見出し画像

【マケトピ】プロが選ぶ今年ブレイクしそうなYouTubeチャンネル 9選

今年はタレントやブロガーのYouTube参入がますます増えて、可処分時間の奪い合いになりそうな予感。速読みたいにYouTubeを効率よく視聴できるまとめ系サービスや機能的なアプリが出ないかなと思う今日このごろ。

今までは毎日投稿や親近感ある企画がセオリーでしたが、今後は人×企画×頻度はもちろんですが、中田敦彦さんやカジサックさんのように、なるべく遠い地点にある複数分野を繋げるチャンネルがヒットしそうです。
例えば最近気になっているチャンネルはこちら↓

インドア(コスプレ)×アウトドア(キャンプ)が出来る女子。ゆるキャンのヒットを見て分かるように、需要ありそうな掛け合わせです。

バーチャル宅飲み系YouTuber。ライブ配信でインタラクティブなコンテンツになれば、節約志向(宅飲み)×夜遊び(ガールズバー)みたいな事になりそうで、キャバ嬢やセクシー女優さんが参入してきそうな予感。。

トラベル×グルメの掛け合わせは誰でも出来るし、グローバルに受けそうなコンテンツ。トラベル系インフルエンサーは、国内外問わず需要ありそうですが、まだあまり多くはない印象です。

コーヒーだけではなくて、周辺グッズやASMR的な要素をもっと増やせばヒットしそうな予感です。将来映画館のように香りも楽しめる端末でないかなと期待しています。

若い世代を中心に増えつつあるミニマリスト。もはやマイホーム、マイカー、貯蓄や結婚というテンプレは崩壊しつつあるので、こういったチャンネルを参考にする人はこれからますます増えていくでしょう。

タレントの参入同様に、経営者の参入も増えてきそうです。自らのアウトプットだけではなくセルフブランディングにもなり、随所に求人告知やターゲティングでTrueViewで追っかけも出来る。まさに一石二鳥ですね。

ガジェット×ライフスタイルで幅広い、オシャレな所ジョージさんのようなチャンネル。働き方改革で余暇の増える大人やシニア層に広がりそうなジャンルです。センスを見習いたい。。

結局、今まで他メディアでヒットしたコンテンツを流し込むのが、一番効率良いのでしょう。逆にテレビもWEB動画の特集番組を増やしていたりで、どちらも詳しい人が強みを持てる時代になりそう。都市伝説系は不滅ですね。

ビジネス書×ビジュアライズ。非常に分かりやすくセンスの良いチャンネル。もう少し更新頻度が高ければなと思いつつ、一人でやるには限界があるので、今後はリッチなコンテンツほど、テレビや映画のように複数人で制作をしていく流れになりそうです。作家×クリエイター×声優といった形で、クラウドソーシングで集まった仲間でチャンネル運営が当たり前になるかも。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます!これからも役立ち情報がんばります!
6
六本木で世界に向けたコンテンツの制作に関わっています。 インフルエンサーマーケティングの第一線で奮闘中。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。