見出し画像

相棒2

小さい頃は、狭い玄関先に焙煎機が置いてあった。

父はいつも、触ったらやけどするで・と

刺青のごとく腕に残るやけど跡をチラつかせ

子供たちを脅しまくっていたけれど

いや、自分が、してるやん

って言うか、どないしたら、そんなとこ、やけどすんねん父ちゃん・・

と心の中で突っ込みながら

ほぼほぼの人生を

この焙煎機と一緒に過ごしてきた。

現存する私の唯一の家族であり、大切な相棒です。

画像1

そうそう、もう一人相棒がおりました。

シュロ竹。

まだ、父が若かったころ、お店の前には丹精込めて育て上げた

シュロ竹があった。

ある日、そのシュロ竹を、泥棒する輩がいたそうで、

父はその輩を、包丁を持って追いかけたそうで、

今なら、どっちが重罪かと言うと

どっちかよくわからん状況ですが

よっぽどのシュロ竹好きな父は、

何軒お店を出そうとも、とにかくお店の前にシュロ竹を置く癖があり、

未だにその、泥棒されかけた樹齢50余年のシュロ竹は

お店の前に鎮座しております。

画像3

娘の私は、父ほどのシュロ竹愛はないまでも、

時折、いとおしく

時折、かわいがる。

そもそも、なぜ泥棒はこんなものを盗み、

そもそも、走って逃げる自信があったのか。

そもそも、父は、何ゆえにそこまでシュロ竹に魅入られたのか

もう、それは、昭和だから、としか言いようがない。

このシュロ竹は

毎日お店の前を箒で掃いていた小学生だった頃の私の

親孝行な姿をちゃんと見ていてくれていた。

死んだら、棺桶に一緒に入ろう約束している。

蜘蛛の糸ほどの親孝行を証言出来る唯一の生物だから。

もしも、この世に終わりが来たなら

もしも、誰かと心中する必要が出来たなら

真っ先に、このシュロ竹を抱きかかえる。

それほど、私は、

この、シュロ竹を

時折、愛し続けている。

銃刀法違反を犯すほどの深い愛はないけれど。

画像2




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
愛してます!
5
創業1960年の珈琲屋の2代目店主をしております。 兵庫県宝塚市で、珈琲豆を焙煎・販売を行う傍ら、喫茶店を営んでおります。笑顔で楽しめるコーヒーを皆様に提供できれば嬉しいです
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。