呪いの『縫針』
見出し画像

呪いの『縫針』


縫針ニードル
 彼女はそう名乗った。
「どの辺が?」
 反射的に僕は呻いた。

 何せデカイ。胸元の短刀が玩具のよう。僕自身背が高くないのもあるけど。
 それ以上に得物がデカイ。槍か、斧か。とかく凶悪形状の長柄武器は、外観に相応しい威力を叩き出した。

 縦振り。びょう。両断される強魔ブーステッド
 横薙ぎ。びょう。引き裂かれる強魔。
 一突き。びょう。串刺され、両手で夜気をかき回す強魔。
 雇われた護衛である、と唐突に現れた『縫針』は、名乗りを含む数呼吸でそれらを為したのだ。

 だが強魔はまだ現れる。まだまだ現れる。ここまでするのですか叔父上。そんな嘆きすら忘れる程、『縫針』は鮮烈だった。
 びょう、びょう、びょう。
 五撃。十撃。二十撃。刈られる麦でももう少し頑張るのではと思うくらい、強魔が倒れていく。

「ふー」

 と、ようやく『縫針』が一息ついた。見回せば、強魔は全て地面に倒れて、いない。

「う」

 背後。木々を薙ぎ倒して現れた強魔に、また僕は呻いた。
 コイツもデカイ。『縫針』よりもデカイ。明らかに建物サイズだ。
 後ずさる僕。だが逆に『縫針』は前に出た。横顔に、表情はなかった。

「さて」

 呟く『縫針』。得物を構える。
 唸る巨大強魔。巨腕を掲げる。

『縫針』が動いた。走る。
 巨大強魔は待ち構える。振り下ろす。砕ける地面。
『縫針』の姿は無い。既に跳躍済。今まで以上の身軽。当然だ。長柄武器を手放している。棒高跳びの要領。

『縫針』は跳ぶ。短刀を引き抜く。
 瞬間、視えた。あの刃、恐ろしく強力な呪いがかかっている。
 それを、彼女は刺した。敵の額に。

 まさに針。その一刺しで、巨大強魔は弾け飛んだ。
 轟音。爆風。死屍累々。その只中で、彼女の無表情と、短刀の刃だけが静謐だった。

「その辺が『縫針』って事か」

 呻く僕。だが『縫針』は首を振った。

「いや。その方が少しは可愛いかなって」

 言って、彼女は頬をかいた。

「ダメ、かな」

 自信なさげに、彼女は笑った。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!
巨大ロボ、特撮、ニンジャスレイヤー、トランスフォーマー、FFSなどが好物。 農作業の忘備録を書いたり、スーパーロボット小説「神影鎧装レツオウガ」を投稿したりします。 http://ncode.syosetu.com/n7106bw/ 夏には桃の通信販売も行っています。