BOSS猿のアナログ肉眼競馬

BOSS猿のアナログ肉眼競馬

    最近の記事

    【京阪杯 予想】

    スプリント重賞らしく先行馬揃った印象でミドル〜ハイの流れ必至。今週からコース替わりもあり全体に荒れ馬場の中でも思いのほか内側が良くなり先行インの好走が目立つ阪神芝だがココはどうか。 隊列は,テンの速さ云々を考えてもヴァトレニが取り切るか。枠並びからもビアンフェは一歩引く形も二番手は取りに行きたいところ。インを取りたいキルロードに馬場を考えば好位置キープしておきたいテイエムスパーダは行き切るか前をやっての2.3番手が理想だろう。控えめに行ってはスマートクラージュ岩田望Jがイン

      • 【東スポ杯2歳S 予想】

        イクイノックス,ダノンザキッド・タイトルホルダー,コントレイルと近三年を見ても出世レースである事は間違いなく今年も素質馬が集結。時期的に少々スタミナは問われるにしても小細工の要らない府中千八の舞台で力のある馬がしっかり力を発揮するレースだ。 東京芝は決め手が生きる馬場。展開による前残りはあるものの,先週の傾向通りにいけばノビどころフラットの決め手重視で想定したい。 ◎ダノンザタイガー が三戦目で更にパフォーマンスを上げてくるか。厩舎イメージの通りで初戦よりも一度叩かれて

        • 【福島記念 予想】

          福島の馬場はフラット〜やや内有利といった印象。差しも届くが道中外外からの大外一気のような雑な溜めよりも道中は良い立ち回りが出来た馬が長く脚を使って末を伸ばすといった印象か。もう昔のように大大大外一気が決まるレースではなくなった。 今年は先行勢が内・外・中とそれぞれに入ったが並びからはユニコーンライオンが引っ張っていくか。ロザムールが追って行きベレヌスがインで追う。揉まれない形ならシャムロックヒルは前を見つつだろうが,いずれにしてもそれなりのペースが見込まれる。 距離への懸

          • 【アルゼンチン共和国杯 予想】

            前残り・先行決着が目立った前日の東京の芝ではあるが,流れと展開次第では差し馬の台頭もある。直線だけの大外一気という策を除けばフラットと言える馬場ではないだろうか。 ここも展開と隊列を読むならレースを引っ張るのは内キングオブドラゴンと外アフリカンゴールドか。枠並び的にも前者がハナで後者が番手となりそうだが逆となるようなら一気にレースはスタミナ質問われるレースとなる。いずれにしてもそれを見つつでテーオーロイヤルがキモチ早めに続いていくか。S〜Mのペース。テーオーが動かしていけば

            【JBC2022】

            【JBCクラシック】 ◎テーオーケインズ 前走の帝王賞は淀みないペースを外枠からの外外追走で厳しい形もスワーヴアラミスの一気捲りの影響をまともに受けて更に厳しい形。ひと我慢したいところで早仕掛けも強いられ,後方勢の良い目標になった。実績を考えればそれでも勝ち切って欲しかった…ところだが,現実的に厳しい競馬で上位に離される形になったのも仕方ない。前向きな走りは間隔を詰めるよりはリフレッシュの方が良さそうで,この距離ならローテ○だろう。(次走チャンピオンズCなら間隔詰めての短

            【スワンS 予想】

            一開催の最終週。Aコース7日目で見た目は荒れ馬場となっている阪神芝コースだが,パワー問われる馬場でありながらもノビ所に極端な傾向は出ていないか。ペース・隊列次第では内,先行にも出番が有り差しも届く。 展開は,特別な逃げ馬おらずでヴァトレニのハナか。同枠ホウオウアマゾン,ゲート出ればを条件にダイアトニック。ロータスランドに外からスカイグルーヴが続く形。いずれにしても内目から出来上がる隊列。 そもそも持続力問われる千四。最終週の馬場なら尚更で,先行勢ならその持続力。後方脚質な

            【新潟牝馬S 予想】

            夏の傷みも残った新潟の芝は荒れ馬場。それでも内の極端な不利なく進めてきたようにも思えるが,開催進んだ中での雨に打たれ今日あたりは徐々に外へとシフトしていくか。 ロザムール,シャムロックヒルと中・外勢が作る隊列。内回り二千二は外回り二千とは別物で直線短く動きが早くなる条件。持久力勝負必至ならば好位外目のスタミナ型先行馬が有利となるか。 ◎エヴァーガーデン に条件が向く。決め手に欠け,これまでに2着6回と勝ち味には遅いが牝馬としてはスタミナあるタイプの持続力型。荒れ馬場は歓

            【府中牝馬S 予想】

            秋の開幕週だった先週の東京芝コースは内の立ち回りも効いたもののココ最近の東京らしく初週から差しも効いた。 流れが遅いレースでは東京らしい決め手が,少しでも流れればこれまた東京らしく長い直線で長く良い脚を使える馬が台頭。雑な競馬の大外回しでの直線一気が決まるほど後ろに分があるとは言えないものの,ほぼフラットな馬場と見ても良いのではないだろうか。 今週も週中の雨の影響受け金曜発表時点では馬場状態良馬場ではあるものの含水率は月曜開催日とほぼ同率。土曜メインの頃にはもっと乾くだろ

            【京都大賞典 予想】

            秋の開幕阪神の芝はパンパンの良馬場なら高速時計も出る馬場であるとは思うがノビどころはフラット。 決め手が問われると書いた東京と同じく極端な内伸び・立ち回り・先行ではないが,こちらは終いまでしっかりと走り切れている馬が上位争いになっているイメージ。距離が延びればそれは尚更。今年も阪神開催となる京都大賞典は決め手や立ち回りよりも持久力勝負となるか。 ◎ヒンドゥタイムズ の末脚に期待。あまり長い脚はないとこれまで書いてきた馬。それだけに冒頭書いた条件とはズレて,これまでなら軽

            【シリウスS 予想】

            開催中止こそなかったものの台風接近による雨の影響を多く受けた今開催。最終週は天気に恵まれそうな事は何よりですが,それだけにしっかりと乾燥してきている砂の状態は気になるところ。また,雨の影響受けた日が多く今開催の「良発表の乾燥ダート」での傾向が掴みにくい。 状態によって傾向がゴロッと変化する事も大いにある中京ダート。雰囲気は掴んでおきたいところだが,含水率の似たところでいえば二週前の土曜か。 9/17(土)4角3.5  ゴール前3.8 9/30(金)4角3.3  ゴール前3

            【神戸新聞杯 予想】

            メンバー揃った先週のセントライト記念は菊だけではなく今後を見据えても面白い結果となった。ドウドゥース,イクイノックス不在のクラシック最終戦・菊花賞は,王道の神戸新聞杯ローテというより今年はセントライト組が主力とも取れそうだが果たして神戸はどうなるか。 中京芝はコース替わりもあって内目が復活した印象。静岡程の雨ではなかったと思える名古屋だが,雨の影響多少なりとも残る状態でのスタートとなった前日の芝レースを見る限り乾いていけばBコースへのコース変更への影響は少なくはなさそうだ。

            【セントライト記念 予想】

            コース形態からも持続力、スタミナ問われる中山二千二。ショウナンマグマが引っ張り,先行勢もしっかりというメンバー構成。スローの一団の立ち回り競馬は考えづらく,渋りある今日の中山の馬場を考えても前述の通りのこのコースらしいレースとなりそう。 ドウドゥースは凱旋門へ、イクイノックスが天皇賞へとダービー1.2着が菊不参戦を早々に表明。それを思えば本番(菊花賞)へ向け関東勢の注目どころはしっかりと揃った好メンバーのトライアルと言えそうで,春の実績が上回るか。それとも,上がり馬が一気の

            【京成杯オータムハンデ予想】

            秋競馬開幕のマイル重賞もサマーマイルシリーズ最終戦の通りで夏の香りが残るような混戦メンバー。レベルは標準やや下。オープン特別なら好メンバーといえる程度だろう。馬場や展開で結果が変わりそうなメンバー構成で,大方どの馬にもチャンスがある。 その馬場と展開だが,中山芝はまさに開幕週といった雰囲気で先行イン内枠有利。おそらくは最内枠のベレヌスが握るであろう隊列は内から出来る内隊列。現状この隊列なら後方外外からの外差しはまず厳しいと見る。また,前走の通りなら決め手比べをしたくないベレ

            【小倉2歳S 予想】

            見た目はしっかりと荒れてきているが最終週でも時計は出ている小倉。タフ馬場を得意とする馬なら先行押し切りも可能ではある。ただ、混戦と隊列次第ではやはりノビどころは外だろう。 2歳の早時期のスプリント重賞らしく今年もメンバーの1/3以上が先行押し切りで結果を出してきている馬。現段階でのスピード自慢が揃えば言わずとペースは上がり差し届く。おそらく今年もその傾向は続くのではないだろうか。 前を見つつスッと好位差しを狙えるようなセンスを持ち合わせつつタフな馬場も問題なさそう。本命は

            【小倉記念 予想】

            改めて開幕した小倉競馬は芝は相変わらず絶好のコンディションといった雰囲気で高速馬場。前日の競馬を見る限りは勝負所小回りでも上げていける馬で軽い決め手が生きる馬場といった雰囲気か。スローに落ち着けば立ち回りも求められる。 今年のメンバーで展開を想定するなら出たなり枠を生かしたいマリアエレーナをシフルマン、ショウナンバルディが被せていきたいところか。1角まで十分の距離を考えれば中枠の先行という隊列になりそうで,M〜ややSの流れか。 決め手勝負では分が悪い馬が強気に仕掛けていけ

            【レパードS予想】

            3歳勢の条件戦での活躍の通り今年の3歳ダート中距離路線はミドルハイ。これから先どうなるかはさておき,抜けた馬こそ居ないものの全体に層は厚く近年ではまず一番レベルの高い世代と言えるのではないだろうか。 ここも三頭が人気も全体にレベル高。条件馬は自己条件なら即勝ち負けできる馬も多数居て,一戦一戦力を付けていくような叩き上げタイプならいわゆる三強を脅かす存在がココで出てきても不思議ない。 また,タフに映るが時計も出るという現在の新潟ダート。パワー必至で抜け出すには決め手も欲しい