見出し画像

おいしいって、何だろう。

テレビや雑誌では、ツヤッツヤでトロトロの料理が良く特集されてます。

熟成肉や低温料理、とんかつ、寿司まで
おいしいものはつきません。

究極、栄養と味を満たすだけなら
スーパーフードなんていうのも珍しく無くなってきました。

**そもそもおいしいって何でしょう? **

考えだすと人それぞれの基準があったり無かったり。
値段の高い安いでも測れないし
希少性の高い食材が何よりもおいしいって訳でもない。

レストランは勿論おいしいに決まってるし
逆にロブション氏は家庭料理が究極と、雑誌の対談で読んだ記憶もあります。

その中、私がいち、つくだ煮屋として
そうだな、と腹に落ちた言葉があります。

それは
おいしい食べ物は、必ず一つの文脈の中に存在する

土井善晴氏の「おいしいもののまわり」という本で出会った言葉です。

なんだか小難しく、前後を読んでいないと
わかりづらいですね…。

私の解釈では
おいしいと感じたものには
その周りにストーリーがある
ということだと思います。

どう作ったのか、どんな人が作ったのか
どういう食べ物なのか。
どんな道具で作ったのか。どんなお皿で食べるのか。

画像1

つくしんでは昔ながらのかまどでの直火炊き
20年以上は使ってるであろう木の道具
毎日磨いてる釜

商品写真に使っているお皿も
手仕事の伝わる民芸のお皿。

パッケージでも手仕事が伝わるように
型染めという手法で意匠された文字やロゴ。

できればつくだ煮を副菜としてではなく
一汁一菜、滋味を味わっていただきたいように
商品に添えるしおりの写真にもこだわっています。

おいしいものが限りなくある
選択肢の多すぎる時代だからこそ
土地の記憶が残る料理を
ゆっくり味わってみてはいかがでしょうか。


インスタグラムアカウント https://www.instagram.com/tsukushin_tokyo 

つくしんホームページ https://www.tsukushin.jp


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
東京、佃島でつくだ煮屋をやってます。