「ヨコハマメリー学」への誘(いざな)い

23

メリーさんの姿が伊勢佐木町から消えて、入れ替わりにゆずが登場した

メリーさんの姿が伊勢佐木町から消えて、街が様変わりした。 そんな風に書く人は多い。 では具体的にどんな風に変わったのだろうか? 先日あるブログ…

それを新しい名で呼ぶならば(ヨコハマメリー=アウトサイダーアーチスト説再考)

●それを、新しい名で呼ぶならば 拙著『白い孤影 ヨコハマメリー』のなかで、「ヨコハマメリー=アウトサイダー・アーチスト説」という持論を提示した…

作家・北方謙三から見たヨコハマメリー

「有名人の目撃談が入ると、横浜の人たちとの心理的距離感が出来てしまう」という編集者の意向により、拙著『白い孤影』から削除された記述がある。 小…

谷崎潤一郎とメリーさんの関係性について記事化した意図

拙記事「ヨコハマメリーと文豪・谷崎潤一郎の点と線」ですが、ほとんど反応らしい反応がありません。 わずかに返ってきたそれは「根拠が薄い」というも…

ヨコハマメリーは文豪・谷崎潤一郎の「作品」だった!?

【期間限定無料公開中】  以下、『昭和の謎 99』 2019年初夏の号(ミリオン出版 )に寄稿した記事を転載したものです(新事実の発見により、一部の箇…

アカデミズムの世界からみた「ヨコハマメリー=アウトサイダー・アーチスト説」

『白い孤影』で提示した「メリーさんアウトサイダー・アーチスト説」。 答えこそ出ないであろうものの、議論を戦わせる上で楽しいテーマだと思うのです…

2020年8月大阪で『白い孤影 ヨコハマメリー』公演

2018年12月に発売された拙著『白い孤影 ヨコハマメリー』を原作とした朗読劇が、2020年3月に大阪で再演されます。今回で3度目の上演となります。  ▼ …

バックストーリー:『白い孤影』が出来るまで

取材に20年かけた『白い孤影 ヨコハマメリー』。 この本が出来るまでのストーリーです。 ●「ヨコハマ幻想」を追うはずが、予想外の方向に ヨコハマ…

横浜で謎の「ホームレス歌人」を追った本と引き比べてみる

『白い孤影』を書く際に、念頭に置いた本が2冊ある。 ひとつはあとがきに書いた塩野七生さんの『サロメの乳母の話』。 もうひとつは新潮ドキュメント…

メリーさんの白塗りに関する補足的な考察

彼女の白塗りを「謎」という人たちがいますが、あれは謎と言うより世代間ギャップではないかという気がします。 自然美を目指す近代美容は、白塗りメイ…