見出し画像

何も無くなっても、同じ場所に存在したい

バスケットボールの息吹が、微かに聴こえてくるようになりました。契約業務や、練習だけは少しずつ行われているようです。

「新しい生活様式」を確認しながらの、恐る恐るの日々が続いています。

バスケットボールよりも、接触の少ない野球が無観客試合から開幕し、そして、バスケットボールよりも、屋外でコートの広いサッカーが幕を明けようとしています。

どう前向きに見積もっても、私たちただの観客が、バスケットボール観戦に行ける日は随分と先になりそうな気配です。


その詳しい仕組みはガイドライン解説に回すとして。今日は応援のはなしです。


私たちは多種多様な応援のやり方で、バスケットボールを観ていました。チームも選手も、出来る限りのファンサービスでそれに応えてくれました。

きっと誰にとっても忘れがたい経験でしょう。

試合前に手を振ってくれたこと。
歌やコールがあったこと。
声を出して応援できたこと。
素晴らしいプレーに歓声を浴びせたこと。
ハイタッチのサービスがあったこと。
ひと声励ませたこと。
固まって応援のアクションができたこと。
サイン会があったこと。
記念撮影ができたこと。
バスを見送れたこと。
ルール内での出待ちができたこと。

数え上げれば、キリがありません。私も全てではありませんが、経験させてもらえたことは、全てが大切な思い出のひとつひとつです。

どんなスポーツでも、観られるようになったとき、その全ては禁止でしょう。特にバスケットボールは体育館ですから、ウイルスに対して、有効な手立てができるいつかその日までは、ずっと。

各自、家族以外とは離れて座り、黙ってマスクをして試合を観る。

たぶん、観戦が解禁されたとき、それが許される唯一の来場のしかたです。


それでもまた、バスケットボールを観に行きますか?


私は即答でイエスと答えるでしょう。私はカメラは撮りません。声を出して応援していましたが、たとえそれが無くても、試合を観られれば充分、チケットを買う価値があります。たとえ、減席になって、単価が倍以上になったとしても、です。

なぜならば、私が観に行く理由、私の好きな選手のバスケットボールのプレー全てが、私にとっては幾ら払っても惜しくない価値のあるものだからです。

それだけ、私にとって、彼のバスケットボールは至宝です。勝ちを目指して走り続ける彼の背中を観ることは、私にとって生きる喜びのひとつです。

プレーを観るだけならば、もちろん配信でも観ることはできます。世の中が不安定なうちは、それで満足するつもりです。ただ、もし、観客を入れていい状態まで回復したとき、彼のバスケットボールが観に行けるチャンスが私にもあるのならば。

私は必ず観に行きます。

応援は、究極の自己満足です。単なる趣味です。好きな選手やチームにほんの少しだけチケット代というお金を払う、ただそれだけの行為です。

サービスが何も無くなってもいい。
私は彼のバスケットボールが観たい。
そこに存在したい。
何の役にも立ちませんが、
ただ、その試合だけでも共に在りたい。

そう思っています。


2020.06.25.

♡ありがとうございます♡
11
なんとなく気になったら読んでくだされば幸いです

こちらでもピックアップされています

Essay
Essay
  • 63本

経験のような、創作のような、小論のような、どうでもいいようで大切な一部分です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。