収録順番が異なっているという
とてもややこしいことになっております。

ですので一つの出版物でブラックジャックを全話コンプリートすることは
不可能だということです。

なかには入手困難なものから
未だに単行本化されていないエピソードも存在しており
ファンの間では幻のエピソードとして
今でも復刻を願う声が後を絶ちません。


まず有名なのは
第28話「指」、第58話「快楽の座」の二作品

画像1

画像2

こちらは未だに単行本化されたことがなく
著作権者である手塚プロダクションの意向により、
今後も単行本収録の予定はないそうです

理由は所説ありますが未収録の主な理由は「差別」表現、発言に対してのもので俗に言う放送禁止に当たるものでありますので
連載当時とは社会情勢が異なっていることを考えると
今後、世に出る可能性は限りなく低いと思われます。

手に入れようとするとそれこそ週刊連載されていたチャンピオンを
買うしかありませんが現在は高値で取引されております。


ちなみに第28話「指」の方は
第227話「刻印」というタイトルで改稿・改題されて収録されているので
オリジナルでなければ比較的容易に手に入れることができますが
もちろん表現方法が異なって掲載されています。
登場人物のロックの性格が変わるくらい変更されていますね。

画像3



続いてチャンピオンコミックス単行本のみ収録されていたもの紹介します

22話「血が止まらない」(単行本3巻収録)
:『血友病』に関する団体などの抗議によるためだと思われます


36話「しずむ女」(単行本4巻収録)
:公害問題と差別発言が多いためと思われます


41話「植物人間」(単行本4巻収録):第4巻初期「植物人間」は、増刷時に「からだが石に…」に差し替え。脳手術が題材で非人道的ともとれる表現が問題と思われる


76話「水頭症」(単行本6巻収録):特に問題ないような気もしますが知能に関する話だからかと思います


128話「最後に残る者」(単行本13巻収録):六つ子が全員未熟児で、他の弟たちの死体から移植手術を行う話、セリフや表現に問題があったそうです…


139話「魔女裁判」(単行本17巻収録):これはなかなかに描写が強烈。
公害病により奇形になった子供、宗教裁判、リンチ、偏見と差別
科学と迷信がぶつかる問題作。機会があれば読んでみて下さい


以上がチャンピオンコミックス版のみ収録されているものですが
41話「植物人間」のみ初期出版ものしか収録されていません。
初期が微妙なんですが15刷~18刷くらいまでらしいです
本屋さんに売っていたとしても
重版されたものはカットされていますのでご注意くださいね。
そしてタイトルが増刷時に「からだが石に…」に差し替えられております
初版を手に入れるには
田舎の汚ったない古本屋か床屋にいかないと初版を手に入れるのは困難ではないかと(笑)

ちなみのちなみですが同じ4巻に収録の「2人のジャン」未収録作品ですので
この4巻だけで3本の未収録作が読める代物になっております

アマゾンキンドルで見られるものがありますので
ぜひチェックしてみてください。(無料で読めます)

以上がチャンピオンコミックス単行本のみ収録されていたものです


-------------------------------------

続いて文庫版のみに収録されたもの紹介します

145話「金!金!金!」

159話「不死鳥」

166話「おとずれた思い出」

こちらは文庫版17巻に集中していますのでこれ一冊手に入れれば
一気に読むことができます。


手塚治虫文庫全集の場合は7巻と8巻に収録されております。


他にもまだ未収録作品ありますけどそこまで入手困難ではないので
ここでは全部ご紹介しません。


さぁそして今回ご紹介の「トレジャーブック」
こちらに収録されている未収録ですが

37話「2人のジャン」
172話「壁」
209話「落下物」(文庫全集10巻収録)

の三篇が収録されております。
「2人のジャン」は全集にも収録されており比較的手が届くエピソードですが

「壁」は復刊ドットコムの
「ブラックジャック大全集」を除くとここだけしか読めないエピソードですので非常に貴重です

画像5

「落下物」は手塚治虫文庫全集10巻と「大全集」とここだけの収録です。
放射線問題と被爆関連の問題で未収録なのではと思われます

画像6


ということでブラックジャックファンであれば
十分買う価値ある1冊だと思います。


この未収録の楽しみ方なんですが
もちろん「まだ読んだことがないから」という理由で購入するのも良いんですがやはり「なぜ」掲載を見送ったのか推測してみるという視点ですよね。

言ってることマニアックかも知れませんけど(笑)

「あ、コレ確かにヤバイなぁ」とか
「手塚治虫すげーとこまで切り込んでるなぁ」とか

曰くつきである理由をピンポイントで楽しむのも
未収録の楽しみではないかと思います。

手塚治虫という作家は漫画というジャンル自体を
押し上げてきた作家でもありますので
常にその時代の表現のキワキワを攻めてたことでも有名です。

性の表現、暴力、障害、差別など現代の物差しで見ると
完全アウトなものも当時の表現の幅としてどこまで耐えうるか
常に模索、実験して描いていたんですね。

そのチャレンジの繰り返しによって、
今日の漫画文化における様々な表現、アプローチが広まるようになっていったわけで、その狭間で適正でないと判断された多くが
この未収録作品であります。

その中で自主的に取り下げたものも存在します。
医療の進化によりストーリーに合わなくなったものもあります
しかしただ単に安直な理由で掲載を取り止めたということではなく
その背景に見え隠れする手塚先生の表現への想い
感じ取りながら読んでいくと
より一層未収録作品への理解が深まるのではないかと思います。


ちょっと興奮して
オタク的なコメントになってしまいましたが…(笑)
手塚作品全般にも言えることですのでぜひ参考になさってみてください。


今回は未収録全編をご紹介しきれておりませんし
内容についても細かく触れておりません。
説明不足のところもあろうかと思いますが話すとほんと長くなるんで
どうかご理解ください。
また別の機会にでもご紹介できればしていきたいと思います。


さて…本書は未収録以外にも
ブラックジャックについての解説が書かれています。
関係者へのインタビュー
ブラックジャックについての考察…

ファンなら一部知っている内容でしたがじっくりとブラックジャックを楽しむまたは制作の裏側を楽しみたい方には良いコンテンツだと思います。


ブラックジャックがどのような経緯で書かれたのかとか
創作の秘密を知るとより一層作品に没入できますからね


あとは、第232話の「虚像」の制作過程原稿が掲載されていることですかね

画像4


ネームと完成原稿が比較して掲載されているので非常に見やすいです。
この線がこういう風にして完成されていくとか
セリフが修正されて
どのような過程で原稿が仕上がっていくのか
手塚先生がどこでアシスタントに指示を出しているのかなど
こういうメイキング的な原稿はたまらないですよね。


ボクはネームとかこんなん未完成原稿が大好きなんで
これは非常に良かったです。
ボクと同じベクトルを持っている人であれば間違いなく興奮ポイントですのでオススメです。


という訳で今回は「ブラックジャック未収録作品について」お届けいたしました。

併せてこちらの記事もどうぞ

それでは最後までご覧下さりありがとうございます。

この記事が参加している募集

好きな漫画家

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
手塚治虫全巻チャンネル【某】
手塚治虫専門Youtuber「某(なにがし)」と申します Youtubeやってますのでどうぞ→https://www.youtube.com/channel/UCm-HLME3tWECrCjqEbj50LQ