見出し画像

女性とExcelデートをした人間が語る、Excelが上達する人、しない人。

ハラダ ヤスナオ

Excelへの卓越が極まりExcelデートをした話

おはようございます。

製造業ベンチャーでサプライサイド構築をしているハラダヤスナオです。また同社でスプレッドシート&Excel部の部長をしています。(本当に実在する部活です。)

大学生の頃に、アルバイトとしてリクルートでExcelを触り初めて依頼、誰よりもExcelを愛している自信があり、このノートを書いてみることにしました。せっかくなので公益になることを書こうと思っております。

画像2

私は、現職CADDiの社長である加藤勇志郎との面接で「あなたの卓越ポイントはどこですか?」と聞かれたときも「Excelへの愛」と即答しました。

どれくらい愛しているかというと、合コンで出会った"Excelが苦手"な女の子に、「Excel教えてあげるよ」といって”デート"に誘ったことがあるほどです。

机の狭いダイニングバーに、16インチものDELLのPCを持参させ、ショートカットや関数、そしてExcelのマインドセットを教え込む姿は相当気持ち悪かったなと思っています。気さくなマスターも「あぁ‥(困惑)」という顔をしており、早く帰ってほしかったと思っています。

ふと思いたち、"Excelデート"というワードをググりましたが、DATE関数しか引っかからなかったです。なお、私は未だにこの関数をつかったことがありません。YEAR関数とMONTH関数が十分。

画像1

やっと本題に移りますが、今日はその時話したExcelがうまくなるためのマインドセットについて話したいと思います。敢えて、テクニカルな話は最小限に留めます。

この記事は、Excelが上達しない人だけでなく、なぜか職場や周りのExcel力が上達していかなく困っているという人々にも届けば嬉しいです。

上達しない人の2つの特徴

早速ですが、1つ目は、歴史の教科書のように、Excelの関数やショートカットを調べて、隅から隅まで覚えようとするケースです。本来、ショートカットや関数は”自分の作業”を楽にするツールであります。自分には必要のない"他人のやりたいこと"を覚えても、決して自分の作業が楽になることはないのです。

2つ目は"頭"で覚えようとするケースです。特にショートカットキーは、数秒の作業を楽にするためのものなので、頭で覚えてはいけません。目指すのは、頭が理解している状態ではなく、体で理解している状態なのです。

画像3

ではどういうマインドセットをもてば上達していくのか?
3つのポイントがあると思います。

上達原則①Excelはスポーツ、ショートカットはスポーツ

Excelは頭ではなく体に覚えさせるスポーツです。
いかに脊髄反射的に手を動かせる状態をつくるかがポイントです。最初はキーボードだけで触るなんて窮屈だな、面倒だなと思うかもしれませんが、スポーツのやり始めは誰しもなんかやりにくいなと思うものだと思います。

「最初からリフティングがうまくできただろうか?バットをキレイに振ることができただろうか?」と考えると、少し頑張る気が出るかもしれません。

ショートカットを打つのに、数秒、下手すると10秒とかかかるかもしれません。しかし、この教えを信じて使っていればそのうち何も考えなくても打てるようになっています。

未来のあなたが救われますように。

私はショートカットに対して、脊髄反射点というのをつけて、優先的に体に覚えさせています。
要は①頭で考えずに打ちやすいか②覚えやすいかということです。
例えば、Ctrl+DなどはCtrl+D(elete)と考えます。こうしてゴロで覚えられるものは脊髄反射点が高いと思っています。

画像4


上達原則②単純化できない作業/面倒な作業はググる

実は、あたながExcel作業で面倒だな思ってる作業はほぼ単純化が可能です。なんなら、簡略化できると疑わずにやっている作業すらも単純化が可能です。

その秘密は、Excelは全世界で1億を超えるユーザーを抱えていることに起因しています。ユーザーが非常に多いため、ネット上の至るところに、"Excel攻略記事"が転がっています。

例えば、
「09/27と表示したいのに、9/27になってしまう…。日付の先頭のゼロが消えてしまう。」
という悩みがあるとします。

現象を抽象化した言葉で検索すると、618万件もの検索結果が表示されるのです。しかも、大体はExcelの悩みが表示されています。つまり、ググればExcelの解決策は即座に見つかるということです。

画像9

Google検索では、起きている事象をいい感じに抽象化して検索することがありますが、Excelは比較的いろんなワードで検索しても記事がひっかかりやすいです。


せっかくなので、ここで一つ便利な技を紹介します。

面倒な作業な1つにあげられる”一度かけたフィルタを外す”という作業がありますが、これも攻略方法があります。

⇩のようにフィルタがかかったセルに対して、わざわざセルのフィルター部分をクリックして、一つ一つ選択を戻す人がいます。
そんな作業はもう必要ありません。

画像6

フィルタされた範囲内で、”ctrl+shift+L”と打てば一発でフィルタ解除できます。
また逆に"ctrl+shift+L"を行頭で打てば、フィルタをかけることもできます。これは最も便利なショートカットキーで、私が愛するものの1つです。

alt+教徒の方もいますが、戦争を興したくないので割愛します。

ここで大事なのは、ショートカットを知っていることではありません。

”この作業を面倒だと思い、ぐぐってそこに到達できるか”です。

この考え方を実践できない限り、あなたの作業はいつまでたっても楽になりません。一方で、悩みを攻略サイトに打ち込みさえすれば、幸せなExcelライフが待っています。

画像6

上達原則③マウスを触ったら殺されるという脅迫観念

”コンサル一年目のときにマウスを捨てられた”

"マウスを触ったらキレられた"

上記のような話をよく友人やツイッターで聞きますが、冗談抜きに上達への近道はこの環境にあります。なぜなら、マウスがないと、キーボードだけで作業をせざるを得なくなり、結果としてショートカットを調べざるを得ないからです。

まさに"必要は上達の母"というわけで、この強迫観念は”ググる”インセンティブをもたらしてくれるのです。

現在のノートPCはトラックパッドがありますが、鬼上司であればボンドで塗り固めたりしてくるかもしれません。

画像7

それでもなぜ人はマウスを使っちゃうのか?ググらないのか?

私自身、ショートカットを使わずにマウスを使う作業であっても合理的なケースは多いと思っています。

例えば、5クリックある作業を行うとき、①マウス->②キーボード->③マウス->④キーボード->⑤マウスなんて行き来していることが一番無駄だったりします。具体的なケースは以下です。

開いているExcelファイルのショートカットを作成して、デスクトップにそのショートカットを保存する という作業をマウス抜きでやろうとする事を考えてみてください。どこかできっとつまづいてしまうので、マウスを使う工程がきっと入ってしまうのではないかと思います。

上記の様なケースは往々にあり、ショートカット覚えてられないなとなる気持ちは至って合理的です。

しかしながら、何工程もある作業を、全てマウスでやってしまうと、学習機会も、その分失われてしまいます。ショートカットを覚えていてもマウスを使ってしまう合理的な理由はたくさんあるのですが、あえてここに抗い、遠回りした人にだけ、効率的なExcelライフが待っていることをお伝えしたいです。

これは、筋トレにおけるチーティングという概念にも通ずるところがあると思っています。ある気がします。

「チーティング」は英語で「反則」という意味で、例えば、他の筋肉を使って勢いをつけることで負荷は軽くなるが、これを行うことによりトレーニングの効果が低下するとされる。一般的にはチーティングを行わない、「ストリクト」とよばれるトレーニング法が推奨される。(ウェブリオ辞書:https://www.weblio.jp/content/)

最後に‥私の愛した数式と次回予告

ややショートカットに偏った話になりましたが、これが私の考える上達に不可欠なマインドセット3つです。

最後に私の愛したショートカットと関数で組んだ打線を置いていきます。皆さんの愛している関数やショートカットを是非教えて下さい。

画像10
画像8

次回は、社内で起きているExcel・スプシ宗教戦争について書いていきたいと思います。

私が今いるCADDiという会社は製造業の超大量かつ多層的かつ時間軸の長いデータを様々なタイミングで扱っています。Excel好き・データ好きにはたまらない環境と思います!

この記事を読んで興味持って頂けた方がいましたら、是非、私とExcelデートをしませんか?@yasusssss_まで DM待ってます!!!

記事にスキ(❤)も押して頂けると幸いです!



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ハラダ ヤスナオ
キャディでSCM (サプライサイド構築)やってます。デンソーで調達/商品企画→CADDi 。好きなものはヘアラインのシェラカップ。