Yuta Hamaguchi 濱口 雄太
【今年中に後5人採用します】
見出し画像

【今年中に後5人採用します】

Yuta Hamaguchi 濱口 雄太

5年前の僕が向かい合った2つの選択

①ドイツでこのままアーティストとして生きていくか、
②日本に帰って「びじねすまん」というのをやってみる。。。

とある舞台

ドイツ在住13年目(永住権取得済み)、34歳になったある日、いつものように踊っていたら「せっかく日本で生まれたのに日本での社会人経験がないのはもったいないのでは?」という疑問がうまれた。
「(衣装じゃなくて)スーツを着る仕事をしてみたい」
と思うようになりました。

詳しくはこちらの自己紹介ノートをご覧ください。

芸術家として大きなオペラハウスでも踊らせていただき世界でも有数の振付家と一緒にお仕事をさせていただいており、何も不満はありませんでした。
またドイツでは芸術家の保証も日本とは比べ物にならないほど充実しており、人生はこのまま流れていくのかな~、なんて思っていました。

それでいいのか!?

それでいいのか濱口雄太?
天の声が聞こえました。
「こんな安定した人生でいいのか?」
(フリーの芸術家でスナフキンのように暮らしていたので「安定」の基準がおかしいのですが、ヨーロッパに渡った当初より圧倒的に安定していました笑 今思えば安定には程遠いです笑)

当時僕は34歳。ダンスや芸術以外には何もわかりません。
日本語も怪しくなってきていたし、漢字なんて自分の名前以外完全に忘れています。
ITスキルはなくパソコンゲームは好きでしたが、エクセルを触ったこともありませんでした。

「やるなら今しかない!」

35歳(四十路)になると一気に難しくなる気がしてチャレンジすることに決めました。
初めまして、濱口雄太です。

突然ですが、株式会社NADJAは、チャレンジしたい若者(当方40歳)を採用しております。

自己紹介がてら身の上話をつらつらと書き連ねていこうと思います。

・株式会社NADJA 代表取締役
・大阪府大阪市住之江区生まれ、兵庫県川西市育ち
・ヨーロッパ在住経験10年以上
・4年前に株式会社NADJAを創業

芸術家時代
15歳でストリートダンスを始める
19歳でユニバーサルスタジオでダンサー兼MCや歌舞伎町のショーパブと契約。
22歳でスイス、ポーランドの劇場と契約。
25歳でドイツへ引っ越しし、バイエルン州州立劇場専属ダンサーとして契約。
28歳で独立し、イタリアのミラノスカラ座やベルリン国立劇場で舞台に。
31歳でドイツ文化庁や近隣の文化財団の助成を得て舞台芸術団体を
ドイツで設立。
34歳で引退を決意、帰国

大体3年毎になにかやらかしています笑

日本に帰ってから
・Wifi機器の訪問販売
・ベンチャーの法人営業
・広告代理店の広告運用
・自社サービスの運用
などを経験した後37歳で起業

株式会社NADJAでは
自社サービス
・ABMサービス
・ノーコード開発アンバサダー
・セブ島エンジニア育成ブートキャンプ

法人サポート事業
・オフショア開発事業
・HubSpot導入、運用支援、担当者育成
・ノーコード社内研修事業

その他
・DXに関する書籍執筆
・ノーコードサミット2021や国際イベント登壇

などなど

なぜ今募集を始めるのか?

日本がこのまま沈んでいくのを見ていられなかったからです。

海外暮らしが長かったため、客観的な視点で日本を見ることが多いです。

黄色が日本どちらかというと下の方

2019年における日本人の平均年収は3万8617ドル。米国(6万5836ドル)、ドイツ(5万3638ドル)など先進国から大きく下回っている
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2103/09/news052.html

[窪田順生,ITmedia]

日本に帰ってきてまず思ったのは
「自ら飛び込んだ不自由に嘆いている人が多いな~と」
ということです。

日本のように自由に学べる環境にありながら、好きでもない仕事をして生産性を落としてしまっている人がたくさんいる。

こんなに勤勉で熱心な人が多いのになんでこんなことになってるんだろう。どうすればこのポテンシャルを活かせるんだろう。

ドイツでのコミュニケーション

国民性が日本と似てるとよく言われるのですが、大きく違うのが行動を決める基準となるものです。
(あくまで13年住んだ経験からくる個人の意見です)

▼1位
日本:協調性
ドイツ:ルールやシステム

▼2位
日本:ルールやシステム
ドイツ:主義・主張

▼3位
日本:主義・主張
ドイツ:協調性

ドイツでは約20%の人々が「外国人、もしくは外国人の両親がいるなどの背景」があり多様な文化が形成されていました。
そこでは「普通」というものが存在せず、個々のコミュニケーションにおいてはすべて自分の意思で伝える必要があります。

意思・目的・夢に向かって仕事したいし、
みなにもしてほしい。そんな国にしたい。

びっくりするかもしれませんがビジネスにおいて日本人はかなりルーズな民族です。
ドイツではリハーサルの途中でも提示なると「今日は終りね」とダンサー、ディレクター問わず誰かが言って仕事を終わらせます。
ビジネスであればルールや決まりを守るのは当然という意識があります。

このスピードの速い業界、時代では
「時間通りに仕事を進め、それ以外の時間を自分のために使う」
というのが求められています。
家族と過ごす、勉強する、投資する、遊びに行く。
何事もスケジュール通りに進める必要があります。

チャレンジできる環境は用意します。
チャレンジに伴う責任も用意します笑
そんなところでくすぶっていないで一緒に日本を盛り上げましょう。

弊社では毎週金曜日は自分のやりたいビジネスやサービスを作る時間としております。
月~木でクライアント様やニュースでみていて「あれ、これってチャンス?」と思うものをどんどん実現して行ける環境を作っています。

少しの才能と溢れる情熱、それに伴う行動力。By 小泉ジョージ

これからのあなたの行動

1度僕とオンラインで話しましょう。
人生相談でも(人勢経験は豊富な方です笑)、会社のやっていることを聞く、でもなんでもいいです。
下記のリンクから僕のスケジュールを抑えてください。
https://calendly.com/nadja-yuta/saiyou?month=2022-04

どんな業種を募集してるのかを書くのを忘れていた件

▼コンサルタント・運用代行

法人企業様の自動化を支援するお仕事です。
HubSpotやiPaaSなどのノーコードツールを活用し、クライアント企業様のやりたいことの実現をお手伝いします。

▼研修講師

法人企業様の社内研修をお手伝いします。
HubSpotやiPaaSをカリキュラムに沿ってクライアント企業様内にDXやデジタルの担当者を育てる研修を行います。

▼インサイドセールス

ご紹介いただくことがほとんどなので、ご紹介いただいた方に自社商材を丁寧に説明し、購入へ繋げます。全てオンラインでの商談になります。

▼広報担当者

自社及びクライアント様のブランディング、広報をご支援していただきます。

なぜ今株式会社NADJAに入るといいのか?

今ノーコードやAI、メタバース、NFTなどのテクノロジーに大きな、大きな波が来ているからです。

30年前の時価総額ランキング

上記の図を見てどう思いますか?
「悲しいです」
じゃなくて~、上位のほとんどがITと強い関連性がある企業さんですよね?
ここでがむしゃらにチャレンジしてみたくないですか?
僕はそれがやりたくて5年前にIT業界に入りました。
あなたはそうではないですか?
弊社では営業メンバーですら下記のようなAIでの広告文作成ツールのようなものはやTwitterの自動化は30分で作成できる技術をもっています。
(下記は僕が趣味で作っているのでクオリティは低いです笑)

最初の2か月は必要な技術や情報を学んでいただきます。
3か月目~6か月目はOJTで商談やクライアント企業様の研修に参加していただきます。
現段階でHubSpotやiPaaSを100%熟知している必要はありません。

株式会社NADJAに入らないほうがいい人

せっかく読んでいただいたので今まで合わなかった人の傾向も書いておきます。

就職ってめぐり合わせだと思うので、お互いミスマッチにならないように、株式会社NADJAに入ってもあまり活躍できないであろう人の特徴もちゃんと書いておこうと思います。
環境は基本的にリモートでオンラインへの出社です。

  1. ”普通”や”暗黙の了解”を大事にする人

  2. 結果にこだわらない人

  3. オンラインでの報告連絡相談が苦手な人

  4. 新しいことに興味のない人

  5. ここまで読んで、興味があるのに面談しない人

もう一度貼っておきます。
下記のリンクから僕のスケジュールを抑えてください。
https://calendly.com/nadja-yuta/saiyou?month=2022-04

さぁ、これからのことを話しましょう。

今はもう少し太ってる

ちなみに本も書いております。
現在99円で販売しているのでよかったら手に取って読んでみてください。

国内外イベント登壇経験も多数あります。

もう一度貼っておきます。
下記のリンクから僕のスケジュールを抑えてください。
https://calendly.com/nadja-yuta/saiyou?month=2022-04

さぁ、これからのことを話しましょう。

この記事が参加している募集

自己紹介

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Yeah!! これからも読んでもらえるように頑張ります!
Yuta Hamaguchi 濱口 雄太
2002年~USJダンサー、2005年からはヨーロッパで踊る。2013年にイタリアのスカラ座の舞台に立つ。4年前に帰国し、脱アーティスト、入リーマンー>起業。芸術とビジネスの両立を目指す。HubSpotというCRM+MAツールを溺愛しており、導入支援をはじめました。