マガジンのカバー画像

ヨコハマ・フットボール映画祭 公式マガジン

59
毎年100本近く制作される世界のサッカー映画から、日本のサッカーファン、映画ファンと楽しみたい作品を一挙に上映する「ヨコハマ・フットボール映画祭」の実行委員メンバーによるマガジン… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

まだまだ可能性を感じる! フットボールカルチャーの未来を描くSHUKYU Magazine大神編集長にインタビュー≪6/4-10開催!ヨコハマ・フットボール映画祭2022≫

コアなサッカーファンだけではなく、あまりサッカーを知らない人にも受け入れられるSHUKYU Magazineについてルーツとこれからを伺います。 みなさん、こんにちは。ヨコハマ・フットボール映画祭note公式マガジン第53回を担当しますスタッフのSallyです。よろしくお願いします。 ヨコハマ・フットボール映画祭 2022の会場内ギャラリーにて、フットボールカルチャーを愛する皆さんとの交流の場、フットボールエキスポが開催。ギャラリーは入場無料なので、映画鑑賞やイベント参加

スキ
26

横浜から世界へ、おはじきを弾け!日本おはじきサッカー協会会長 鴻井建三さんインタビュー≪6/4-10開催!ヨコハマ・フットボール映画祭2022≫

横浜から世界へ!異国情緒漂う街・黄金町の一角で、一心不乱におはじきを弾き続ける人たちがいることをご存じでしょうか?手の指でプレーするサッカーは、趣と伝統あふれるフットボールカルチャーなのです! みなさん、こんにちは。ヨコハマ・フットボール映画祭note公式マガジン第52回を担当します、スタッフの澤野です。よろしくお願いします。 ヨコハマ・フットボール映画祭 2022の会場内ギャラリーにて、フットボールカルチャーを愛する皆さんとの交流の場、フットボールエキスポ が開催されま

スキ
12

36年ぶりのW杯出場がもたらしたもの 『ペルーの叫び』≪6/4-10開催!ヨコハマ・フットボール映画祭2022≫

ペルーと聞くと『コンドルは飛んでいく』の印象的なメロディが頭の中で流れます。と同時に、インカ帝国、マチュ・ピチュ、ナスカの地上絵といった古代文明も浮かびます。フォークロアの象徴のような国ペルー。では現代のペルーは? みなさん、こんにちは。ヨコハマ・フットボール映画祭note公式マガジン第51回を担当します、スタッフのかめです。よろしくお願いします。 2018年、ペルー代表は実に36年ぶりにFIFAワールドカップ本大会に出場を果たしました。ブラジル、ウルグアイ、アルゼンチン

スキ
9

ダメ親父の夢が希望を与える!?メキシコ映画『バモス!ドミンゴ -夢の実況席-』≪6/4-10開催!ヨコハマ・フットボール映画祭2022≫

うだつのあがらない中年男のどん底人生を救ったのは、幼いころに憧れていたサッカーの実況アナウンサーになる夢だった!メキシコの陽気なラテン音楽に乗せた痛快コメディ、日本初上映! みなさん、こんにちは。ヨコハマ・フットボール映画祭note公式マガジン第50回を担当します、スタッフの細川です。 今回は、YFFF2022上映作品『バモス!ドミンゴ -夢の実況席-』をご紹介します。「バモス」はスペイン語の”Vamos”で、サッカーの試合ではよく耳にする言葉です。英語では”Let’s 

スキ
14

審判と共にサッカーを体感する『ある試合』≪6/4-10開催!ヨコハマ・フットボール映画祭2022≫

 熱気溢れるスタジアムでレフェリーは適切に試合を裁くことができるのか?みなさん、こんにちは。ヨコハマ・フットボール映画祭note公式マガジン第49回を担当します、スタッフのかめです。よろしくお願いします。  6月4日から開催するヨコハマ・フットボール映画祭2022では、世界中から集めた、選りすぐりのサッカー映画を上映いたします。今回はその中から『ある試合』について取り上げます。スイスのローマン・ホーデル監督が手掛けた、17分の短編ドキュメンタリー映画です。製作にあたり、FI

スキ
16

ふたりの少年の友情が爽やかな感動を呼ぶドイツ映画『はなれていても』≪6/4-10開催!ヨコハマ・フットボール映画祭2022≫

生まれ育った村を失ったサッカー少年が、シリア難民の少年と出会い、友情を深めながら成長する姿を描いたドイツ映画『はなれていても』をご紹介します。 みなさん、こんにちは。ヨコハマ・フットボール映画祭note公式マガジン第48回を担当します、スタッフの細川です。 サッカーファンのみならず、映画ファンも楽しめるのがヨコハマ・フットボール映画祭の魅力のひとつ。YFFF2022では例年以上に映画ファンにもぜひ観てもらいたい作品が目白押しです!6月の開催に向け、note公式マガジンでは

スキ
17

【映画祭の作り方】候補は世界中に?ヨコハマ・フットボール映画祭の作品が決まるまで

 みなさん、こんにちは。ヨコハマ・フットボール映画祭で、作品選定・字幕製作チームのKAMEです。ヨコハマ・フットボール映画祭note公式マガジン第47回では、私たちのチームがどのようなプロセスで上映作品を準備しているかをご紹介します。   まず初めに、サッカーに少しでも関連する映画をリストアップしていきます。IMDb(インターネット・ムービー・データベース)のような映画情報が集まっているサイトを検索したり、各国の映画祭ネットワークで情報を共有したり、さらには海外のサッカー映

スキ
47

街の文化のハブを目指すミニシアター『K2-シモキタ-エキマエ-シネマ』に行ってきた!

みなさん、こんにちは。ヨコハマ・フットボール映画祭note公式マガジン第46回を担当します、スタッフの村上です。宜しくお願い致します。 初めての投稿なので自己紹介をします。ヨコハマ・フットボール映画祭インターン生の村上友祐(19/大学1年生)です。東京の映画館でアルバイトをしていて映画もよく見てます。サッカーも小中の時にやっていたので大好きです。私は今回の取材で初めてミニシアターに行き、とても雰囲気が良く、これを機にまた他のミニシアターも見に行きたいと思いました!これから宜

スキ
21

マラドーナの魅力を再発見!ネットで見られる映像作品【ドキュメンタリー編3選】

みなさん、こんにちは。ヨコハマ・フットボール映画祭note公式マガジン第45回を担当します、スタッフの加藤です。 華麗なプレーで多くのサッカーファンを魅了し、今なお愛されている神の子 ディエゴ・マラドーナ。2020年に彼がこの世を去った際は世界中が悲しみに包まれ、日本でも彼が出場した名勝負の再放送や、特集番組が組まれました。実際、リアルタイムでプレーを見たことがない私も、この訃報を聞いてからマラドーナのプレーを自然と見たくなることが増えたなと感じています。 ドキュメンタリ

スキ
17

ヨコハマ・フットボール映画祭学生スタッフへインタビュー!参加のきっかけは…?

皆さんこんにちは。noteスタッフです。 本日は、ヨコハマ・フットボール映画祭note公式マガジン第44回をお届けします🎉  さて、昨年10月、大盛況のうちに終了し、今年は6月4日と5日に開催予定のヨコハマ・フットボール映画祭(YFFF)は、学生もスタッフとして活躍中です。 この度、ヨコハマ・フットボール映画祭で活躍する学生スタッフ3名に、大人スタッフがインタビューを敢行しました。 今回の記事が、YFFFスタッフへの応募を考えている学生の皆さんへ、少しでも応募の後押しになれ

スキ
12

【映画祭紹介】雪のスクリーンをおうちで体験できる「みゆき野映画祭in斑尾~北欧・日本国際短編映画祭~」

雪で巨大なスクリーンを作って映画を上映する。そんな夢のような映画祭が長野県飯山市の斑尾高原スキー場で13年に渡り開催されています。 みなさん、こんにちは。ヨコハマ・フットボール映画祭note公式マガジン第43回を担当します、スタッフの細川です。 noteマガジンでは、日本の各地で開催されている映画祭をご紹介していきます!同じ映画祭としてスタッフもたくさん刺激をもらいたいと思っています。 今回は、2/19(土)開催の「第14回みゆき野映画祭in斑尾~北欧・日本国際短編映画祭

スキ
12

初めての夏開催!ヨコハマ・フットボール映画祭2022は6/4-5に

 みなさん、こんにちわ  ヨコハマ・フットボール映画祭実行委員長の福島です。  今日は、今年のヨコハマ・フットボール映画祭の日程を発表します。  2022年6月4日(土)と5日(日) かなっくホール(東神奈川駅)にて開催します!  ヨコハマ・フットボール映画祭は、Jリーグの開幕前、1月か2月に開催していました。昨年も1月下旬で準備をすすめていましたが、緊急事態宣言を受けて、代替日未定のまま延期。各所に調整・協力を得て、なんとか10月に実施。多くの方にリアルでのコミュニケ

スキ
37

人気YouTubeチャンネル「わくわく映画紹介じゃけぇ」×ジャック&ベティ動画撮影に密着👀

明日19日と明後日20日に“ミニシアター地域交流上映会”を実施する、横浜シネマ・ジャック&ベティと、人気YouTubeチャンネル「わくわく映画紹介じゃけぇ」とのコラボ特別動画が、ついに公開されました。 (ミニシアター地域交流上映会については後述しています。) 皆さんこんにちは。ヨコハマ・フットボール映画祭note公式マガジン第41回、担当は坂野(大学3年生)です。よろしくお願いします。 さて先日、横浜シネマ・ジャック&ベティで特別動画の撮影が行われました。 ご出演は、映画

スキ
14

「楽しい」、「天職」、「来年も参加したい」…フットボール映画祭スタッフに映画祭のことを聞いてみた!

大盛況のうちに終了したヨコハマ・フットボール映画祭2021。そんなフットボール映画祭はスタッフやパートナー企業様といったYFFFファミリーの力があって成り立っています。 YFFF2021当日は、サッカーや映画が好きな50名を超えるスタッフが集まってくれました。 特に今年はSNSなどでスタッフ募集を積極的に実施したこともあり、その告知を見て応募してくれた方など新たなYFFFファミリーが今まで以上に増えました。また、作品選定や字幕制作、イベント企画、SNS運用など新しい試みは新

スキ
15