yuu_note

B2Bマーケティング、新規事業、起業などに関するTipsを投稿しています。

yuu_note

B2Bマーケティング、新規事業、起業などに関するTipsを投稿しています。

    最近の記事

    B2Bマーケのハチワレさんのnote要約や気づきまとめ

    #1 リードの商談化・法人向けサービスは時間がかかるので、「必要なタイミングで第一想起してもらう」「信頼残高を貯める」ことが重要。 #2 BtoB運用型広告の基本戦略・CVをできるだけ獲得できるようにCTAを増やすなどしてから運用型広告に取り組む。 ・運用型広告の優先順位としては、検索→Facebook→その他DSPなど。 ・特に検索で、業種カテゴリなどが盛り上がってない場合は代替手段となるジョブにフォーカスする。 #3 コンバージョンポイントの考え方・特に広告運用などを

      • B2Bマーケティング支援サイト10選【プロが見ている】

        夏になると「桃モッツァレラ」がバズる季節です。1年に1回は食べようと心に決めております。 さて、まだまだ情報が少ないB2Bマーケティング支援ですが、やっていること自体は昔からあるものの、比較的業界として新しく情報が少ないですよね。 今回は、B2Bマーケ領域について学ぼう!と考えたときに参考になるサイトをいくつかご紹介していきます。 WACUL(マーケティングラボ)サイトやLP改善などを行うWACULさんのメディアは、かなりコストのかかっているコンテンツを定期的に配信され

        スキ
        9
        • 【SEO】B2Bマーケティング主要な12のキーワードを徹底分析

          お盆も近くなってきてお休み気分になりつつありますね。ただ自分自身そういうお休みが関係ない時間が長過ぎて、ほぼお休み感覚がありません笑。 さて、B2Bマーケティング系のメディアを立ち上げる上で重要になるのがキーワード分析(自分がSEO観点からつい見てしまう癖でもあります) 今回はざーっとB2Bマーケティングで重要となるキーワードについて調査を進めてみて、どんなキーワードを狙うべきか?どんなサービスを提供するべきか?などのインサイトをまとめていきたいと思います。 調査キーワ

          スキ
          2
          • ブランディングについての理解

            「ブランディング」という言葉は、世間的には非常に重要とされている。しかし、かなり曖昧な存在なのでたくさんの本がでて、たくさんの方法論が語られるけど、いまだにに正解はでていない。 ブランディングが人気な理由はわかる。ブランドのある製品、例えば、ルイヴィトンの財布やバッグは、何か特別なアピールをしなくても「質のいい製品だ」と感じるし、100均の製品にLVのロゴが入れば10万円はくだらない。 ブランディングとは説明不要で伝わるということだと思う。 「ジャパンクオリティ」と聞け

            スキ
            3

            ホワイトペーパーが上手な会社10選〜読むだけでDL率120%アップ!?〜

            数年前まで仕事で毎週100ページ以上のスライドを作り、ホワイトペーパーが3度の飯より好きな僕が厳選10社をご紹介します。いろいろな会社を見てきた中でも「参考になる!」と思った会社のホワイトペーパー施策です。 ただし、具体的なホワイトペーパーの中身というよりは、ダウンロードまでのフローであったり、資料の中でどう商談化していくような施策を打っているのか?ということに着目しています。 あくまで具体的な中身については、各社の資料を実際にダウンロードしてください!(リード送客の邪魔

            スキ
            2

            フェーズ毎の経営者の役割とは〜激動の令和バージョン〜

            経営者の役割ってすごく複雑だなと思います。 適当そうな中小企業の社長がうまくいってる風だったり、優秀で性格もいいエンジニアの友達はまだまだ結果の出せていない人もいて、なぜなんだろう、と思ったりします。その謎は解明するためにも、最近のinputもあり考えを整理してきました 「ビジョナリーであること」や「資金調達ができること」あるいは「採用力があること」などなどいわれています。根源的にはそういったことが重要なのは間違い無いのですが、仮説として会社にとって1番大きな課題を解決す

            スキ
            2

            【1万文字超え】才流の栗原さんのsubstackすべてにコメントを書いてみた

            いま最も熱いコンテンツが才流栗原さんのsubstackだと勝手ながら感じています。(全48話を合計4周くらい読んでいます笑) 栗原さんはいろんなメディアで情報発信されていますが、YouTubeのコンテンツは実験的にあげているにとどまっていて、インタビュー記事はあくまでインタビューなので、B2Bマーケティングというsubstackが1番本音や思考に近いものではないなかなと思います。 自分用メモとして書いていましたが1万字も超えてしまったので、ぜひ公開しておきますので、こんな

            スキ
            1

            ハリネズミの戦略〜1番好きなフレームワーク〜

            あまりフレームワーク(特に一般的なもの)は好んでいないのですが、ハリネズミの戦略はすごく好きです。 ただ他の人にアドバイスするときには非常に使いづらいですよね。あまりにもガチすぎて。そう簡単に答えが出せないフレームワークなので。 ただ、儲かって情熱を持って取り組めて世界一になれるなら、そりゃまあ成功するだろうなと思います。

            スキ
            1

            全研キャククルの戦略〜なぜSEOもリスティングもなしで数億円の受注ができるか〜

            キャククルというサービスをご存知でしょうか。主にB2B商材でこれまでオウンドメディア製作などされてないんじゃないか?という分野のウェブサイトをかなり制作されているサービスです。 ざっとみたところは「ニッチ分野向けのオウンドメディア制作事業」といった印象で、面白そうな分野だなと思ったのですが、どういう位置付けのどういうサービスなのかが見えなかったので、調査しながら深ぼっていきたいと思います。 LPから読み取っていきます120業種・7600件導入とありますが右端にあるように、

            スキ
            1

            PAYアプリは勝てなくてもキャッシュフローを改善する

            ○○PAY系アプリを各社が乗り出していましたが、実は市場で勝てなかったとしてもいくつか副次的な効果が考えられたんじゃないかなと思いました。 ①Fintechへのチャレンジという意味で株価が反応する。 ②キャッシュフローが大きく改善する。 安直な①のような効果もありますが、それはいわゆる「メタバース市場やります」レベルの話でしかなく、それにしては開発・セキュリティ面の費用がおそらく半端じゃない事業なはずです。 別の狙いとして、キャッシュフローが大きく改善するという側面があ

            スキ
            2

            SalesforceのCTAこそが至高?〜SaaS界の王のお手本的配置〜

            みなさん、リード獲得してますか? SaaS界の王といえば、Salesforceです。彼らの爆発的な成長力は「THE MODEL」と呼ばれる営業プロセスと、その営業プロセスそのものを各社に導入するというミラクルサービスによって、爆発的に成長しています。「会社の在り方」と「商品」が一致している会社ってかなり稀有な存在で、パッと思いつくのはアチーブメントという"理念経営"を販売している会社などですかね。セミナー系はそういう会社多いかもしれません。 当然、スタートアップ各社は彼ら

            スキ
            1

            適切なCTAを探す旅〜無料体験かお役立ち資料か全部か〜

            B2Bサイトでは「CTA」にさまざまなものがあります。ただ、実際にはなんとなーくこれがいいかな?と決め打ちしていたり、「なんか競合がこんなんやってんだけどうちもやれ!」という流れで、ホワイトペーパーを作成したりしている企業が多いように感じます。 もちろんデータを取得してABテストを実施して・・という方法もありますが、D2CほどPDCAの回らないB2B商材ではなかなか「それって有意なん?」となりますし、最終的には大手クライアント獲得の方が売り上げが上がったり、色々考えているう

            スキ
            1

            今朝おもいついたこと。〜経営者・創業者・起業家のちがい〜

            ビジネスマンや経営者にとって本当に使える戦略論とはなんだろうかと考えることが日常的に多いのですが、ある地点で「めっちゃ使える!」と思えるものも、ある地点では有効ではなくなるという経験は多くありませんか。 BS・PLなどの財務諸表、一般的な目標設定フレーム、あるいは競争戦略、さらにダイナミック戦略論、孫正義の道天地将法、弱者の戦略もあれば強者の戦略もあります。どれももっともらしいけど、一旦それで解析できた方針を達成しようとしていたら、途中で環境も変わってプランも変わって結局な

            スキ
            2