見出し画像

「立秋」ガラスと季節の言葉たち

今日、2020年8月7日は二十四節気の「立秋

なんと、「秋」という文字が入っている。
ついこの間、梅雨明けしたばっかりだよ〜〜〜夏、始まったんじゃないの!?

でも、暦の上では今日、秋の扉が開くようで。

画像1

それにしても毎日、本当に良い天気で最高ですね。

庭の水やりをしているだけでも、かなり日焼けをしてしまった。腕が黒い。むむむ。

この間、自転車で家まで帰る途中に、山の斜面がなんだかキラっとした気がして。
気になって戻ってみたら、白い花がこぼれるように咲いていました。

画像2

画像3

本当に本当にきれいで。一度家に帰って、すぐにカメラを持って戻ってきて撮りました。
今年は初めて出会う花が本当に多いなぁ。

この花は「仙人草」というそうで、種につく綿毛が、仙人の髭のようらしい。どんな綿毛なんだろう、楽しみだなぁ。この道を通る時は注意してみていよう。


* * *


そうそう、前にnoteに書いた梅干しを、この間干しました。
仕込みの時のnoteはこちら↓


画像4

画像5

つやつやの梅干したち。かわいい。
梅干し用のガラス壺を作ろうかな〜と思っている。

こんなにカラッと晴れてくれると、何かを干したくなるもので。梅干しだけじゃなくてシーツもバックもザブザブ洗って干した。これが仕事の合間の、良い気分転換になるんだよね。明日は網戸も洗って干したい。


なんだか最近また、ものすごい掃除欲が出てきていて。個展が終わったらめちゃくちゃ断捨離しようと目論んでいる。個展前っていうのは、テスト前と似ていて、普段はやらないようなこととか、気にならないことがすごく気になったりするものなんだけど。

今日は掃除欲を抑えきれずに、2時間くらい仕事部屋を片付けた。まぁこれは悪いことではない!が、ほどほどにしないとね〜今は。

さて、近日中に今回の個展についての記事を書きます。
この春夏の日々は、思い返すと結構色々な思いが巡ってきて。ちゃんと文章で残しておきたいな、と思っています。

あとね、今回はnoteで個展と連動した記事を書くつもり!です。やること、やりたいこといっぱいだけど、全てやりきるぞ!






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事を読んでいただいてありがとうございます。いただいたサポートは、次のだれかの元へ、気持ちよく循環させていけたらと思っています。

ありがとうございます!
22
ガラス作家。 吹きガラスと有線七宝を組み合わせた「ガラス胎有線七宝」という技法で、うつわやアートピースを制作。 日々の制作のこと、旅のこと、庭のことなど。 展示会の情報は主にこちらから 👉https://www.instagram.com/yurika_fujii