見出し画像

1年前の自分に向けてメッセージを。

先日、ブログで2年前の自分に向けた手紙風の記事を書きました。

本当に正直な気持ちを述べています。

もっと言えば、数日かけて言いたいこと全部書きたかったな、という思いもあるわけですが、どうしても3月31日中に投稿完了したかったので最後は投げやりです。


そんなわけで、2年前の自分に向けてのメッセージは届けたわけですが、ふと、「1年前の自分に向けてメッセージを送るならどうしようか?」と思い考えました。


・・・


・・・


・・・


夏バテしないように気をつけてね。それと、自転車日本一周再開しなくてもいいんじゃないの?

考えたけど、これくらいのメッセージしか思いつかないんですよね。

これってよくない。1年前の自分と今の自分に差がないからなんでしょう。

なんか、同じようなことで悩んでいるんです……。

「お金のこと」とか、「なぜ行動できないんだろう」とか、「何がしたいんだろう」とか。

あー、こりゃいかんな。

2年前の自分と比べたら成長できているな、と自分でもわかりますが、1年前の自分と比べたらまるで一緒。むしろ退化している気すらします。


・・・


この1年間の出来事を思い出そうと、日本一周の日記も読み返しました。

この頃、夏バテで食欲もなく精神的にもモヤモヤしていたのですが……。

貧弱すぎますね!笑


ぶっちゃけた話、「こんな精神状態と体力で旅なんて楽しめるわけない」とは薄々感じていました。

ただ、旅をいきなり中断してやることが思いつかないし、それを行動に移せる自信がなかったというのが本音です。今だから言えるんですけど。

逃げて旅をしてしまっていたんですよね。情けないことです。

その後、北海道地震に被災して、青森のブルーデイズの店長に背中を押してもらって旅を辞めました。

いやあ、ホッとしました。背中を押してもらうってこんなに楽なことなんだって。

ただ、このままじゃいけない。自分の足で立てるようになりたい。

今年で23歳になってしまうわけですが、まだまだ自立できていません。


昨年の旅中の本音については、また後で語っていきます。

新しい元号も「令和」に決まりました。元号変更も大きな節目と受け取って、自分自身も成長していきたいです。

…まあ、成長したいとか言っているうちはダメなんでしょうけどね。

そんな感じで、霧の中を手探りで進む感覚で日々生きています。

またあした。

末次ゆう(@ysgenfu

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

ありがとうございます!サポートしていただいたお金は、自己啓発・自己投資に使います。

励みになります!
3
1996年佐賀県生まれ。2年間会社に勤めた後、自転車で旅をしたり、ゲストハウスのヘルパーをしたり、すいか援農したり、ドーナツ屋をオープンしたり。旅するように暮らすことが目標。個人ブロガー(https://gen-fu.com/ )。ブログは最大7.8万PV、平均6万PVくらい。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。