あの気持ち

あの気持ち

Y

具体的な文章を初めて書いてみる。初、だからといってこれが一番伝えたい事、大事にしてる事、という訳では無い。書きやすそうな、淡々と構成できそうな、そんな話。

高2の春休み、2週間アメリカホームステイに行った。一緒に行く校内のメンバーと、催し物の準備をしたり観光の計画を立てたり、それはもう最大級の準備を数ヶ月もした。

とにかく憧れのUSでのドリーム☆デイズが待ちきれなかった。

しかし、散々カウントダウンしていた出発の、数日前、心がグウッと、後ろへ引きずられた。

行きたくないと思ってしまった。

高2の終わりということで、学校生活では否応なしに大学受験の影が見え始めていた。

一大イベントの沖縄修学旅行も既に済んでいて、あとは、枕詞に「高校最後の」が付く一通りのイベントを、「受験生」のラベルとともに迎えるだけだった。

だから、そんなエンディングに向かう高校生活の中に、颯爽と輝くUSドリーム☆デイズに、経験と幸福の全てを期待しすぎていた。

そのせいで自分自身がそれに応えられるか不安で、そして終わってしまうのが怖くて、始まるなと思ってしまった。

そしてもう1つ。

胸をふくらませていた私にとって、USドリーム☆デイズは始まる前から「最高の日々」と位置付けていた。しかし、本当に「最高」なのか、と思った。

「最高の日々」を貰えるのだとしたら、

不安や恐怖や喪失感をもって異国で過ごすのではなく、

もう戻ってこない青春が欲しかった。

中学3年生、大好きな友人と先生と、全身全霊で向かい合って駆け抜けたあの日、ある日が欲しいと思った。

そのある日は確実に「最高の日」だから。

もう戻ってこないもの。

アメリカなんて行かなくていい、みんなと過ごしたただのあの日を過ごしたい。

これが私のあの気持ち。掲題。

そして、時を2020年にする。もちろんUSドリーム☆デイズはかけがえのない経験と幸福をくれて、最高の思い出。

めでたし。

これは言わずもがな、です。

最高で最強の経験、と綴ったのもまたいい話だからどっかで。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Y
Titechのしがない院生。 ポエマーにも文筆家にも、なれないんだわサ〜。