見出し画像

フリーランスフォトグラファーとして独立して1年が経った。26歳になった。2年目が始まった。

こんにちは。
フォトグラファーのyansuKIMです。

2018年5月1日をもって
独立して1年が経ちました。
4月28日で26歳になりました。

本当におかげさまです。ありがとうございます。


去年の5月1日、noteで退職エントリーを公開しました。


不安と期待でぐちゃぐちゃになりながらも、
独立してすぐからお仕事がいただけて、
今日もこうして生きてます。


最初はSNS経由での発注が多く

「 noteを読みました。」
「 Instagramを見ました。 」
「 Twitterでいつも見てます。 」

最初のメールや打ち合わせではいつもこの言葉が並んでいて
恥ずかしくも嬉しいなぁと。


ほとんどの案件は「 やりたかったこと 」


独立してすぐは正直やりたくない内容の仕事でも
受けていかなきゃな。と考えていて
来るものを拒まず!!!!ドンとこーーーーい!
というスタンスでした。

ただ、いただく案件の内容のほとんど
自分が得意とすることやりたかったこと
だったんです。


僕は退職エントリーを書いたとき

「 何ができるのか 」
「 何がやりたいのか 」
「 どうやりたいのか 」

この3つを言葉にして置いておきました。

クライアントのほとんどは
この言葉をきちんと汲み取ってくれていたんですね。

後々になってこのことに気付いたので
「 書いていてよかった〜。」
という気持ちもありますが、
なによりクライアントがちゃんと読んで、
「 このひとに依頼しよう。 」という意思で
コンタクトを取ってきてくれている。というのが
本当に嬉しかったんです。


この1年はこんな感じでした

一部ではありますが、この一年の成果物を紹介します。



色んなところにいって色んなものを見て、
写真も映像も1年前とは変わったんじゃないかなーと思ってます。


作家活動は大きくはできなかったのですが、
HITOKOMAというイベントで朝ごはんの写真展を開いたり。
すこーーーーーしですが実現できました。


これからどうするか


フリーランス2年目の目標としては

「 フォトグラファーの領域拡張 」

に力を入れていこうと考えています。
撮影業務だけでなく、企画・コピー・ディレクション等にも
活動の内容を広げていければなと。

現在も某企業のタグラインやロゴの開発
そしてキービジュアルの撮影と、
根っこの部分からお花の部分まで携わっていたり。

映像制作においては撮影監督ではなく
演出やディレクションから携わったり。

( 株式会社ISSHO PV 演出・撮影・編集ディレクションで携わりました。  )


何でも屋になるつもりはありません。
餅は餅屋。最終的には自分が得意とする分野に集中するつもりです。

そうなったとき、自分の中に様々な言語が存在すれば、周りとのコミュニケーションが円滑に進み、より良い作品や成果物が世に出せるんじゃないだろうか。

そんなわけでの目標です。


フリーランス2年目はどんな年になるのか。
また来年もこうやってnoteを書けたらいいなぁ。


2018.06.01 yansuKIM



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

121
名前は「やんす」と読みます。 写真と映像を撮っています。92年生まれ。日本と韓国のダブル。 作品はこちらhttps://www.instagram.com/yansukim/ ご連絡は yansukim.info@gmail.com まで
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。