見出し画像

3歳児、リビングを海にする

3歳息子は魚が好きだ。

行きたいところは水族館。愛読書は魚図鑑。好きな食べ物はお寿司とおっとっと。短冊には「さかなのオモチャがほしいです」と書き、マンボウ・鮫・リュウグウノツカイに会うことが夢。好きの理由こそ分からないけれど、魚への愛情はこちらまでヒシヒシと伝わってくる。

なので、私が3歳の息子を喜ばせたくて魚を折り紙でつくったのは、まぁ自然な流れだった。

のだけれど、まさか1ヶ月後にリビングが海になってしまうとは、思いもよらなかったのだ。


🐡

画像1

私がつくった「魚」に大喜びした息子は、魚たちをペタペタと壁に貼りはじめた。

え?
セロハンテープ使えるようになった?
え?え?
すごいすごい!壁が海みたいだね!!

驚く私に、「ハイ」と満面の笑みで魚の図鑑を渡した息子。

「これつくって」

私にダメとは決して言わせない圧と、可愛らしい笑顔でそう言った。


この日から、「これつくって」が口癖になった息子は、朝起きるとまず一番に折り紙とハサミをもってくる。図鑑、もしくは魚ポスターでお目当ての魚を示し、一匹つくってもらうことが日課となった。

気がつくとほんの1週間で、壁一面、上までびっちり魚、魚、魚。

「ここはずいぶんときゅうきゅうだね」と、魚たちの声が聞こえてくるようだった。


🐡

画像2

あ、一匹逃げた。

魚がリビングの壁を泳ぎ始めて2週間目のとある日、突如、魚たちの目の前に白い壁が広がった。リビングを模様替えしたことで、となりの壁一面を塞いでいた家具がなくなったのだ。

静かに一匹、また一匹とブルーオーシャンへと飛びだす魚たち。

画像3

真新しい白い壁を悠々と泳ぐ彼らは、なんだか嬉しそうにも見える。

「ひろいね~たのしいね~」と魚たちの声を代弁しながら、3歳息子は嬉々としてつぎの仲間を壁へと貼りつけていた。


🐡

画像4

壁の魚にもすっかり馴染んた3週目。

「これつくって」の可愛いおねだりの矛先は、私と夫のみならず2歳年上の姉にも向かっていた。

「え~めんどくさ~い」と言いながらも、渋々と弟のお願いを聞き入れる娘5歳。さすがの手さばきで器用にマグロを切っている。

画像5

……ん?

画像6

……んん!?

って3歳くん。君はいつの間にハサミをマスターしたんだい?


🐡

画像7

画像8

子どもたちが、24時間自宅で過ごすようになり1ヶ月が経った。

その間に大群へと膨らんだ魚たちは、色カタチは違えど一斉に窓の方角へ向かって泳いでいる。

まるで、外に出たい、もっと広い場所で泳ぎたい、と騒いでいるように見えるのは、私がそう思っているからなのだろう。

3歳息子は、今日も今日とて魚を壁に貼る。

画像9

画像10

水族館やペットショップに出向き、大好きな魚を存分に見ることが出来ない日々が続くが、3歳にさほど気にする様子はない。寧ろ、折り紙の魚に囲まれで楽しそうに遊んでいる。

そんな息子の姿をみていると、どんな状況下であっても好きなものがあるって最強だなぁと思うのだった。


・・・

このnoteは、ずっと下書きにあった緊急事態宣言下の4月5月のわが家の様子を書いた日記です。壁の魚たちとは、保育園が再開した6月に写真をたくさん撮ってバイバイしました。

3歳半になった息子は、ただいま釣りゲームにはまっています。魚の種類は私よりも詳しいです。



この記事が参加している募集

熟成下書き

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

お読みいただきありがとうございます。 「いいな」「面白かった」で、♡マークを押してもらえるとうれしいです。

好きな本⑤『生物と無生物のあいだ』/福岡伸一
382
5、3、1歳の母。通勤電車で育児日記を書く日々。暮らしのブログも運営中 https://yorimichi-kazoku.com/

こちらでもピックアップされています

よりみち共働きエッセイ
よりみち共働きエッセイ
  • 16本

3人育児&共働き生活をつづったエッセイ。たまによりみち

コメント (10)
魚の数がすごい!ここまでお子さんの関心に寄り添えるって素敵だなあ。
kosohonさん、ありがとうございます!魚の数、改めて写真で見るとすごい事になっていますね…😂
素敵なお母さん❣️
深海に今度はしてね、笑笑
エミマ
エミマさん、ありがとうございます。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。