庄部 勇太

フリーライター。1984年大分県中津市生まれ。2007年に早稲田大学を卒業後、出版社と新聞社で7年間、記者経験を積み2016年に独立。専門は医療。過去に348人の医師、214人の歯科医師を取材し、雑誌や専門誌、広報誌、ウェブメディア、医療機関のホームページなどに記事を書いてきた。

庄部 勇太

フリーライター。1984年大分県中津市生まれ。2007年に早稲田大学を卒業後、出版社と新聞社で7年間、記者経験を積み2016年に独立。専門は医療。過去に348人の医師、214人の歯科医師を取材し、雑誌や専門誌、広報誌、ウェブメディア、医療機関のホームページなどに記事を書いてきた。

    最近の記事

    【企画が尽きない】医療ライターが実践する面白いネタ・人の探し方

    「庄部(しょうぶ)さんのノウハウをライターの方々に共有していただけませんか?」 わたしが仕事をしている医療者向け会員制メディア「m3.com」の編集者から依頼を受け、2020年6月に講師っぽいことをしてきました。 上がスピーチ用の原稿を記事化したものです。 編集部とライターとのZoom交流会の中で、わたしが実践する「ネタ取り方法」「取材時の心がけ」「読まれる記事にするための工夫」の3点について話したのですが、参加した15人ほどのライターの声を聞いていると、最大関心事はど

    有料
    300
      • 【ここまで出すか】取材ライターの原稿料はどれくらい? 相場を公開

        「取材ライターは一体どれくらいの原稿料をもらって書いているのか」 ライターの多くが同業の収入には関心があるでしょうし、副業したり独立したりする人が増えている今、ライターでない人の中にも興味を覚える人は少なくないでしょう。 過去のわたしもそうでした。 さて、独立しようと思ってもネットの中には具体的な情報が少なく、ライターの相場がわからないまま「えいやっ!」と飛び込んだこの世界。 今でこそ「相場なんてないよ、それは自分でつくっていくものだよ」などと恰好をつけて言えますが、

        スキ
        2
        有料
        100
        • 地方ライターが面白い独自ネタを探す方法【元タウン誌記者の実例】

          「地方ライターが面白いネタを取るにはどうすればいいか」 今回は、タウン誌と新聞社の記者として7年間、地域を担当していたフリーライターの庄部(しょうぶ)がこんなテーマで持論を語ります。 下に提案する方法を実践してネタを取り、取材して書いた記事のデータも添付します。 こちらの記事の続編です。 結論から言うと、地方ライターが独自性の高いユニークなネタを取るためには「とにかく足を動かすしかない」。そう考えています。 では、足を動かすにしてもどんな人に会っていけばいいのか、詳

          有料
          300
          • 【OK8割】「通る」取材依頼書の書き方を元新聞記者が解説【見本あり】

            「取材依頼がなかなか通らない」「アポ取りがうまくいかない」「取材依頼書に書くことが絞れない」 取材をするためにはまず、相手から「取材を受けてもいいよ」と許可をもらう必要がありますが(例外はあります)、ライターの中にはこんな悩みを持つ人もいるのではないでしょうか。 クライアント企業の編集者も「アポ入れに苦戦している人が多くて…」とわたしのノウハウを共有してもいいかと相談してくれたことがありました。 そこで今回は、取材OK率8割のフリーライター・ショウブ(元新聞記者)が、取

            有料
            300