新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として 厚生労働省 首相官邸 のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

採用担当者が伝えたい!オンライン面談・面接で失敗しないための事前準備

リブセンスで採用広報をやっているやがわんです。

新型コロナウイルスの影響で普段過ごしていた日常で変化があった方が多いのではないでしょうか。
私が日常を過ごす中で変わったと思う点は以下の通りです。

1、マスクに対する価値上がった。(どこ行っても手に入らない。Amazonで検索したら値段にドン引き)
2、リモートワークになる等、多くの企業が今までと違う働き方をするようになった。
3、採用選考について、対面を減らしオンラインで行う企業が増えた。
4、説明会や転職・就活イベントも開催中止、または延期が増え、転職希望者、学生の皆さん、採用する企業も従来のやり方だけで行動するだけでは難しくなった。

2、3においてリブセンスでは、全従業員を対象に原則リモート勤務にし、選考においても最終面接を除く面談・面接は全てオンラインで行う旨を発表しています。

私もオンラインを通じて色んな方と面接をするお時間を頂戴しているのですが、オンラインって聞くだけで難しい・面倒くさいと思うことってありませんか?
また、せっかく気になる企業の人と話す機会が作れたのに、当日になってオンラインで接続してみたら何かしらの外的要因でうまく伝えられなかったという体験をされた方もいらっしゃるのではないかと思います。

そんな方が増えないように、これからオンライン面談・面接を控えている方に向けて事前に知っておいてほしいことを書きます。

大前提、よく使われる面談・面接用ツールを理解する

事前に企業から何のツールを使うのか案内があるはずです。
おそらく以下3つのツールがよく使われているのではないかと思いますので簡単に使い方を記載しておきます。

修正_オンラインツール使い方

もしかしたらZoomを使う企業が多くなってきているかもしれませんが、Zoomは通信状態を良い状態で保ったまま会話が出来るんです。
オンラインで資料を共有する時や複数人でコミュニケーションをとる時、一番安定した状況でストレス少なく会話を続けることが出来ます。

しかし、上記を理解することは最低限やることではないでしょうか。
本当に大切なことは当日、何の障害もなく面談・面接を終えること!
当日になってハプニングがあって話す時間が減っては意味がないのです。

限られた時間を有効に使うために、私の実体験から当日陥りがちな落とし穴もご紹介します。

当日起きるハプニングは事前準備で防げる!陥りがちな落とし穴とは

当日のハプニングはつきもの!と思われがちですが、実はそのハプニングって事前準備をしっかりすることで防ぐことが出来ます。

面談・面接をしていてよくある問題点を書き出します。

①通信環境における問題
とてもよくあるのは電波の届きにくい場所やWi-Fiが弱い環境を選んだことで、音声や画像が途切れる、フリーズする、聞こえない・見えず、電話に切り替えてしまうことです。
ご家族、ご友人といった近くの方と一緒に環境チェックを事前にしておくことをおすすめします。

②ハードウェアにおける問題
面談・面接中にオンライン接続している機器の充電が充電が切れそうになってしまい、充電器に繋がれる方をお見受けします。
個人的には面談・面接中に充電されることは気にしていません。むしろ充電が無くなって途中で連絡がとだえる事の方がやってはいけないことだと思っていますが、企業によっては、もしかしたら印象があまり良くなく見えてしまうかもしれません。
オンラインでのコミュニケーションは、思っている以上に電池の消耗が早いので、事前にしっかり充電をしておきましょう。

③環境における問題
面談・面接をカフェでされている方をお見受けしますが、あまりオススメしていません。思っている以上に周囲の音まで拾ってしまい聞こえずらくなってしまうのです。
出来る限り静かな場所で、落ち着いてお話が出来る環境を選んでいただいた方がこちら側としても有難いです。

④コミュニケーションの問題
どうしても対面とオンラインでの面談・面接と比較するとオンラインは伝わりづらいことがあります。
なので、対面よりも「理解したら頷く」「いつもより少しだけゆっくり話す」ことを少しだけで良いので意識していただきたいです。
また、当日起こってしまった場合のことになってしまいますが、通信環境が悪く音声が途切れてしまい相手の言っていることが分からなければ素直に「聞こえなかったので、もう一度お願いします。」とおっしゃってください。
一切恥ずかしいことではないですし、知ったかぶりされた方が個人的にはショックです(笑)

以上がオンライン面談をやっているときによくあることです。
ほとんどが事前準備によって防げることなので是非やってほしいです。

私以外にも同じような内容をTwitterでつぶやいている方もいらっしゃったので簡単になってしまいますがご紹介させていただきます。

無料で情報を得られるからTwitterは宝庫。注意すべき点を見つけていこう!

オンラインでの面談・面接を行うにあたり、多くの方がアドバイスをTwitter上で呟いているツイートを拝見します。

私自身もそのツイートを見て大切な気づきを得られたことが沢山あるのでこの機会にご紹介させていただきます。

このツイートはとても細かく書かれていてとても参考になりました!
企業の方も是非ご覧頂きたいです。


私がお伝えした落とし穴に加えてオンライン面談・面接をする際のポイントをツイートされていらっしゃる方も!


就活生の皆さんのために情報を提供してくれています^^
こういうツイートを無料で見れるTwitterっていいですね!

おわりに

これからもオンラインの需要は高まるのかもしれません。

どんな状況であろうが時間は過ぎてゆくので、ピンチはチャンスと捉え、SNSを味方に情報を掴みに行く必要が出てきました。

私も情報提供が出来るように日々キャッチアップをしていこうと思っています!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます、私も大好きです^^
9
#リブセンス 採用担当 / note週1更新中 / 新潟出身 / 都内在住 / 夫とオカメインコの2人と1羽住まい / 夫は黄色いインコが目印のデザイナー☞https://note.com/osi_ire
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。