コレクションストーリー

10

クリスマスの記憶

2014年12月25日のクリスマス、私は東京にいました。
いつものように見たい展示を見て回っていたのですが、そのひとつが東京藝大で行われていた大学院の博士審査展でした。知り合いの作家、原美湖さんが参加されていたからでした。

原さんのことを知ったのは名古屋のgallery Nさんでのはじめての個展「それは毎日のように」でのこと。2013年の12月でした。
接着剤のグルーを写真や新聞の上に落としてイ

もっとみる

Your Art is My Drug

タイトルに別に深い意味はないんですけれども(ある曲のタイトルをもじっただけです)、先日の話。

いつものように展示回りをしていたのですが、蒸し暑くて汗もかいていたせいか、何だか身体がダルくてテンションが上がらない。遂には動きたくなくなり、コメダ珈琲に緊急避難することに。
冷たい飲み物をいただきつつ小一時間ほどウダウダしていたのですが、あまり長居するとギャラリーが閉まって時間切れになってしまうし、仕

もっとみる

目は口ほどに騙される

今となっては開催されたことが奇跡だったんじゃないかとさえ思ってしまう今年の「3331 ART FAIR」。そのときの感想を以前noteにも書きました。そこでは触れていなかったんですが、実は一点作品を購入していました。
フェアが終わってから事態が深刻化していくなかで事務局の方が準備を進めてくださって、先日その作品が無事に届きました。

石場文子さんの「2と3のあいだ -トタンと植物-」です。

石場

もっとみる

写真に時間を閉じ込める

愛知を拠点に活動している写真家・尾野訓大さんの作品を一点引き取ってきました。作品を受け取るときはやっぱりテンションが上がりますね。すっかり財布はカラッポですが、満足です。

尾野さんの作品をはじめて見たのは名古屋都市センターで行われた「中川運河写真」という展覧会でした。文字通り名古屋にある中川運河の風景を撮った作品が並んでいて、尾野さんの作品もそのひとつという感じで特に印象に残ったわけではありませ

もっとみる

蓮沼さんの小皿

ここ最近ずっと自室の本棚にどーんと鎮座している作品。

上のハンドルを時計回りにゆっくりと回すとパラパラ漫画の要領で絵がアニメーションのように動きます。キノーラと呼ばれる装置で、リュミエール兄弟が開発して1900年代のわずかな期間に一世を風靡してはすぐに廃れたのだそう。
そのキノーラを今の時代に蘇らせて制作をされている蓮沼昌宏さんの「ゆきみち」という作品です。

その蓮沼さんが富山で滞在制作をされ

もっとみる

TIME REMEMBERED

何となく書店をうろついていたらふと目に入ってきた、ビル・エヴァンスの写真。ビルを特集した文藝別冊(河出書房新社刊)が発売になっていたようでした。

サブタイトルにある「没後40年」の文字にビックリします。ということは私が生まれる直前に亡くなったことになるのか。

そんなことがあって久しぶりにApple Musicに入っている曲を流してみたりしているのですが、正直なところジャズについては無知もいいと

もっとみる

原宿駅と私

原宿駅で新駅舎の供用がはじまったニュースを見て驚きました。というのも数日前に原宿駅を利用したから。
古い駅舎が解体されることは知っていましたが、こんなに早いとは知らなかった。知っていたら外に出て駅舎の画像でも撮っていたのに。失敗したなあ。

とはいえ、趣のあるあの駅舎に思い入れがあるかと問われたら、正直あまりない、と答えるしかありません。ほとんど利用したことないし。ただ、先日も思いましたが、跨線橋

もっとみる

顔拓

「TARO賞」を見に川崎市岡本太郎美術館に行ったのですが、チケットを買って受付に来たところで、見覚えのある方がいて「あれ?」ってなりました。向こうも顔を覚えていてくださったみたいでご挨拶させてもらいました。うれしかった。
いらっしゃったのは若木くるみさん。第12回(2008年)のTARO賞で最高位の岡本太郎賞を受賞されておられる、れっきとしたTARO賞関係者です。

若木さんを紹介するのは難しい。

もっとみる

実物を見ないで、、、

やってしまいました。
タイトルにもあるように、実物を見ないまま作品を購入してしまいました。

先に画像を上げましょう。こちらです。

あ、違った、こちらです。

入江早耶さんの「どきどきパイ森ダスト」です。

入江さんは消しゴムの消しかすを使った作品で有名なアーティスト。私がその名前を知ったのは2012年の資生堂のアートエッグに入選されたときの個展だったと思います。実際に足を運んだかは記憶が定かで

もっとみる

作品と島の記憶

ART NAGOYAでは作品を1点引き取ってきました。
と言ってもフェアに出ていたものではなく、以前購入を決めていたもの。購入先のアルマスギャラリーさんが出展されるということで一緒に持ってきてもらいました。

購入したのは、永井天陽さんの作品。ダルマの形に成型されたアクリルのなかに2体のぬいぐるみがぎゅうぎゅうに詰められた立体作品です。

この作品、昨年9月にアルマスさんが出展された「rooms3

もっとみる