見出し画像

セルフイメージとは何か?


最近はマインドフルネスにはまっている笠松です。

どうも。


《セルフイメージ》っていう言葉を知っていますか?

僕が1番最初にこの言葉と出会ったのはメンタリストdaigoの本で出会いました。


最近はだいぶメジャーになってきましたが、答えは「自分の持っている自分」のイメージです。

自分のイメージぐらい1番分かっとるわ!っていう答えが返ってきそうですが、実はそうじゃないんです。

今、持っている自分のイメージの自分とは、20歳になるまでに身近な人からかけられてた言葉によって80%は構成されます。

あとの20%は自分が決めている。



つまり、殆どの思っている《自分》は自分じゃないです。



言われてみれば気付くと思うんだけど子供の時に親から、


・あんたは落ち着きがない

・あなたはやればできる子

・何を考えているか分からない

・人前に出ると急にシャイになる


などを言われ続けているとどんどん自分の中でそれが自分。

その範囲の中での行動や発言をとるようになっています。


そして、物心ついた時には「はい、自分の完成」って感じ。

つまり、笠松のセルフイメージはこんな感じ。

画像1


笠松は無意識でこの中での行動しかとれなくなる。

ここで質問です。


・今の自分が好きですか?


好きな人はそのまま愛してあげて下さい♡


もし自分の事が嫌い or 今の自分のままは嫌だという人は危険なサイン。


理想の自分とセルフイメージに無意識にギャップを感じている人です。

その場合は、このままじゃ駄目だと思うけど自分の変え方が分からない。


そんな時にして欲しいのは1ヶ月でセルフイメージを変えましょう!


・たった1ヶ月でセルフイメージは変わる


では、ルールを説明します。


・今の自分が恥ずかしいと思う事 or 今まで経験した事がない事を1日に1回する

・1ヶ月毎日する

・出来ればSNSで自分がそういうプログラムをこれからすると公言する


たったこの3つをするだけで1ヶ月で自分が変わります。

画像2


・なぜ1ヶ月限定なのか?

それ以上続けると鬱になる可能性があるから。


・なぜ1日に1回だけなのか?

それ以上やると鬱になる可能性があるから。


・なぜSNSでUPするのか?

人は宣言する事によって成功率が30%以上上がるから。

(ダイエットする時とかにも有効)


・なぜ恥ずかしい事 or 経験のない事をするのか?

恥ずかしい事というのはセルフイメージ外にある行動です。

これまでに経験にない事もこれまでの自分だったら《しない》と判断した事です。


つまり、その外に出ない限りは今までの自分のままという事。

画像3


・自分がその1ヶ月でやってみた事


僕も元々赤面症のシャイな男の子でした(今では面影すらないと言われるが...)

そんな自分のままでは駄目だと思って、この1ヶ月間もある「恥ずかしい月間」を実行しました。


・コンビニに入って店員さんに「今日も一日お疲れ様です」という。

・親に感謝の気持ちを伝えた事がなかったからLINEで伝える。

・スタバを一人で行く(当時はこれすら出来なかった)

・スタバに行って「ここからここまで下さい」という。

・歌いながら帰る。

・ミーティングの際に自分の考えを言う(忖度抜きで)

・カラオケに行く(人前で歌うのは大嫌いなので)

・服を買いに行って自分から店員さんに「どっちが似合いますか?」と声をかける

などなど...


今こうして文にするといやいや...出来るやろ!って思うかも知れませんが、当時の自分にとってはこれでも凄く負荷がかかりました。


この行為の別名「殻を破る」


よく聞く言葉でしょ?


誰かに「そろそろ○○も殻を破れよ」って言われた人って沢山、いると思いますが、そのやり方が分からない。


そんな人にぜひやって欲しい「恥ずかしい月間」


一人でやるよりもメンターやコーチをつけてやる方が更に効果があるので、一人でやる自信のない方は笠松まで声をかけて下さいね♡

(変な教材とは売り付けたりしないので笑)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
6
「人は仕事によって、マインドとお金が変わるのか、 お金によって仕事とマインドは変わるのか?」
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。