見出し画像

Instagramがボクの人生を変えた話

こんにちは、@yuji87 です。

『あの日 あの時 あの場所で君に会えなかったら』

ボクの脳内再生回数トップ10に入る、小田和正さんの名曲 『ラブ・ストーリーは当然に』の一節です。若い人で、もし知らない方がいたら、とりあえずググってください。きっと2、3時間は頭から離れないはずです。取扱いには十分にご注意ください。デートの前なんかに聞いてしまったら、ニヤニヤが止まらなくなることでしょう。

さて、全世界で7億人以上が利用しているInstagramの世界ではInstaMeetという文化があります。その名のとおりInstagramerがmeetすることです。

例えば、ボクが東京へ行くときに、東京のInstagramerに『今度東京行くのですが、一緒に撮りませんか?』と連絡して実際に会う。それまでスマホの中だけで繋がっていた人とリアルな繋がりをもつことができるってスゴイと思います。フォトグラファーだけでなく、同じ趣味をもつ人同士でもInstagramをキッカケに遊びに行ったりすることはあるようです。

Instagramやってて1番良かったと思うことが、Instagramをしていなかったら絶対出逢うはずのない人と出逢えたことなんですよね。

まさか30歳を過ぎて会社以外の人と出逢えるなんて、6年前のボクはまったく考えもしませんでした。これから先、科学の発展によりますます未来は楽しいものになっていくとボクは思っています。

Instagramを本気で取組むとどんな未来が訪れるかを示し続けている方と出逢えたことは本当に奇跡だと思っています。

見知らぬ2人のままだったら、こうしてこのnoteを書いていることも無かったはずです。30歳を過ぎようやく少しは人生を楽しむことができているなと思えるようになりました♪

これからも観光業界とのコラボなど、やりたいことはたくさんあるので、楽しみながらやっていきます‼︎

#コラム #写真 #日記

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

写真や旅のことだけじゃなく、今ボクが気になっていることをnoteに書いています!読んでいただきありがとうございます!

読んでいただきありがとうございます😊
128
双子の父☺︎☺︎ | 写真家 | 今を未来に伝える活動をしています | 設計者 | 妄想好き | 訪日観光マガジンMATCHAライター🖋大阪、和歌山担当 | 和歌祭400年祭実行委員会
コメント (6)
人生が変わるきっかけ
それは自分の身近にあるかもしれないですね!
初めまして!私も小田和正さんのその曲、よく頭に流れます!
この時代に生まれてきたからこそ、世界が広がりますよね!
無忘楽自さん 本当にそうだと思います! 気付いていないだけで、気付くことさえできたら毎日もっともっと楽しくなるはずですよね!
Sayoさん 世界中の人と簡単に繋がることができる時代だからこそ、一歩踏み出すと一気に世界が広がりますよね! キッカケは誰が与えてくれるのかそのときは分からなくても、後になってあの時がそうだったのかということが結構あります!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。