見出し画像

とある英雄と友の伝記

「覚えているか、私が学生時代ペアを組んだ相手を。そうだ、私を小馬鹿にしたあいつだ。あれが今、私の伝記を書き、世間を騒がしたそうだ。」

そう語る彼の目は、30年前から少しも変わらない。
大きな黒い瞳で、僕を射貫く。

「私に関わろうともしなかった奴に、何がわかる!」
彼は唸る様に拳を机に叩き、僕の体を震わせ、こう続ける。

「我が友よ、私を知るただ一人の友よ。
 私の事をもし、書ける者がいるなら、お前しかいないのだ。」
大きな瞳が少しゆらいだ気がした。

(彼の、この表情は一度だけ。確か、最愛の母を亡くした時ーー。)

逡巡する私をよそに、瞳が戻る。野望と夢に燃えた、王の物に。
そして、手を上げ側近に合図した。

「ヘス、この事を今記録しておけ」

「はい、閣下」

垂れ眉の者が、記録をつけ終えると、彼はこういう。

「また会おう、クビツェク」

この七年後、彼は自殺する事になる。












彼の名は「アドルフ・ヒトラー」







僕にとっては、ただの友人だ。


【Fortsetzung folgt ...】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
「おもしろき こともなく世を おもしろく」は高杉晋作の句だけどこれを言う人は高杉晋作以外は面白くない説