五十路おっさん海に育
見出し画像

五十路おっさん海に育

増税と買収の波が押し寄せ、私の会社が大規模なリストラをした。

国家や企業が国民を守る時代は終わったのだ。

「窓際の魔術師」と呼ばれ、30年会社でカバディしてきた。家族も貯金もない、身軽だ。

もはやこの国に私の生きる場所はない。




なので海に還る事にした。フフッ、母なる海よ。私の声を聞いてくれ。

できる事なら無事着水しエラ呼吸にならせたまえ、マンボウくらいになりたまえ。

そう願い、私は海へ飛び込んだ。

さよならワールドこんにちはオーシャン。

私を胎内に戻し給えーーー……!!





次に目が覚めた時、そこは海の中だった。

私は当然息が苦しくなるし全身鞭打ちで死ぬと思った。

だが、ならなかった。むしろ爽快だ、公衆の面前に全裸でぶーらぶらしている気持ちよさ、最高だ。

ふと気づく、水が見え、息もできると。

何が、と自分を触って確かめる。





胸にぷっくりホタテ貝、足に魅惑の生魚、腹にどんどこ元気な振動。

私はママ(ーメイド)になっていた。

【to be continued……】

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
「おもしろき こともなく世を おもしろく」は高杉晋作の句だけどこれを言う人は高杉晋作以外は面白くない説