Cursor_と_Pythonチュートリアル_png__4908_2360_

ユーザビリティ上げたら全体PV数が下がった話

大学在学中に作った小規模なPythonチュートリアルHPを数年経った今、チマチマと手直しながら運営(?)しています。

面倒くさがりな私なのでほったらかしにしていましたが、最近は検索流入もボチボチ増えてきて、月に数千PVに届くようになりました。

なんとなく無視するのももったいないなぁ」と思い、実験がてら定期的に手直ししてはGoogle Analyticsで解析するなどしています。

サイト構成

サイトの構成としては、

トップページ(全記事へのリンク)
各記事(Jupyter NotebookでHTMLを出力したもの)

となっています。

Google Analyticsでの解析

別に解析というより、ただページのPV数を眺めるだけですが、いくつか気になる点がありました。

トップページのPV数の比率が他に比べて高く四分の一ほどあるという点です。

元々Jupyter NotebookでHTMLを出力すると、トップページへ戻る導線などを付けることができなかったので、テンプレートを作って出力結果を埋め込むなどして、「トップページへ戻る」というリンクを各記事の最初と最後に配置していました。

一応、導線自体はあるものの、ある記事から別の記事に行くためには、
・まずトップページに行き
・そこから次のページを探しクリックする
という二度手間がかかる状況でした。

この状況を改善しようと、1、2ヶ月前にある変更を加え、ユーザビリティを向上しようとしました。

改善

各記事の一番下に、主要な記事へのリンクを全て載せる

これにより、ユーザは記事を読み終わったら、他の記事に直接飛ぶことができるようになり、手間が減るようになると考えました。

↓こんな感じ

ページ下部リンク

結果

結果として、1ヶ月の総PVに対して、トップページが占める割合が26%から15%と一割近く減りました

PVの絶対値で言うと、トップページへのアクセスが月500PV減りました。

他のページのPV数や、セッション辺りのページ数に大きな変動はありませんでした。

改善はうまくいったか?

実際のところ、結果として現れたのは、総PV数の減少です。他のページへのPV数そのものが大きく変動しなかったことで、トップページPVの減少がそのまま総PV数の減少に繋がりました。

ユーザは今まで別の記事に行くためにいちいちトップページに戻る手間が必要でしたが、この施策により記事間の移動が直接行えるようになりました。実際、データからもそのような導線が機能していることがわかります。

ただ、全体PV数だけを見ると減ってしまっています。

このことは、全体PV数で施策の効果を検証するのは難しいことを示唆しています。

まとめ

今までは、記事間の遷移をするためにトップページを経由しなければ行けませんでしたので、それを改善することにしました。

記事間を遷移できるようにした結果、トップページのPVが全体PVを占める割合が11%減少しました

他のPV数が増加することはありませんでしたが、既存のユーザの体験には良い影響を与えているはずです。

感想

PV数が減りはしたものの、予定通りの動きをしてくれているので、まずまずの出来でした。

この記事のようなことを趣味でやっているわけですが、自分だけが管理するホームページで自由にPDCAを回せるのは楽しいですね。

ただ、結果が出るまで1ヶ月はかかります。
普段は施策のことを忘れて「あ、そういえばあれどうなってるんだっけ」くらいの感覚でやった方が、精神的に負担にならず長続きします。

今後も、こんな感じで報告してみようかな。


Twitterもやってます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

I love you.
5
京大理学研究科にて地震学で理学修士を取得後、プログラムで飯を食う夢を諦められず一念発起してエンジニア業界に就職。現在は東京大手町のスタートアップでWebアプリのバックエンド開発するWebエンジニア。 Qiita→https://qiita.com/zawawahoge
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。