見出し画像

明日、この街で

いつもより遅い春が幸いし、5月だというのに桜が満開だった。

「桜も温泉も同時に楽しめてラッキー」

はしゃぐ妹をみて、母が微笑む。

初めての母子3人の旅先は、山間の小さな温泉地。宿について早々、私たちは散策にでかけた。

街の中心に清流、その脇に桜並木。

半袖シャツではまだ寒く、足湯をみつけて早速つかる。

「旅館の夕飯も楽しみだね。ここは海も山も近いから食べ物が美味しいでしょう?」

母の問いかけに、「うん」とだけ答える。

お湯に浮かんだ花びらを弄びながら、私は付け焼き刃な知識をふたりに披露した。

「あの角を曲がると共同浴場があってね、地元の人はそこでお風呂をすますんだよ」

え!温泉がタダなの?いいないいな~と、妹が無邪気に喜ぶ。

「お姉ちゃん良かったね。これからここが、第二の故郷になるんだもんね」

妹が満面の笑みをこちらに向けたので、「うん」とだけ答える。


私は明日この街で、人生最後の振袖を着る。

この記事が受賞したコンテスト

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

お読みいただきありがとうございます。 「いいな」「面白かった」で、♡マークを押してもらえるとうれしいです。

好きな本⑤『生物と無生物のあいだ』/福岡伸一
50
保育園児3人(年長、年少、1歳)の母。通勤電車で育児日記を書く日々。暮らしのブログも運営中 https://yorimichi-kazoku.com/

こちらでもピックアップされています

note編集部お気に入りマガジン
note編集部お気に入りマガジン
  • 20051本

様々なジャンルでnote編集部がおすすめしている記事をまとめていきます。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。