見出し画像

【オープニングスタッフ募集】神奈川県横浜市にウィル訪問看護ステーションを立ち上げます!

「全ての人に家に帰る選択肢を」を理念に小児・精神・神経難病・看取りなどへの訪問看護を提供するウィル訪問看護ステーションは、10チーム目で、神奈川では初となる事業所「ウィル訪問看護ステーションよこはま北山田」 を令和3年8月ごろ に立ち上げます。今回はFC(フランチャイズ)のチームとなっております。
ウィル訪問看護ステーション沖縄、福岡などと同様に、看護師が地元にて訪問看護ステーションを立ち上げ、それをウィルが支援することになりました。つきましては新たに立ち上がるチームのスタッフとして働いてくれる方を募集しています。是非お気軽にお問合せください。
※最寄り駅は横浜市営地下鉄グリーンライン「北山田駅」 (横浜市都筑区)から徒歩3分の事業所です。

フランチャイズオーナー兼、管理者のご紹介

画像1

別府文隆(Beppu Fumitaka) 
看護師/保健師/博士(医学)
鹿児島県出身、東京大学医学部健康科学・看護学科(当時)卒業。同大学医学部附属病院にて心臓・呼吸器外科に勤務した後、東京都荒川区の内科・小児科クリニックで働きながら大学院を修士・博士(医学博士課程)と進み、研究者として米国南カリフォルニア大学(USC)予防医学学際研究所(IPR)にて、TVドラマなどエンタメコンテンツを活用して疾患予防啓発教育を行う研究に従事。帰国後、株式会社リクルートにて新規事業開発に取り組み、医療・介護分野へのビジネスサイドからの貢献可能性について探求する。その後、広島県福山市の社会医療法人祥和会脳神経センター大田記念病院へ転職し、医師のマネジメントや看護部門の組織開発など多様な部署の支援を事務職として経験する中で、組織運営の大切さを学ぶ。
2016年より、医療・介護業界とビジネス業界をつなぐ再チャレンジをすべく、神奈川県に引越し独立起業。複数企業の顧問として医療・健康・介護業界に関する新規事業開発支援を数多く手がけるようになる。同時に、横浜市港北区にて小中学生2人の息子の子育てとPTA活動・バスケットボールチームのコーチ業などを通じて、地域との関わりも強くなり、多くの方々と支え合い助けられながら生きていることを実感。地域に根ざした地域の方々への貢献につながる仕事をしたいと思うようになる。
そして、コロナ禍を通じて人の命と自分の命について改めて深く考える時間を得て、訪問看護事業の大切さと可能性を再認識し、以前から創業メンバーと友人であり、その取り組みの姿勢や価値観について共感し感銘を受けていたウィルグループへフランチャイジーとして参加することを決める。
臨床を離れて久しい私ですが、これまで学び経験してきたこと全てを活用して、スタッフの皆さんが働きやすく安心してチャレンジできる環境を、自分の住む地域で作っていきたいと思っています。

サポート体制

ウィル訪問看護ステーションでは、どのエリアのチームに所属してもサポート体制は変わりありません。

画像2

①学習環境
ウィル訪問看護ステーションでは入職後研修の後は、eラーニングでの学習機会を提供しています。学研メディカルサポート様と協働開発をしたeラーニングにて訪問看護の仕組みや基礎を学んだあとは、ウィルの各種認定看護師や専門看護師から成る相談支援チームが作成した動画などで、いつでも学習できる環境があります。

②オンラインコミュニティでの相談体制
岩手~沖縄まであるウィル訪問看護ステーションをはじめ、それ以外にも複数の訪問看護ステーションから成るオンラインコミュニティに参加することで志が同じ同年代や先輩看護師と繋がりながら訪問看護に従事することができます。
コミュニティ内には認定看護師や専門看護師、助産師などからなる相談支援チームがおり、随時相談を受け付けていますので、症例の相談をすることも可能です。最近ではCOVID-19への対策など最新の情報の共有も行われています。

③記録システム「ウィルクラウド」の利用
自社にて開発した記録システム「ウィルクラウド」を用いることで、帳票の管理や記録時間の短縮化等、業務の効率化を支援します。
また、「オマハシステム」などにより看護師個人やチームの成果を可視化ができることで、チーム全体で看護に熱中し成果を追い、患者/利用者利益を高めていくことをサポートします。最初はこのようなシステムを使うことに不安もあるかと思いますが、ウィル以外の事業所の方にも「操作は簡単で直観的に使用することができる」とご評価いただいておりますのでご安心ください。

給与など勤務条件について

画像3

参考給与など勤務条件は下記の通りです。ご希望や実績に応じて柔軟にご提案いたします。是非お気軽にホームページよりお問合せください。

【給与条件】
・想定月給 295,000円~400,000円
・基本給 255,800円~345,900円
・固定残業代 39,200円~54,100円(20時間分相当、超過分は追加で支給)
オンコール手当
・夜間待機手当(平日・土日祝日共通) 4,000円/日
・出動手当(平日・土日祝日共通) 4,000円/日
・賞与:年2回 ※昨年度実績:2.5ヶ月分
・昇給:年1回
・想定年収:420万~600万円 ※経験等考慮のうえ社内規定に則って給与は確定いたします
【待遇・福利厚生】
・社会保険完備
・端末貸与(携帯電話、iPad、パソコン)
・ユニフォーム貸与
・通勤手当 支給(上限30,000円/月)
・学会・研修参加サポートあり(学会費・旅費を支給※年1回まで自由に選択可能)
・雇用保険、労災保険、育児休暇制度、介護休職制度、産前産後休暇制度
【働き方の種類】
・常勤フルタイム(8時間/日、週40時間)
・常勤3日(8時間/日、週24時間、社保加入可能)
・常勤時短(6時間/日、週30時間)
・常勤4日(8時間/日、週32時間)

さいごに

チーム立ち上げメンバーである看護師の別府さんは、ウィル訪問看護ステーション東京を立ち上げた当初から様々な活動を友人として応援してくださっていました。そんな別府さんが神奈川に暮らし、子育てやPTAの役員など地域活動を経験するなかで地域の健康課題を感じ、その解決の1つの手段として今回、神奈川にウィル訪問看護ステーションのフランチャイズのチームの立ち上げをしてくださることになりました。
「全ての人に家に帰る選択肢を」を理念にするウィル訪問看護ステーションでは、看護の「地産地消」として、その土地で生まれ育った、または住み続け、その地に根付いている看護師が、地元の在宅看護のニーズに応えることを支援し続けてきた結果、東京以外にも沖縄、福岡、岩手などの地方にもウィルのチームが発足し活躍しています。

今後もフランチャイズ以外にも、他の既存のチームのまま弊社のプラットホームにご参画頂いたり、浦和事業所のように「ウィルで働きたい」とお声かけ頂いた看護師のいる地域に直営出店をするなど、多様な形態で地元での在宅看護に従事する看護師を支援してまいります。
是非ご興味のある方は下記ウェブサイトよりお気軽にお問合せください。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
15
「全ての人に 家に帰る 選択肢を」を理念に、東京都、埼玉県、沖縄県、岩手県、福岡県などで神経難病やがん末期等を含む看取り、小児科や精神科などにも24時間365日対応可能な訪問看護ステーションを運営しています。 https://www.wyl.co.jp/