有賀 雄規(やりが)

【Actor / DIYer / OPTIMInimaliST】シェアリングエコノミーで働く役者。人生を豊かにするエンターテインメントとミニマルライフについて情報発信。Filmarksサポーター。コンテンツHolic。テックミニマリスト。表現とは生きること。

意味のない失敗はない

人生に失敗はあっても、失敗した人生はない - 坂元裕二(ドラマ「大豆田とわ子と三人の元夫」より)

生き方のバイブル/映画レビュー『ノマドランド』

タイトルから流行りの「ノマド」や「ミニマリスト」の話に思われがちだが、ノマドライフを称賛するだけの映画ではない。ミニマルな暮らしも資本主義経済どちらの良さも描か…

ハッピーエンドでもバッドエンドでもなくグレー/映画レビュー『花束みたいな恋をした』

でもそれが生々しいリアルで恋愛の面白さ。 さすが坂元裕二の脚本。独自の細かすぎる皮肉の効いた穿った視点のオンパレードで、終始ボディーブローのように笑わされた。言…

きみはひとりじゃない

早く行きたければ、ひとりで行け 遠くに行きたければ、みんなで行け - アフリカのことわざ

カッコ悪くてもカッコ良く生きたい/映画レビュー『ヤクザと家族 The Family』(試写会)

分かっていても、その男にはそれしかなかった。 ヤクザとして生きていくしかなかった男が、不器用ながらも愛を求め続けた物語。しかし時代は変わりゆき、残酷にも社会が存…

生きものは宇宙のためにうまれた秩序

「生きる」と言う単語は能動態です。生きることは自分が決めたこと。だから明日だって、明後日だって私は生きるんです。それを成長というのです。だって私という自然現象は…