見出し画像

自己紹介

こんにちは、自炊料理家の山口祐加です。このnoteは私の経歴についてと仕事実績についてまとめたnoteです。お仕事をご依頼いただく際の参考にしていただければ
幸いです。

私の食歴

画像1

幼少時代―食物アレルギー発症

私は生まれつきの食いしん坊で、保育園の先生が書いた私の記録には「よく食べる子」「おかわりが大好き」と必ず書いてありました。写真のように両手にお菓子を持ってしまうほど、いつも食べ物が手放せない子供でした。

しかし、私は幼い頃重度の食物アレルギーを発症していました。油と砂糖が入っているものはだいたいアウトで、肉類・乳製品・卵・ケーキ類は一切食べられませんでした。食べると全身が赤くなって、どうしようもないくらいかゆいのです。

画像2

写真は当時、保育園の先生と母がやりとりしていたノートです。ベーコン5gも食べられませんでした。(話が逸れますが、何度も食べさせては痒がって心が折れるノートのやりとりを見返していて胸が詰まりました。母は偉大。)

成長とともに食べられる食材も増えていきましたが、唐揚げやケーキなど脂分・糖分の高いものは食べられませんでした。
クリスマスが近づくとテレビから「クリスマスが今年もやってくる〜」とKFCのCMが流れてきて、子どもたちがジューシーなフライドチキンにかぶりつく姿をうらやましく眺めました。チキンが食べられないから、クリスマスが嫌いになりました。クリスマスは、いまでも苦手です。

食べるのが大好きだけど、食べられないものがたくさんある。そういう時期を経て、今はなんでも食べられるようになりました。最初からなんでも食べられたら、ここまで食に執着していなかったかもしれません。

小学時代―外食と自炊の目覚め

両親が自営業だったことにより、「外食」と「自炊」という食との接点が二つもたらされました。

両親が会食に出かけるとき、連れて行かれることがしばしばありました。会食の店にお子様用メニューはないので、気がつくと私の好きな食べ物は酒の肴ばかりに。エイヒレ、刺身、とりわさが好きでした。家では食べられないものを食べられる外食が好きになりました。

そして会食の場を通じて「知らない人でも一緒に食事をすると仲良くなれる」ことを幼いながらに学びました。

もう一つは以前も書いた、自炊の目覚めです。共働きで多忙な母が「娘に夕飯を作らせたらいいのでは?」と思いつき、「ゆかちゃんが夜ご飯作らないと、今晩のごはんないの。作れる?」と優しい脅しを受けて、7歳の頃から作り始めました。
料理を褒められるのが嬉しくて、図書館の子供向けのレシピ本を端から端まで作りました。11歳の頃には、両親の友人にフルコースを出したこともありました。大胆なことをする両親だと思います。

ちなみに初めて料理を作ったのは5歳の頃。手遊びの延長線上で作った、「缶詰パイン・食パン・ヨーグルト」をミルフィーユ状に重ねてオーブンで焼いた創作料理。母いわく「あれだけはおいしいと言えなかった」そうです。

中学時代―寮生活と料理

私は中学校3年間を福井県の寮制の学校・かつやま子どもの村中学校で過ごしました。ここはプロジェクトと呼ばれる体験学習を中心とした教育がされる学校で、自分で考え行動することを徹底的に学びました。
そして、一人っ子の私が初めて同世代と寝食ともにする寮生活は大変刺激的でした。チャンネル争いは実在することを涙ながらに学びました
子どもたちが料理を作る機会も多くあり、料理好きだった私は修行中の料理人のように大量の野菜を切ったり、40人分の豚汁を煮込んだりしました。頑張って作っても一瞬で消えて行く料理の儚さも同時に学びました。

(高校生活は部活に勤しんでいたのでショートカット)

大学時代―NYの衝撃。レストラン沼にハマる

大学3年生の前半は、ニューヨークで過ごしました。午前中は語学学校に行き、午後はひらすらうまいものを探して街を歩いていました。
日本人向けに調整されたやさしい味ではなく、本場の人がガチで作るインド料理、中東料理、タイ料理など、本場の空気が漂う食事に夢中になりました。私が発見したニューヨークのいい店をシェアしたいと思い、帰る頃に「MY NEW YORK MAP-IT’S GREAT ENOUGH!」というおすすめの店マップまで作ってしまいました。

画像3

レストランと一言でいえど、千差万別。ドアを開けた向こう側にある世界をもっとたくさん覗きたくて、とにかくたくさん新しい店に行こうとしたのがこの頃です。

ちなみに滞在期間中に訪れた200軒ほどの飲食店や本屋などのショップカードはイエローページのように一冊にまとめました。(ショップカードのサイズに合わせて封筒サイズを全部調整したのがこだわりです)

画像4

社会人時代―京都へ

新卒で入社した出版社が京都にあり、東京から京都へ引っ越しました。和洋中、B級から高級まで全てクオリティが高く、食偏差値の高すぎる京都に痺れる日々を過ごしました。2年という短い京都生活でしたが、京都らしい四季を重んじる食文化や小さい個人店を大事にする文化に触れられた時間はかけがえのないものでした。

その後東京に帰京して食分野のPRや企画を行う会社に就職し、1年勤めた後に独立しました。独立の経緯についてはこちらのnoteをを参照ください。

ー独立後の仕事ー

①料理のお仕事

1-1 自炊レッスン

料理初心者&料理が苦手な人限定の「自炊レッスン」を2019年の春からはじめました。

おかげさまで第4期まで50人以上の方々が参加してくださっています。レッスンの実況はこちらから!

1-2 初心者向け料理レッスンの講師

日経×noteのオンラインサロン「Nサロン」の集中講座「料理名のない自炊入門」の講師を担当しました。18人の受講者とともに4回のレッスンを行いました。

スクリーンショット 2019-10-29 21.14.31

2019年秋からクックパッドさんが開発した「おいしいたべかた学習ドリル-たべドリ-」のユーザー向け料理レッスンの講師を担当しています。

スクリーンショット 2019-10-29 21.02.28

1-3 POPUP社食

職場に出向いて、定期的にお料理を作る「POP UP 社食」。現在はクリエイティブ・ エージェンシーのロフトワークさんとデザイン事務所のれもんらいふさんで定期的に開催しています。

画像12

「うちにも作りに来てほしい!」という方、ぜひご連絡くださいませ。連絡先は文末に記載しています。

1-4、レシピ提案

クライアントさんの商品に合わせて、料理初心者でも作りやすいシンプルな料理の提案を行なっています。

キリンビールさんのクラフトビールに合わせて、お料理を4種類ご提案しました。詳細は以下のnoteを参照ください。

その他にも、泡盛の蔵元さんからのご依頼で、泡盛と合わせたお料理の提案なども行いました。

スクリーンショット 2019-10-29 21.08.05

②ライターの仕事(媒体別)

【クックパッドニュース】

画像5

●一汁一菜生活のススメ

普段お世話になっているクックパッドで連載を持たせていただけたのは、とても嬉しかったです。6回完結です。

【ジモコロ】

画像6

●おさかなアメリカンドリーム! NYの「魚食文化」に一石を投じた日本人の話

過去のインタビューで個人的に最も影響を受けたのがこの記事。和食についてをもっと知りたくなり、和食本を読み漁っているここ最近です。YUJI RAMENは清澄白河に今月路面店がオープンしたので、気になる方はぜひ行ってみてください。めっちゃうまいですよ。

【セカンドふるさと】

全国のローカルテレビ局と地元の人たちが主役になって立ち上げる「セカンドふるさとプロジェクト」で、観光と移住のあいだを探るような旅のプランを作るため、鹿児島県日置市を取材し、記事を執筆しました。

【Retty グルメニュース】

画像7

神保町のカレー屋「ボンディ」があのジャガイモを出すのはなぜ? 付け合わせに隠された創業者の愛情 (媒体の2017年10月 月間PVランキング1位)

●平成生まれがゆく「東京名店物語」 ~浅草最古のすき焼き店・ちんやの古くて新しい味~

●「脱サラ 3 年でチョコ世界大会の最高賞」チョコレート界のスタートアップ Minimal って知ってる?

●店選びは「人を好きになるか」で決める。カリフォルニア出身のシェフが営む、帰りたくなる小さなレストラン

期待の新人は70歳! 第二の人生で開業したカレー屋さん、その名も「ルーキー」

ライターとしての初記事(ボンディの記事)が、媒体の月間PVランキング1位を取るという絵に描いたようなビギナーズラック! そういえば記事執筆の仕事をいただくきっかけになったのはnoteでした。note書いててよかったなと思うこと多々あります。

【BAMP】

画像8

●「物がないから格差もない」異国キューバの食から見えた風土

●究極の山ごはん「ビバークレーション」が補給食の常識を覆す

●親にも彼氏にも言えない。新宿の深夜薬局、カウンター越しの小さな物語(取材協力)

個人的に好きな記事が多いBAMP。山ごはんの新しい形態に驚いたり、キューバの食からキューバらしさを覗いてみたり。そして望月さんの取材に同行した歌舞伎町の夜は一生忘れられないです。社会は広くて深い。

【SUUMOタウン】 

画像9

まゆげを描いたら鴨川へ。京都の「ひとりごはん天国」清水五条 【暮らす街を「食べる」で選ぶ。】

以前住んでいた京都の清水五条エリアで、日常のための店をご紹介しました。

【住まいマガジン びお】 

画像10

世界のキッチン おじゃまします! 配給制度が残る国・キューバで見た 6 つのキッチン (計7本)

初めて訪れた国で、言語も通じないのに飛び込み取材をする無茶な企画でしたが、通訳できる人が天使のように目の前に現れたり、同じアパートで数珠つなぎのように取材したりして、8日で6つのキッチンを取材。それぞれのキッチンにその人らしさが現れていて、最高に楽しい取材でした。

【みんなのごはん】

●オーガニックって何だろう? 全国各地を飛び回る「旅する八百屋」が語った野菜の今とは(取材協力)

前々から知っていた青果ミコト屋さんの取材記事。個人的には「旬のものは環境に対する負荷が少な1い」というお話に膝を叩きまくりました。以上ライター仕事でした!

③その他の仕事

表に出る仕事ではないのですが以下のような仕事も行なっています。
・企業様向けに飲食店や食料品小売のリサーチ
・訪日外国人向け和食ワークショップ
・食に関するカンファレンスの冊子の編集・執筆

最後に

独立の際にも書きましたが、私が仕事を通じてつくっていきたい文化は、「心地よい"食"」です。

心地よい食を考えていく上で、例えば次のようなことが必要だと思います。
・日々の食事をやり過ごすのではなく、ちょっと立ち止まって考え直してみること
・自分が本当に食べたいものを考えてみて、食べること
・料理を自分のものにすること
・グルメ情報に惑わされず、自分の好きなお店を見つけ通うこと
・食を通じて、社会に参加していると実感すること

「心地よい"食"」をキーワードに食分野で書く・作る・リサーチ&企画するの3つの領域の仕事を積み重ねていきたいです。お仕事のご相談お待ちしております!

【連絡先】
▶︎メール yukayamaguchi09[a]gmail.com

【SNS】
Instagramはおいしいものを探す日々の記録です(更新頻度高)。twitterでは気になったトピックや、食のあれこれをつぶやいています。よろしければフォローください:)

【Instagram】@yucca88
【twitter】@yucca88

#自己紹介


この記事が参加している募集

自己紹介

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

みなさんのサポートが励みになります。 「おいしい」の入り口を開拓すべく、精進します!

今日のごはんはチャーハン!鶏ガラスープをちょい足しするとグッド
88
自炊する人を増やすために活動する料理家&食のライター/日常の食を楽しく、心地よくするために普段は #今日の一汁一菜 を作り、ハレの日は小さくて強い店を開拓。おすすめの店は定期購読マガジンの「たらふく通信」へ/料理初心者に向けた自炊レッスンや #週3レシピ を毎月公開中。

この記事が入っているマガジン

料理ノート
料理ノート
  • 44本

一汁一菜含め、料理全般のことを綴るマガジンです。

コメント (1)
初めまして!山内貴大と申します!YouTubeの豚バラの生姜焼と味噌汁シリーズを見ました!とても美味しそうでした!
チャンネル登録もしました!よろしくお願いいたします!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。