読み返したいnote

307

愛の総量と、その愛の配り方

以前ともだちと、「愛の配り方って人それぞれだよね」という話をしていた。 なんでそんな話をしていたのかはもう忘れてしまったし、きっと特に深い意味はなかったと思う。新宿三丁目の「喫茶らんぶる」で、珈琲をすすりながらダラダラと仕事だとか恋愛だとかの話をしていたら、なんとなくそんな話にな…

みんな、自分に吹く風だけが冷たいと思って生きている

気分が落ち込んだり嫌なことがあったりすると、この世で一番わたしが不幸なんじゃないかと思うことってあるよね。 嫌な気持ちに支配されて周りが見えなくなって、世界のすみっこにある不幸の溝に一人だけ落ちたような錯覚になって。 自分のところにだけ冷たい風が吹いているような、そんな感覚にわた…