モーリー薬膳ラボ なかったことにする薬膳・簡単エイジングケア薬膳講師 森澤孝美(モーリー)

モーリー薬膳ラボ代表|なかったことにする薬膳と簡単エイジングケア薬膳でアラフィフからの美と健康をサポートをする薬膳講師 食材の性質や特性を使い食べた影響をなかったことにできる食の知識、スーパーの食材で普段の食事を薬膳にする発信https://yakuzenmolly.com/

モーリー薬膳ラボ なかったことにする薬膳・簡単エイジングケア薬膳講師 森澤孝美(モーリー)

モーリー薬膳ラボ代表|なかったことにする薬膳と簡単エイジングケア薬膳でアラフィフからの美と健康をサポートをする薬膳講師 食材の性質や特性を使い食べた影響をなかったことにできる食の知識、スーパーの食材で普段の食事を薬膳にする発信https://yakuzenmolly.com/

マガジン

最近の記事

固定された記事

なかったことにする薬膳は知っていると一生使えるメソッド

私はアラフィフ女性の美と健康をサポートする薬膳講師をしています。 「薬膳」と聞くと、漢方薬のような物、体には良いのだろうけれど美味しくなさそう!そう思われる方が多いのが現状なんです。 でも、そもそも薬膳の考え方には、食材にはすべて性質や特性がありそれを上手く使えば極端に体がバランスを崩すことなく、本来持っているその人が一番心地よく生活できる状態になるというものがあります。それが、よく言われる自己治癒力。人の持つ恒常性というものです。 食材を食べる人の体の状態に合わせて選

スキ
84
    • 薬膳で病み上がりの人におすすめするもの

      このところ周りで体調不良の方が増えています。 感染力の強いものあるので、軽い人から辛かったと言う人まで人によって様々です。 ただ一つ言えることは、体の自己治癒力は蓄えている栄養やエネルギーを使います。 人は、体に良いものを摂ろうと一生懸命になりがちです。 体質的に摂らない方が良い人まで、「〇〇に良いから」という理由で、いつも補おう、補おう、補おう、補おう(笑)とします。 高熱が出ていて、今まさに体が戦っている時に、消化にエネルギーを使うことはおすすめではありません。

      スキ
      6
      • 冬に悪くなる不調の見直しは今!夏にしておく

        昨日は、対面でのプライベート講座で、ケーススタディの9回目。 スポーツトレーナーで、体のメンテナンスの専門家の方のご受講です。 テーマは『花粉症と薬膳』です。 なぜ、花粉症があまり発症していないこの時期にこのテーマを選んだのかと言えば、花粉症の人は夏こそ生活習慣や食生活の見直しをして欲しいからです。 冬病夏治の考え方薬膳の基になる中医学では、「冬病夏治(とうびょうかじ)」という考え方があります。 冬に起こる病気は夏に治す。つまり、冬の病気は夏の過ごし方次第だと言うこ

        スキ
        9
        • 高齢者・基礎疾患のある家族と同居で感染した時どうするか?

          しばらく投稿ができずにいました。 私の実家に下宿中の大学生の娘が陽性になったからです。 どこでいつ誰が陽性になるか分からない状況です。 なんとなく周りで陽性だったと聞いても、どこかでウチは大丈夫、前にもこんなことがあったけれど無事だったからと、今の状況がもう2年半にも及び、自分事として考えられなくなっていないか振り返ることが大切です。 そして、いくつかのケースを想定して予めシミュレーションしておくこと。 それを家族や協力者にも共有しておくことも必要でした。 おそらく、

          スキ
          21

        マガジン

        マガジンをすべて見る

        記事

        記事をすべて見る
          • 2022年7月に多くの方にお読みいただいた記事ベスト5

            今日から8月。 SNSで朝から、「嘘でしょ?」とかえ、「待って!8月だった。」などの発信を多く見かけました。 いつもより多かったように感じます。 すでに猛暑の毎日は始まっていて、これからさらに・・・というちょっとした落胆と、暑くて思うように目標に向き合えないなどの声が入り混じっているのではないでしょうか? 7月も多くの方にお読みいただきありがとうございました。 2022年7月に多くの方にお読みいただいた記事、ベスト5を発表します。 まだ、お読みでない記事がありました

            スキ
            8
            • 不調に早く気づくためには、毎日舌を見る

              今日も暑かったですね。 日頃オンラインで「女性にありがちな不調ケーススタディ講座」を受講されているお一人が、私住む方面へ用事で来られるので舌診講座をその時対面で開催してもらえませんか?とご連絡いただきました。 舌診は、体に出ている症状を観察する中医学の四診の一つである望診に含まれます。 舌の状態は、体の中を写す鏡のようなもの。 舌を観察すると、厚さや大きさ、色、苔の状態、色、厚さなどの情報で、その時の体の状態をある程度知るヒントになります。 自分の舌は排便や排尿同様に

              スキ
              13
              • 講座開講をリクエストしてくれる人を優先していい理由

                オリジナルで講座を作り、自分で募集して受講してくれる人を集める。 これは、個人で講師をしている誰にでも共通することです。 認定講師なら、認定テキストを使って講座を開講すればいいし、今月どこどこで開講される認定講座として、会報誌やホームページでの告知をしてもらえる協会認定講師もいるかもしれません。 ですが、自分でオリジナルの講座を作っていると、仕組みができていない時は、毎回次はどんな講座にしようか? いつ頃しようか?などを考えて、講座を作り、募集して・・・ですよね? ど

                スキ
                9
                • ヨーロッパに住んでいる人は同じ日本人でも不調の種類が違う?

                  今日は。イギリスにお住いの51歳の女性のカウンセリングでした。 私のメルマガ「究極のエイジングケアは現代版西太后だ!」(2022.7.13配信)を読んで、ご自身もそれを目指したいとお申込みくださったのです。 私もヨーロッパに住んでいたことあるので、夏でも日本のような湿気が無いのは経験していました。 きっと、更年期世代とは言っても不調の種類が若干違うのではないかと予測を立てて、予め彼女のお住いの地域の気候や平均降水量、平均気温などを調べて、いざカウンセリングの時間です。

                  スキ
                  10
                  • やる!と覚悟を持った人には講師も応えます

                    今週は、モーリー薬膳ラボの認定試験が二つあり、いつもとはまた違う引き締まった気持ちで過ごしています。 先日終了した「薬膳ヘルスビューティーケアマスター」認定試験は筆記問題の採点中です。 四択問題はオンラインで、すでに合格ラインに到達されているのであとは筆記ですね。ただいま採点中です。 今日は、五回にわたって講座でお伝えして来た『女性の年代別特徴と着目ポイント徹底スタディ』の集大成。 『薬膳ウーマンライフケアアドバイザー』認定試験でした。 3名の方が合格されて「薬膳ウー

                    スキ
                    11
                    • 湿気と熱が原因の蒸し暑い夏の腰痛対策

                      昨日のプライベート受講の方はスポーツトレーナーさんで整体もされる方です。 主に更年期からもう少し上の世代の方の運動指導や整体をされています。 この蒸し暑い猛暑の日々、腰痛を訴える方がとても多いそうです。 腰痛の原因はいくつかありますが、外側からの影響と内側で何かが起きている、この二つが大きな原因となります。 外側からの原因は湿気外側からの原因は湿気です。 冬は湿気と寒さですが、夏は湿気と暑さが外から体に影響するのです。 これはジメジメムシムシの日本の夏だからこそです。

                      スキ
                      8
                      • 更年期世代の女性が暑さで体調不良になる理由とおすすめの食べ物

                        今日も猛暑でしたね。 今日は、スポーツトレーナーで整体もされる方のパーソナル薬膳受講でした。 お話していて、最近クラクラする方と腰が痛い方が多いと聞きました。 今朝も、受講生の方専用で寝つきが悪く早く目が覚めてしまう。 頭に汗をよくかくと言う方がいらっしゃいました。 薬膳の基になる中医学では五臓の「心」が活発になるのが夏。 陽気が最高に高まる真夏の暑さは、自然界のアイテムを対応させると「火」で人の体では「心」です。 もともと自らが熱を持つ「心」は天候の暑さで熱くなり

                        スキ
                        14
                        • エアコンが故障!修理までに日数がかかる時の乗り切り方

                          毎日35℃を超える日々です。 30℃だとちょっと涼しいと感じてしまうくらいですね。 こんな時に、自宅のエアコンが故障したら!?考えただけでゾッとします。 受講生の方の中に、エアコンが故障して修理を依頼したら最短で1週間後でないと来てもらえないと言う方が。 そんなことは、遭って欲しくないけれど、かつてわが家の車も冷媒ガスがだだ洩れで、真夏にエアコンが効かなくなったことがあったので他人事ではありません。 エアコンが効かない、故障したときにどうやって乗り切るか?について書い

                          スキ
                          12
                          • 土用の丑の日に参鶏湯を食べる会@東京終了しました

                            今日は土用の丑の日。 日本では「う」の付くものを食べるといいと言われ、その代表がうなぎですね。 ですが、日本の夏の特徴や日本人の多くの体質的には、現在主流の養殖鰻や海外産の鰻の脂があまりおすすめではない場合もあります。 夏土用に気をつけた方が良いことはこちらの記事に書いていますのでお読みくださいね。 韓国では、「伏日(ポンナル)」という日本でいう土用の丑の日のような日に、参鶏湯を食べる習慣があります。 誰でも、真夏の暑さに消化器系を弱らせず、スタミナアップしたいもの。

                            スキ
                            16
                            • 薬膳の知識を使って寒い新幹線も乗り切ろう!

                              移動中の電車やバスの冷房が寒いと感じたことはありませんか? 特に男性より筋肉量の少ない女性は、冷えを感じやすいものです。 真夏でもビジネススーツで仕事をしている営業マンの利用が多い新幹線。 昔から、設定温度が低めな気がしています。 自宅近くのJRやバスなど、停車する回数が多くドアの開閉頻度が高ければ、そこまで冷えることはありません。 新幹線は停車駅が少ないため、一旦冷えるとずっと冷えたままなのが困ります。 もちろん、何か羽織るものやショールなどを持っていればいいのです

                              スキ
                              12
                              • 明日は土用の入り。夏土用に特に気をつけること

                                明日7月20日は土用の入りです。 土用は年に4回あります。 一番有名なのは土用の丑の日。 夏土用だけが有名になったのは、うなぎを食べる日と認識されたからでしょうね。 夏土用は、立夏と立秋の間の約二週間。 四回の土用共に、季節の変わり目なので体調を崩しやすい時期だから用心して暮らすようにとの意味があります。 自然界を5つのアイテムに分けた五行学説を人の体のシステムに当てはめたものが五臓。 肝・心・脾・肺・腎です。 肝は春に弱りやすく、心は夏に、脾は梅雨に、肺は秋に、

                                スキ
                                20
                                • あなたの時間を無料だと勘違いして質問してくる人の対処法

                                  薬膳講座を受講されている方には、必ず講座の最後に質問タイムを取っています。 講座の内容は分からないまま進んで先が分からなくなるより、その場で解決して欲しいからです。 たまに、そこでご自身の体の悩みを言われる方がいます。 それ、そこでは答えられません(笑) 検査をせずにその人の体の中で起こっていることから、食べ物や漢方薬で解決や予防をするのが中医学です。 一つの症状を言われても、正しい答えができないのです。 カウンセリングをお申込みいただいてしっかりお悩みお答えします。

                                  スキ
                                  16