接客を制するものはお店を制す
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

接客を制するものはお店を制す

こんにちは、おおいしです。

今回はいつもと違って記事を書き終えた後、この冒頭部分を追記しています。

というのも、今回の記事はとても真面目に書いたからです。面白いこと一つも書いてないので冒頭で笑いをとりにいこうかなと追記しているのです。

でも、笑いをとりにいくと大体スベるのでやっぱりやめます。僕は根が面白くない人間なんです。

この記事のタイトルは「接客を制する者はお店を制す」です。
スラムダンクの「リバウンドを制する者は試合(ゲーム)を制す」みたいなもんです。

リバウンド

飲食業で働く方々には、この桜木花道のように「ぴくっ!!」と反応してほしい言葉です。

というわけで、なぜ接客を大切にした方がいいのかということを書きました。真面目に書いていますよ。心の準備はできていますか?

あーゆーれでぃー?

1.飲食業に訪れる転換点

今、飲食業界は大きな転換点に立たされたいます。
新型コロナウィルスの感染拡大の影響で飲食業界の市場売上は激減。

従来のカタチではお店を経営すること自体が難しくなっています。

また、大手は機械化を進め、人の手が必要なくなってきています。
ウィズコロナの流れで店員と非接触の飲食店まで登場。

この1年ちょっとの間で飲食店は大きく変化し、この流れは今後も続いていくことでしょう。

こんな状況の中、飲食店に従事している人はいつまでこの仕事が続けられるのか、未来に不安を抱えているのではないでしょうか?

ロボットによる自動化が進み、タッチパネルで注文したり、無人で席まで案内されたり、

今まで人がやっていたことを自動化していく流れが進んでいくと、僕たちの仕事は完全になくなってしまうと思いますか?

僕はそう思いません。
なぜなら人の温かみを求めるお客様が必ず存在するからです。

料理や接客を「作業」として取り組んでいる人は機械にとって代わられてしまうかもしれません。

でも、お客様に喜んでもらうための「仕事」として真剣に向き合っている人の代わりは機械には勤まりません。

むしろ自動化が進む中で、心のこもった仕事は今より重宝されるようになるでしょう。

その辺のことはこちらの記事にも書いていますのでこちらも読んでいただけるとウレシイです↓


この転換点はむしろチャンスなのです。
だから飲食業の未来に希望を持ってほしいのです。

2.身につけるべきスキル

僕はこれまで20年以上飲食業に携わってきました。
この20年間でアルバイト、社員、店長、マネージャー、経営者と様々なポジションから飲食の現場を見てきました。

10年前には廃業も経験しました。
お客様が来ないために売り上げが立たず、月末の様々な支払いに窮し、夢だった自分のお店を開業から2年足らずで廃業してしまいました。

お客様が来ない苦しみ、売り上げが少ない悩み、それを打開するためのスキルや知識も足りない。

こんな気持ちが痛いほどわかります。

しかしそんな状況を打開しようと、ただ闇雲に行動してもスキルや知識が乏しいと行動の精度が低く結果が出るまでに時間がかかります。

行動して検証してまた行動していくというのは成長する上でとても大切なことではありますが、まずは一つ他と差別化できる何かを手に入れるべきです。


そこで僕がおすすめするのが「一段上の接客スキルを身につけること」です。

僕は多くの飲食店を見てきましたが接客を疎かにしているお店が本当に多いです。そんなお店を見るたびにもったいないなと思ってしまいます。

せっかくの良い雰囲気も美味しい料理もいいかげんな接客をされると台無しです。

また、接客は得た知識を実践に活かせるスピード感も魅力です。魚を捌くことを覚えようとしても知識だけでは捌けるようになりませんが、接客は得た知識を即実践に活かすことができます。

それでいて一段上の接客はお客様を感動させることすらできます。コスパがバツグンです。

自動化が進む中で機械に仕事を奪われないための武器にもなります。

今、特別なスキルを持っていないのならまずは「接客」を突き詰めてみてはいかがでしょうか?今とは違った世界が見えてくるはずです。

3.本題

僕は接客のレベルを上げるために関連書籍まで含めれば100冊以上読みました。

そして実際に現場で実践して、問題点があれば改善して、お客様の満足度をあげ売上も上がっていきました。
年間7200万円だったお店を店長就任一年目で8400万円まで上げたこともあります。月間+100万円は大きな自信になりました。


今回は僕のその経験、知識、スキル、マインドを詰め込んだ接客術をまとめたnoteを1,000円で販売させていただくことにしました。


本だけでも10万円以上を投資し、20年の飲食業生活で学んだことをまとめています。
正直読んだ本の要点をまとめただけでも1,000円以上の価値にはなりますが、そこに20年のエッセンスを加えています。

一段上の接客を身につけて、お客様に喜んでいただき、お客様を感動させ、
そして売り上げにも繋がってくる。このnoteをそのための第一歩にして欲しいと思います。


さらに今回!限定10冊をモニター価格として半額の500円で販売させていただきます!
書いた労力を考えると破格ですが、まずは手に取ってもらわないとあなたの人生に影響を与えられません。

接客は飲食業人生を変えることができるスキルです。


この機会にぜひ手に取っていただき、目の前のお客様にシアワセになってもらえる喜び、お店の売上UPのための武器としての接客、それを実現するためのお力になれれば幸いです。

4.まとめ

っていう感じのセールスライティングでnoteは売れますかね?
セールスライティングの練習のための記事でした。

というわけでまとめ。

セールスライティングを制する者はセールスを制す

ちなみに、本当に接客の教材は作りたいなって思ってます^^

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます(^^)ウレシイです!
【行動をやめない経営者】25歳700万借金して飲食経営→2年で廃業|失敗と挫折の中で少しずつ成長|雇われ店長で繁盛店に→調子に乗ってたらコロナでコロコロ|36歳で再び飲食店開業|飲食店従事者のためのブログ開設→微々だけど収益化|読書1000冊以上の読書家|お店もブログも伸ばす人