新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

新型コロナで日本がやっていること

ライブに行きたくて調べて理解したことを素人文系がめちゃくちゃ噛み砕いて描いてみました。

制作は3/23までの情報を元に3/24に行っております。
そのため3/25以降の都知事会見を含めた内容について、マンガには反映されておりません。

画像内2ページ目の画像について出典を間違えて記載しております。
大変申し訳ございませんでした。
ショーンKYさんのこちらのnoteからの引用となります。
今回のウイルスで名指しされた業界が生き残るために
あわせてご覧ください。

(付記:3/25 22:27)
ショーンKYさんよりご連絡いただき、該当の図は以下の高山義浩先生の記事での作図を、分かりやすく模式図に直したものとのことです。
こちらの記事を原典としてご確認ください。
https://www.facebook.com/100001305489071/posts/2726515674068589/?d=n

画像1

画像2

画像3

画像4

画像5

画像6

画像7

画像8

各種引用、参考資料

厚生労働省「新型コロナウイルス感染症について」
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

専門家会議記者会見ノーカット映像
2月25日 
3月2日 
3月9日
3月19日 

【新型コロナ対策 緊急対談】日本は「新型コロナ」にどう対応すべきか?〜尾身茂氏(新型コロナウイルス感染症対策専門家会議 副座長)×山中伸弥氏(京都大学iPS細胞研究所所長)

Coronavirus Talk コロナウイルス対談: YOSHIKI & (Nobel Laureate Physiology/Medicineノーベル生理学・医学賞)Shinya Yamanaka

山中伸弥による新型コロナウイルス情報発信
https://www.covid19-yamanaka.com

2019-nCoVについてのメモとリンク(神戸大学 中澤港教授)
http://minato.sip21c.org/2019-nCoV-im3r.html#nCoV

Grantz K, Metcalf CJE, Lessler J (15th Feb 2020) Dispersion vs. Control.
https://hopkinsidd.github.io/nCoV-Sandbox/DispersionExploration.html

西浦北大教授「解禁ムード広がることを大変危惧」

「日本でも欧米のような大流行が起きるの?」「大規模イベントどうする?」 専門家会議が共有したかった危機感とは

NHKスペシャル“パンデミック”との闘い~感染拡大は封じ込められるか~

特に以下のnoteはこれを描いて発表するキッカケとなりました。

専門家会議の「クラスター対策」の解説 ――新型コロナウイルスに対処する最後の希望(吉峯 耕平氏)

この長ったらしいNOTEを全部読んで、𝑅₀だ偽陽性だといった面倒な話をそれなりに理解できるあなたは、間違いなく国民の平均よりコロナウイルスを、クラスター対策を理解しています。「知識のクラスター感染」を担うことができるかもしれません。

この文章に心を動かされ、
自分の理解を人に伝える手段を持つ自分がやれることを描きました。

専門知識・先行知識がない分、厚生労働省の発表、専門家会議の会見、その他知見のあるお話を調べに調べ、ある程度自分の理解に間違いないと思えるくらいには調べたつもりです。

ですが、基本的には一次ソースである各資料を信頼いただきたい。
その上で理解の助けとなれば幸いです。

また私の理解に間違いがあれば、内容をご指摘いただき、どう間違っていてどこのソースとしてそれをご判断いただいたのか、ご教示いただければ幸いです。
逆に言えば、信頼できるソースのないご指摘は私自身の基礎知識不足により、正誤の判断がつきません。
それは水掛け論になりかねないので取り合うことができないと思っております。

ここまでお読みいただき、誠にありがとうございました。

(追記 3/28 1:05)
Twitterにて非常にご指摘の多かった部分についてご説明をしておきます。

ご指摘の多い「5人に1人」は記載の根拠として3/2の専門家会議会見、理解の助けとして尾身教授と山中教授の対談動画を基にしています。
個人的な反省としては、対談での尾身教授の表現に引っ張られすぎたと考えています。
感染能力がないのか「結果的に5人に1人しか感染させてない」のか。そこについては私の実力不足で表現ができていません。
この「5人に1人」で伝えたかったことは全員が感染させてはいない、局所的な感染だという内容で、それに対して策を講じているということです。

またその部分でも研究の新古や現状の変化について専門家でないため能力的に判断できません。
そのため基本的には【厚生労働省と専門家会議会見の内容】でマンガへの記載内容を決定しています。
また物事を省略&単純化をして「わかりやすい」を一番に考えているため、細やかな違いやフォローのできない情報があるのもご承知おきください。

(追記 3/28 1:05)都知事会見も描きました


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

最後まで読んでいただきありがとうございます。 いただいたサポートは、みなさまの売り上げUP貢献につとめるべく、今後の活動・資料購入などに使わせていただきます!

スキになってくれてありがと
249
マンガ・デザイン・イラストの制作をしています。中小企業経営の足りないところを補うプロジェクト「経営サプリ」参加。テクノロジーとアートの融合した作品を作ってみたい。ギターと餃子とペンギンと後鳥羽院が好き。yuckytsukahara.com
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。