てっちゃん(小笠原祐司)
2022年4月の振り返りと5月に向けて
見出し画像

2022年4月の振り返りと5月に向けて

てっちゃん(小笠原祐司)

毎月の振り返りをnoteにまとめています。項目は、ミーニング・ノート、100このやりたいこと、しいたけ占い、読んだ本。

●4月のミーニング・ノートについて


ミーニング・ノートでは、1ヶ月間のチャンスを見ながら、大切なものを3つ選んで出来事を書いていきます。

この時のチャンスの選び方は、自分なりに達成したことやできるようになったことを中心に書くことや、関連する複数のチャンスをひとまとめにして1個にカウントしてもOKみたいです。書き方は「何があったか」という出来事だけを書いていきます。

○4月のチャンス

・一行一会の読書会何度かしたけど面白い。
・授業も新しいことを試してみる、いい感じ。
・今までのご縁で本当助けてもらう、感謝

●100のやりたいことリスト(4月末時点)

★4月に実現

☆新しく定期的に作れるレシピを増やす

・ナポリタン

・りんごあめ

☆好きなものだけ持つ

買ったけど、全く使ってないものをかなり処分できた。メルカリとか、粗大ゴミで。もうちょいあるので、少しずつ処分。

☆定期的に断捨離
☆ワードローブを整理する

服もいらないの処分。だいぶ昔と比べて切るものがシンプルになったと思う。

☆ファスティング
16時間ファスティングは毎週火曜日と木曜日で少しずつ

☆5月にやってみようと思うこと


・proffを完成
・リサーチマップ整える
・論文整理

4月は色々リセットさせつつ、新しい環境になるので発信のための情報整理をしたい。


●しいたけ占い


4月:サプライズ喜び。(LUCKY!月間)

「サプライズ喜び」のオレンジが出ています。4月の蟹座は「心配と喜び」みたいなテーマがあります。まず、この時期のあなたは「わかっていても、やらなければいけない」とか「新しいスタートを迎える」など、目が離せなくて、慎重に進めていかなければいけない話も多く出てきます。蟹座の心配性も発動されやすいです。ただ、同時にこの4月は「すごくうれしい知らせ」が舞い込みやすいです。2022年上半期全般の蟹座もそうなのですが、「え、そこに話が繋がるの?」みたいに、今までの集大成みたいな飛躍があるのです。チャンスを受け取っていってください。また、この時期は多少「大盤振る舞い精神」というか、寛大な気持ちで「いいよ、うちでやるよ!」みたいに、引き受けていく態度が幸運を呼んでいきます。

いくつかありましたね。

もう少ししたらオープンになりますが、いろんなご縁で今度ある方と対5月末に談イベントがあるのです。
本を読んで、素敵と思っていた方となので今から楽しみです。


5月:私に任せて! 知恵係になる。

「私に任せて! 知恵係になる」のシルバーが出ています。もともとの話なのですが、蟹座には知恵者とか、アドバイザーとしての才覚が強くあります。同業者の人にヒントを求められたり、「こういう場合はどうしたらよいかな」と知恵を求められたりすることが多いのです。それで、この時期のあなたは普段お世話になっている人とか、友達などに対して、アドバイスをすることが多くなります。「みんなで協力して片づけていこう。前に進もう」という空気になっていく。それで、5月は「やっとゆっくりできる」とか「休戦」もキーワードになってきます。2021年からこれまで、あなたも含めて周囲の人が「それぞれの持ち場で個人戦を戦い抜いてきた」と、落ち着けない状況がありました。でも、この時期は久しぶりにみんなでゆっくりできたりします。

4月末からいろんなアドバイスをすることが増えてきていますね。


●4月に読んだ本


●5月に向けて

4月に入ってなかなかいろんなペースが見えてこなかったけど、やっとなんとかなりそうな予感。
研究や論文の時間をちゃんと確保していこう。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
わーい!わーい!
てっちゃん(小笠原祐司)
NPO法人bond place代表理事/山梨と東京2拠点生活/LEGO® SERIOUS PLAY®メソッドと教材活用の認定ファシリテーター/色白/腫れてる目/山梨学院大学と明星大学通信学部の非常勤講師/中小機構人材支援アドバイザー/JAISTの博士前期課程