September Wind

風が季節を、君を置いていく
遠い街、見上げる空は青くどこまでも続く
私は海を越えられない

微かな希望を抱いて
街を出てみる
出会った恋は袖も触れずに通りすぎた

秋風が吹く旅に出る
どこまでもついていく、とかわした約束
胸に灯すのはあの日の光景

いつまでも変わらないと思っていた
いつかは叶うと思っていた

宵の空
傾く月に願いをかけることだけが変わらない

日々に流されていく
今どこを旅している
出発点も目的地も曖昧になる
青い空の下 君からの便りを待っている

君のためだけの歌は今日も心を流れていて

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
詩を書いています。読み切り連載小説「僕の彼女はミノムシ」もあります。絵も描いています。マガジンご覧ください。🐤。

この記事が入っているマガジン

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。