見出し画像

Podcast 2021年度 エピソード5 価格と価値

前回のお話は「あなた」を意識して聞き上手になろうと。

葬儀屋さんの場合、場数を踏むとどうしても結論が見えてしまいます。
しかし、お客さんは感情が不安定だからこそ、最後まで聞いて欲しいわけです。

今日のお話は感情からプライシングです。

葬儀の価格は祭壇料と決めつけてしまっています。
いや、本当に祭壇料だけなの?

実際、備品だけではなく、棺や霊柩車などの費用も掛かってきますけど。

葬送ビジネスポッドキャスター jFuneral 16x9

葬送ビジネスポッドキャスターの和田です

さて、ここで「価格」と「価値」について。
お客さんは「価格」しか目に入りません。

葬儀の「価値」というのはなんだろう。

価格競争になる商品は「価値がない」か「価値を見いだせない」からです。

PriceとValueです。

ポッドキャストはこちら、内容の続きは下記をクリックしてください

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
yeyshonan

サポートしていと思っていただきありがとうございます! とっても感激です。

これからも投稿ガンバリます!
先祖代々葬儀社の家系に生まれの元葬儀社の社長/元エンジニア現在葬儀専門のSI/葬祭業専門の海外向けのコンサルタント/「死に方改革®」研究者/相続と終活であの世への「旅のデザイナー®」/外国人記者クラブで2つ委員長開放されたなう/猫、ワイン、ガジェット好きの10歳から白髪のオッサン