見出し画像

お金を頂く、ということ。

▼誤解を恐れずに申せば「お金はもらって当然」だと考えている。

▼しかし、そこには、「価値を提供したら」と前書きが付くことが前提条件だ。
私にとっての「価値」は提供できる「仕事」だ。

▼ぼくは20代のころ、システムエンジニアをしていた。
その時に、「お金はもらって当然」と考えていた。
しかし、前書きはついていなかった。
朝、会社に行き…定時に帰る。
夏なんかひどいもので、汗が引くまで午前中はほぼ何にもせず…
午後はランチを平らげたら、うとうと昼寝状態…そして、定時で帰る。
進捗なんか遅れて当然、品質も悪い。
でも、会社に行っているんだから、お金はもらって当然。

・・・。
穴があったら入りたいと言うが…今でも思い出すたびに赤面する。

▼時は流れ、舞台演出をしつつ、フリーのエンジニアや、企業向けライター、音響制作などをするようになって、件の前書きを強く意識し始めた。

何時間、働こうが、難しい案件だろうが…納期を守れなければ、もちろんお金にならないし…いい加減な仕事をすれば、次の仕事なんか来ない。

それを「信用」というかもしれないが…
私はすこし違った捉え方をしている。

▼もちろん、仕事を頂くのはある種の契約で…その契約を守れるかどうかは「信用」されるかどうかだと思っている。

まったくの新規の仕事の場合は、最初から書いたり、作ったりするが…
たまに、新規の案件であっても…自分が過去に「書き溜めたもの」や「創ったもの」を利用し、納品することがある。
別に法にふれるわけでもないし、お客様に「作った過程」など関係ない。

新規の仕事と「再」利用の仕事が同じ労力がかかっているか、と言われれば…
仕事を受けた時点から納品までとしたら、同じではない。過去の作成期間を考えれば同じかもしれない。

仕事の成果物の品質が同じであれば、同じ価値だとは私も思う。が。
その仕事をする際に「ま、いっか、前と同じで」という気持ちが少しでもあったら…「信用」に値するのか、と考えてしまう。

▼また、納期を過ぎてしまったという場合だ。
もちろん、納期は守るのは当たり前だ。
しかし、納期を過ぎた時に…ユーザビリティを高くするためや、読みやすくするため、聞きやすくするために時間がかかってしまうというのは「信用」に値するのではないかと考えている。

▼だからといって、常に納期は守らない、となれば…やはり仕事はこなくなるだろう。

▼仕事の「価値」というのは色々な見方によって変わってくると思っている。
しかしながら、お客様が求めるものは、「仕事の結果」であることには変わりない。
その仕事の結果をご覧になり、お客様が「価値がある」とご判断されえば、「対価」としてお金をもらうことができると思っている。
そして、その評価が私自身の価値を高めてくださるとも感じている。

▼仕事の結果を出すためにはやはり、工夫も必要だ。
どんな仕事にも、労力、時間、手間がかかっている。そして、気持ちがこめないと…価値はないと考えている。

▼もちろん、価値がなければ、お金をもらわない、ということではない。
労働に対する対価は必ず必要だ、と考えている。

▼と同時に、どんな仕事でも「価値」はあるはずだ、と感じている。
この記事でも書いたが…たとえ無償でも、どんな仕事にも敬意を持たなければならないと考えている。

▼私がこうした「価値」ということを思い出す時に…祖父と父の事を考える。
祖父は他界し、父は引退しているが、襖職人・掛け軸職人だった。
大経師・表具師だった。

当時お店に来ていたお客様からは「腕の良い職人さん」と言われていた。
もちろん、お世辞にもあったかもしれないが…
二人の作る襖はとても美しく、機能的にも、使いやすかった。

当然と言われれば当然かもしれないが…
父が店を閉め引退した時は、信じられないくらいのお客様が引退を惜しんでくれたし、引退して5年ほど経つが…未だに連絡をくれる方もいらっしゃる。

▼私が今、活動している中で・・・
私が求めている仕事の価値というのは・・・「仕事」そのものに対してもそうだが…求められる「腕」を磨いていくことだとも思っている。

私の今の仕事が…父の仕事と同じように多くの人に求められ、そして、いつまでも必要とされるようになっていきたい。

「お金をもらって当然」と胸をはって言いつづけられる価値を磨いていくつもりだ。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

舞台演出家の武藤と申します。お気に召しましたら、サポートのほど、よろしくお願いいたします!

読んでくださってありがとうございます!!
28
舞台演出家の武藤賀洋と申します。劇団新和座( http://www.shinwaza.com/ )の演出家です。このnoteには僕が考える演出の方法やお芝居に対する考え方や普段の生活で感じたことを書いていきます。どうぞお楽しみに☆

こちらでもピックアップされています

もなからの独り言
もなからの独り言
  • 44本

40代後半のおじさんの独り言です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。