見出し画像

月収14万円の平凡な寿司職人が、海外就職→月収70万円→28歳で海外起業した方法(英語は話せません)

ゆるたけ@ライター

海外で寿司職人として働くためにはどうしたらいい?
全くの素人でも寿司職人として海外で働ける?
海外で働くためには英語が必要?
海外の寿司職人の給料はどれくらい?
そもそも何から始めたらいい?
すしアカデミーに行った方がいい?
海外で飲食店を開くにはどうすればいい?

海外寿司職人を目指す人が疑問に感じることについて、全てお答えします。

簡単にプロフィールを紹介すると

大学を卒業して、大阪の老舗寿司店で3年間修行
カナダ、トロントの高級寿司店に転職
1年でヘッドシェフ(料理長)になる
カナダの永住権を取得
独立して、バンクーバーでお持ち帰り寿司屋を開業

料理未経験者の普通の大学生が、大学卒業から7年目でカナダのバンクーバーで独立しました。

ちなみに英語は、今もあまり話せません。

この記事では、英語の話せない寿司職人が、どのようにカナダで働き、永住権を取得し、独立までできたのかを解説します。

少し下品ですが、しょっぱなからお金の話をすると

月収(手取り)

修行1年目:14万円
修行2年目:14万円
修行3年目:15万円
カナダ1年目:35万円
カナダ2年目:50万円
カナダ3年目:70万円

自分で言うのはなんですが、寿司職人として色々な経験(日本で修行、海外就職、海外起業)をしてきた分、今から海外へ寿司職人を目指す人に有益な情報を発信できると思っています。

購入してくれた人から、良いレビューもいただきました!

実体験をもとに海外寿司職人について説明するため、かなりニッチな内容になります。本気で寿司職人として海外に就職したい人は、読み進めてください。

この記事を購入するメリット
・専用LINE@で質問できる
・記事が定期的に更新されていく
・最短で海外寿司職人になれる方法がわかる
・あまり情報のない海外起業の実体験を知ることができる

なぜ、料理未経験者の大学生が寿司職人になったのか?寿司職人を勧める理由!

この続きをみるには

この続き: 13,632文字

月収14万円の平凡な寿司職人が、海外就職→月収70万円→28歳で海外起業した方法(英語は話せません)

ゆるたけ@ライター

3,980円

期間限定
\ PayPay支払いすると抽選でお得に /

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!