見出し画像

今年も桜の季節がやってきた

そういえば毎年書いている「桜」エントリー。東京に来てから、毎年書いている。やっぱりこの季節の風物詩の桜は、大好きなんだよなぁ。

---

■ 2016年

桜の季節がまたやって来たことが、とてもうれしい

■ 2015年

桜があれば、上を向いて歩いていける。

---

今年は、周りで一眼を持つ知り合いが増えたこと、この時期にしては晴れ間が多いことで、すでにたくさんの人が桜の写真を撮ってアップしている。だからこそ、今年の桜の写真は、他の人が撮らないような写真を撮りたいなぁと思って、中目黒の桜を一眼を持って撮りに行った。ほぼほぼ満開だった。

続いて、縦写真。

高いところにのぼってみたり、桜と一緒に影を撮ってみたり、ちょっと引いて撮ってみたり。みんな同じ素材(桜)を見ているのだから、自分らしい切り取り方がどうやったらできるのかをぼーっと考えながら撮っていた。

今回、火曜日の午前中という微妙な時間帯に行ってみたのに、めちゃくちゃたくさんの人が歩いていた、カメラを持って。

桜ってやっぱりすごいなぁと思った。みんなが上を向いて、今年のベスト桜写真を撮ろうとしている。イベントでもないのに、こんなに多くの人が桜を見に来るために中目黒にやってきている。こんなこと滅多にないよ。すごい。

---

この後、大岡山駅に寄って、東工大のキャンパス内の桜も撮ってきた。こっちも絶賛満開中。

---

今年も最後に、「今日のダーリン」で書かれていた話を少しだけ引用してお終いにします。

手入れをしてきたわけでもないし、桜のことを思い続けていたわけでもないのに。この島国に、こんなにたくさんの桜の木がある。たぶん、その多くは、人が植えたり育てたものだろう。なくてもいいものが、こんなにたくさんあってよかった。

おしまい。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
平野太一

素敵なクリエイターの記事をサポートするお金として使わせていただきます。

あらためて「ズッコケ三人組」を読んでいます!面白い!
noteディレクターとして、クリエイターの創作を助けるコンテンツをつくっています。自分のnoteでは、UXライティング、タスク管理、おすすめツール(Notion, Zapierなど)の活用法、読んでよかったコンテンツなど、ジャンル問わず書いています。