はじめましてエンニュイです。今後のことと12か月公演について。
見出し画像

はじめましてエンニュイです。今後のことと12か月公演について。

どうも。はじめまして。

クレオパトラの長谷川優貴です。クレオパトラというお笑いコンビでネタをしたり、CHARA DEというお笑いコンテンツ制作団体の代表をしたり、スタジオ・ギャラリースペースを運営したりしています。

エンニュイは、そんな僕が主宰している演劇ユニット/演劇をする為に集まれる場所です。

以前は、3人のメンバーと共に劇団としてやっていましたが、去年リモート公演の稽古中に色々とありまして、人と人の距離感的なものを大切にしなければいけないと思いました。稽古場のルールをしっかりと決めたり、当たり前のことをもっと丁寧にしていく必要があると反省しました。

閉鎖された空間で他人同士がクリエイションをしていく。その時間に見合った対価ももらえない。様々な要因で見えないフラストレーションがたまり、いざこざがおきたり、語気が強くなったりする。そんなことが起きないように、風通しを良くしようと考えました。好きな人たちがいがみ合い、時間をかけて築いてきた思い出も人間関係も全てが一瞬で崩れます。もうそんなことを起こしたくない。

そこで思い付いたのが、「出入りできる場所」にするということでした。

劇団員とかメンバーという縛りはなくして、いつでも来たい時に来れる場所にします。それは、初期メンバーの3人だけではなく、これから出会う誰でも出入りできる場所です。

閉め切って家族だけがいる家ではなく、ドアも窓も開けっぱなしで、ご近所さんも友達も、野良猫も、誰でも出入りできる家にします。あの家にいけば、とりあえず飯が食えて暖まれるみたいな。いつも笑い声が聞こえてくる場所が理想です。

もはや演劇かどうかもどうでもいいです。とにかく気軽に集まって、その日にやりたいことをやる。そんな感覚です。

どうして僕が演劇をやっているかというと、僕は好きな人たちと楽しく話しながら面白いことを計画したり、作ったりできたりしたらそれでいいんですよ。で、その面白いものを世の中の人に知ってもらえるように頑張る。それだけ。できるだけ真面目に稽古もしたくないし、真剣に話し合いたくもないんです。完全にストイックの真逆をいっています(笑)文字にしてみたら、かなりやばいですね(笑)

で、ここからが今回の企画のお話です。

ざっくり言うと、12か月毎月演劇公演をするというものです。しかも、同じ戯曲で。

これについてはこちらをお読みください。

気軽に演劇をやれるようにしたいのです。

そこで難しいのが台本の作り方です。がちがちに書いてしまったら出演者が変わる度に覚えるのは大変です。この辺は色々と思い付いて書き始めているので、今後のnoteに書いていきます。

ヒントになったのは、大衆演劇でした。以前知り合いの大衆演劇の公演に台本を書いたことがあります。大衆演劇の芝居は日替わりです。役者さんたちの頭には常に200本超のレパートリーが入っていて、それを1ヶ月間の公演に合わせて組む。1回約3時間の公演の中で、時代劇を中心とした芝居と、歌に合わせて踊る舞踊ショーをやる。会場は温泉宿やホテルのホールや大広間。直前で客層などを見て、やる演目を決めて、座長が口で伝える。台本はない。そしてリハもなしでぶっけで本番をするというのです。

漫才みたいだなと思いました。今回の企画は漫才みたな感じで演劇ができないかと考えていたので、大衆演劇のシステムはかなり参考になりました。

最悪、演者の方々の身体さえあればどこでも公演できるものを作りたいです。

今回のクリエイションメンバーはワークショップで出会いました。

役者は、本も書けて演出もできるべきだ的な話もありますが、僕はそうは思いません。只々、演じるだけが好きな方もいます。大切なのは、その人がなにをする時が楽しいかです。正直演劇は儲かりません。舞台だけで食うのは難しいと思います。だったら、楽しくないと! ストイックに作るのが楽しい人もいるので「楽しい」というのは人それぞれです。

なにが言いたいかというと、もう無理やり色々背負いこんでやる必要はないということです。業界のルールや風潮、他の人の目、、、なんかは気にする必要はありません。大切なのは自分がなにをしたいのかです。やりたいことやったらいいんです。エンニュイはやりたいことをやれる場にします。その為には、一人一人がもっと立体的になるべきなんじゃないかと思いました。役だけではなくそのひと自身の魅力をたくさんの人に知ってほしいし、本人にも自分の魅力を知ってほしいなと。

長々と書きましたが、今回はとにかく色々と新しいやりかたを試してみます。なので、稽古は全部YouTubeにアップしますし、みんなでのトーク動画なんかもアップしていきます。そして、このnoteにメンバーの稽古の感想や日記的なものなど全てを記していきます。

僕も含め、メンバーひとりひとりの応援をよろしくお願いします!! 演劇はじめてから初めて応援お願いしますって言いました(笑)いい言葉ですね。

今後、台本もできたら公演前にアップしちゃいます。読んでも、本番は毎回違うことになると思うので楽しめると思います。

それでは、今日はここまで。明日は初稽古です! 楽しみです!!


Performance of the day
『無表情な日常、感情的な毎秒』
2021-2022​

画像1

2021年2月25日〜28日 CHARA DE新宿御苑
原作・演出 長谷川優貴

【クリエイションメンバー(50音順)】
青柳美希
荒波タテオ
浦田すみれ
小林駿
長井健一
ヨシオカハルカ(演劇ユニットRe-birth)

【会場】
CHARA DE新宿御苑
〒160-0004 東京都新宿区四谷4丁目7-10 小林マンション3階

【スタッフ】
制作:宮野風紗音(CHARA DE/かるがも団地/K-FARCE)
ドラマトゥルク協力:青木省二・南里亮
制作協力:南里亮
主催・制作:CHARA DE/エンニュイ

【タイムテーブル】
2021年
2月25日(木) 19:00
2月26日(金) 19:00
2月27日(土) 14:00/19:00
2月28日(日) 13:00/18:00
*受付開始・開場は開演の30分前
*上演時間は約50分予定
​あらすじ
240年ぶりに時代が変わるらしい。
身体ではなく、魂で生きる時代。
​フィルムのような時代を生きる酩酊した人々の話。


【チケット】
<券種・料金>
劇場観劇チケット【各回10名限定】

(当日精算・日時指定全席自由) ¥2800


配信観劇チケット(事前精算・1週間アーカイブ付) ¥2000
(予約・当日共通価格)

[当日券の販売について]
*残席がある場合、開場時間より劇場窓口にて当日券の販売を行います。
(開演3時間前まではカルテット・オンラインでの予約受付を行っております。

ぜひご利用ください。)
*当日券をご購入いただく際、受付にてお客様の個人情報入力用フォームをご案内いたします。ご予約の場合と同じく、お客様のお名前・ご連絡先をご入力いただきます。
いただいた個人情報は、万が一入館者の感染が発覚した場合にのみ

利用させていただきます。
ご理解・ご協力をお願いいたします。


<予約開始日時>
配信観劇チケット:1月16日(土)20:00
劇場観劇チケット:1月18日(月)21:00


<チケット取り扱い>
劇場観劇チケット:カルテット・オンライン
https://www.quartet-online.net/ticket/yennui202102

※劇場観劇チケットは開演の3時間前まで予約受け付けを行なっております。
※感染症対策に伴う個人情報取得のため、1度のご予約につき1枚のみご予約可能となります。

配信観劇チケット

ツイキャス プレミア配信

※アーカイブは1週間視聴可能となります。

(例:2月25日19時回→3月4日23:59まで視聴可能)
※配信観劇チケットはアーカイブ視聴可能終了時点まで販売しております。

※リアルタイム配信については、配信状況等の要因でトラブルが発生する場合が

ございます。ご了承ください。
トラブルのあった場合でも、アーカイブ映像はその箇所も正しく視聴できるものを別途お送りさせていただきます

チケット購入↓


エンニュイWEBサイト


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
長谷川優貴(クレオパトラ/CHARA DE )主宰の演劇ユニット/演劇をする為に集まれる場所。 名付け親は又吉直樹氏(ピース)「『アンニュイ』と『エンジョイ』を足した造語。物憂げな状態も含めて楽しむようなニュアンス」 WEBサイト https://www.yennui.com/