庄部 勇太 | 医療ライター・自習室オーナー

医療が専門の取材ライター。自習室オーナー。1984年大分県生まれ、2007年早稲田大卒…

庄部 勇太 | 医療ライター・自習室オーナー

医療が専門の取材ライター。自習室オーナー。1984年大分県生まれ、2007年早稲田大卒。出版社と新聞社で記者の仕事に携わり2016年に独立、667人の医療従事者を取材。2024年6月、東京都文京区に自習室・ワークスペース「集中ブース Porte」を開設。同区在住。

最近の記事

【企画が尽きない】医療ライターが実践する面白いネタ・人の探し方

「庄部(しょうぶ)さんのノウハウをライターの方々に共有していただけませんか?」 わたしが仕事をしている医療者向けウェブメディア「m3.com」の編集者からこんな依頼を受け、2020年6月に講師っぽいことをしてきました。 m3.comは、全国で30万人以上の医師が登録している医療特化の会員制サイト。2020年における日本の医師数が約34万人なので、およそ9割が登録していることになります。 上が、スピーチ用の原稿を記事化したものです。 編集部が開くライターを対象にしたZo

¥300
    • 【ここまで出すか】取材ライターの原稿料はどれくらい? 相場を公開

      「取材ライターは一体どれくらいの原稿料をもらって書いているのか」 ライターの収入に関心のある同業者は少なくないと思いますし、副業したり独立したりする人が増えている今、他業種でも興味を持つ人はいるかもしれません。 過去のわたしもそうでした。 さて、独立しようと思ってもネットの中には具体的な情報が少なく、ライターの相場がわからないまま「えいやっ!」と飛び込んだこの世界。 今でこそ「相場は自分でつくっていくもの」と思うこともありますが、当時は「生活していけるだけの原稿料をも

      ¥100
      • 地方ライターが面白い独自ネタを探す方法【元タウン誌記者の実例】

        「地方ライターが面白いネタを取るにはどうすればいいか」 この記事では、タウン誌と新聞社の記者として7年間、地域を担当していたフリーライターの庄部(しょうぶ)が上記テーマで持論を語ります。 上の記事の続編です。 結論から言うと、地方ライターが独自性の高いユニークなネタを取るためには「とにかく足を動かすことが大切」。こう考えています。 では、足を動かすにしてもどんな人に会っていけばいいのでしょうか。 「地方」と一口に言っても実態は様々なのでテーマが少し粗いようにも思いま

        ¥300
        • 【OK8割】「通る」取材依頼書の書き方を元新聞記者が解説【見本あり】

          「取材依頼がなかなか通らない」「アポ取りがうまくいかない」「取材依頼書に書くことが絞れない」 記者やライターが取材をするためにはまず、相手から「取材を受けてもいいよ」と許可をもらう必要がありますが(例外はあります)、同業の中にはこんな悩みを持つ人もいるのではないでしょうか。 クライアント企業の編集者も「アポ入れに苦戦している人が多くて…」とわたしのノウハウを共有してもいいかと相談してくれたことがありました。 そこで今回は、取材OK率8割のフリーライター・庄部(しょうぶ)

          ¥300

        【企画が尽きない】医療ライターが実践する面白いネタ・人の探し方

        ¥300