フクダヨウスケ

何かに縛られることなく自由に思考するための実験室として、ここで文章を書いています。目に見える世界、目に見えない世界、その両方を行き来できる自由な思考を求めて発信しています。

フクダヨウスケ

何かに縛られることなく自由に思考するための実験室として、ここで文章を書いています。目に見える世界、目に見えない世界、その両方を行き来できる自由な思考を求めて発信しています。

    マガジン

    • また読みたいリスト

    • 真珠腫性中耳炎手術治療日記

      耳の異変を感じ取り、真珠腫性中耳炎の診断を受ける時から、入院、手術、退院までと退院後の生活や回復状況について記録しました。この内容はあくまで個人の経験と感想によるものです。

    • 自分の健康は自分で守る

    • なんでもない日々 何者でもない自分

    最近の記事

    2022 J2第19節 山形戦

    2022 J2リーグ第19節モンテディオ山形戦が結果も内容も満足のいく試合だったので、メモします。 山形のボール非保持では、2トップのどちらかが新潟のボールホルダーに対して中の選択肢を制限するプレッシング、もう1人は新潟のCH(高さん)をケア。中央を前進させずにサイドにボールを出させてサイドで回収の意図が見て取れる動きをしていました。 新潟はビルドアップでGK使ったり、CHのもう1人(星さん)とか、高木さん、シオンさんが降りてきてパスの出口になったりしながら前進していまし

      • 本当の問題は人知れず進行しているのだろう

        昨今の我が国の問題をあげようとしたら、何から手をつけたら良いかわからないほどにたくさんあって困ってしまいます。 ウクライナ情勢のせいなのかCOVID-19のせいなのか、物価が上がっているとニュースでやっていました。ウクライナ情勢とCOVID-19の他は大した問題ではないと感じてしまうレベルで。と、言っても私はさほどテレビのニュースは見ません。見たとしてもニュースで言っていることの逆を頭で想像しながら聞いています。 食べ物から日用品からたくさん値上がりします。もうしたのか?普段

        スキ
        11
        • 今日は 30分 4.7km #jog 息は上がったけど、足は平気。

          スキ
          3
          • 対策の方向性が違うんじゃない?

            感染はマスクの有無ではなくて、個々の免疫機能に依存すると思う。 感染は誰でも起こりうる。 だから「感染させないように」じゃなくて、「重症化してしまった後」にフォーカスするのが重要なのでは? 食事と睡眠とストレスフリーな生活の提供が感染対策。政府や行政や企業が、そこに取り組むといいと思う。 後は治療技術の確立と共有。闇雲な入院ではなくて。 園児のマスクじゃないと思うのよ。着目するのは。 個人の感想だけど。

            スキ
            6

          マガジン

          マガジンをすべて見る すべて見る
          • football
            フクダヨウスケ
          • また読みたいリスト
            フクダヨウスケ
          • 真珠腫性中耳炎手術治療日記
            フクダヨウスケ
          • 自分の健康は自分で守る
            フクダヨウスケ
          • なんでもない日々 何者でもない自分
            フクダヨウスケ
          • 物語
            フクダヨウスケ

          記事

          記事をすべて見る すべて見る

            主語のすり替えをして、責任転嫁したい人がまんぼうとか緊急事態とか言っているのでしょうか?

            スキ
            2

            2022 アルビレックス新潟編成

            2022シーズンのアルビレックス新潟の編成をまとめる。できるだけ公式リリース順を心がけた。 たぶん、全発表を網羅できていると思う。このメンバーで昇格を成し遂げよう。 【監督】 【選手】 先陣を切って更新してくれた21シーズンチームトップスコアラーの谷口さん。勝とうぜ。 シーズン途中のレンタル加入から完全移籍のセグさん。勝とうぜ。 2021シーズンで最も長くゴールマウスを守った阿部さん。勝とうぜ。 千葉さんと二人で安定感たっぷりのビルドアップを披露してくれたマイコ

            体の使い方を練る冬の遊び

            「災害級の寒波がくる」と天気予報が何日も前から騒いでいた。 「雪が降る」。 それは子供にとっては楽しみなことらしく、災害級の寒波を楽しみに待っていた様子だった。 雪が降ること自体は何も珍しいわけじゃないのだけど、「降り積もって雪が消えない」状況までには至らない。 だから、子供にとっては「降り積もる雪」は心待ちにする対象なのかもしれない。 私にとっては「そういう雪」をもう一生分味わった。 できることなら、連日の雪かきは避けたいし、雪で混乱した道路を走りたいとは思わな

            スキ
            2

            アレルギー体質になったのだろうか?

            豪雪地帯ではないけど雪国に分類される地域で生まれ育って、進学と就職で8年くらい離れたけどそれ以降の17年くらいは故郷に戻って生活している。 冬に全く雪が降らなかった記憶はない(私が覚えていないだけかもしれないけど)。だいたいどの年も積もりはしなくても、雪が降っていた。 1日の最高気温が1〜2℃であるのは冬なら当たり前の感覚だ。そういう日は氷点下あたりの温度で1日の大半を過ごす。 一言で言えば寒い地域だ。 子供の頃から雪遊びはしていたし、ある程度の年齢になれば雪かきをす

            スキ
            5

            アルビレックス新潟 松橋力蔵監督就任会見

            2022シーズンのアルビレックス新潟の監督を務める松橋力蔵さんの就任会見の感想をまとまた。 リキゾーさんは2021シーズンはトップチームのコーチを務めていた。 オファーを受けた時は即決だった。 アルベルのスタイルを大事にしながら、ゴール方向へのプレーをコレクティブに。 選手の成長の邪魔をしない。ついつい声をかけたくなるけど、選手自身が自分で見つけ出すのを大事にする。 指示はするけど、判断と実行は選手に委ねる。 J1昇格に向けて根拠のない自信が湧いた、と。監督として

            スキ
            2

            書かなくなると書けなくなる、が身に染みている。それと同時にnoteに書かなくなるとnoteを開かなくなる、にも気づいた。今日久しぶりにnoteを開いて、好きな文章にたくさん触れた。

            スキ
            1

            自分に課した「縛り」

            毎日、自分に課した義務のようなものとしてnoteの投稿をしていたけど、ちょっとしたことでそれが途絶えた。 途絶えたから義務のような「縛り」が解けて、書くのも書かないのも自由な環境になったわけだ。 それでも書くだろう、と思っていたけど実際はそうでもなかった。 メモ程度のことは書く。スマホのアプリやノートに記録している。 それと、まとまった長さの文章を書くというのはまた違う作業のようだ。 「書く」と縛りを持たないと、自ら進んで書かないみたいだ。 自らに縛りを設けるのは

            スキ
            6

            J2第42節 町田戦雑感

            特別な試合。前日に監督から「田中達也を先発で起用する。CFでキャプテンマークを巻いてプレーする。前半で交代する」と発表があったから。田中達也さんは今シーズンで現役引退する発表があった。最後のプレーとなる。 新潟のCB、SBに早い段階でプレッシャーをかける町田。町田は442 新潟の4バック、CHに1人ずつマークがつく感じの町田。FWやWGにロブパスをだそうとしても空中戦で勝利するかセカンドボールを収める町田。 町田は非保持時に新潟をサイドに追い込んでボール奪取する。奪った

            スキ
            3

            書く理由

            noteの連続投稿が途絶えた。 自分に課したノルマのようにして書いていたのだけど、そのプレッシャーがなくなったわけだ。 書く理由についてもう一度考え直すいいチャンスかもしれない。 そもそもなんで毎日書いていたのだろう? 一番大きな理由はnoteが「連続●日」をカウントしてくれていたからだ。 あれはモチベーションになっていた。 あとは、「毎日更新していると読まれるようになる」と情報発信の商材屋の人が言っていたのも理由の1つかもしれない。 PVが増えたら良いな、と下

            スキ
            8

            どうやら昨日の記事を投稿し忘れていたみたいだ。毎日連続投稿は600日とちょっとで途切れた。さて、毎日頑張って投稿する理由も無くなったので、これからは本当に自由にただただ書いていこう。連続投稿ってあっけなく終わるものなのね。

            スキ
            6

            危機管理能力

            ドラマ「日本沈没」を観ている。 と言ってもテレビで観ているわけではなく、TVerで。TVerはWEBサイトからでもアプリからでも多くのテレビ番組を視聴できる。リアルタイムでなくても1週間くらいは見逃し配信ができるから好きなタイミングで観られるから便利だ。 日本沈没はまだ原作は読めていないのだけど、漫画で少し読んだことがある。 この度のドラマ化で現代社会になじむような演出が加えられているから観やすい。 主人公は「官僚」と呼ばれるタイプの人に当てはまるのだろうか?大臣や議

            スキ
            4

            予期せぬ大金を手にすると不幸か?

            年末ジャンボ宝くじが販売されたと人から聞いた。 子供の頃、親が年末ジャンボを買って神棚に上げていたのを覚えている。 神頼み。 「買わなきゃ当たらない」それはその通りだけれど、ほとんどの人が「買っても当たらない」現実を意図的に頭の中から消している。 幼少の私達兄弟は、当選番号が新聞に掲載されると、番号の照合係をやった。遊びの一環だ。 我が家の最高当選金額は1万円だったような気がする。もしかすると他の宝くじで高額当選を果たしていたかもしれないが、子供に内緒にしていたのか

            スキ
            4