ウエディングパーク デザイナーブログ
入社三年目のWebデザイナーが、採用面談でよく聞かれる質問に回答し、一年目を振り返る
見出し画像

入社三年目のWebデザイナーが、採用面談でよく聞かれる質問に回答し、一年目を振り返る

ウエディングパーク デザイナーブログ

こんにちは、ウエディングパーク デザイン本部の鈴木です。
私は現在新卒入社して3年目のデザイナーです。学生の方との面談の際によく聞かれる質問に回答する形で自分の1年目について振り返ってみたいと思います!

質問1 どうしてウエディングパークを選んだのですか?

2つあります。
1つはデザイナーの新卒1期生という点です。1期生ということでよくも悪くも自分が基準になり、前例のない中で自分自身に制限をかけることなく、成長していける環境に魅力を感じました。
また、年次に関係なく、手をあげた社員に任せる風土があるので、新卒時から成長機会が多いことも魅力でした。
2つ目はデザイナーの業務領域の広さです。ウエディングパークのデザイナーはプロダクトのUIデザイン、コーディング、バナーデザイン、ポスターやロゴデザインなど幅広いデザイン業務に携わることができます。大学では狭義の範囲でプロダクトデザインを学んでいましたが、デザイナーとして働く上でマルチに活躍したいという思いがあり、まさに求めていた環境でした。

質問2 今どんなお仕事をしていてどこにやりがいを感じますか?

現在は結婚準備クチコミ情報サイト「ウエディングパーク」のサイトデザインや印刷物のデザインなど様々なことに取り組んでいます。
仕事のやりがいはデザインの力で多くの方に「幸せ」を感じてもらうことができる点です。結婚と聞くと、「幸せ」をイメージする一方で、結婚式を挙げるにしても、式場探しから準備まで、検討することも多く大変な印象を受けると思います。そんな中で結婚を迎えたカップルに自分たちに合う結婚のかたちを見つけてもらい、欲しい情報まで導くのがウエディングパークのデザイナーの役割だと思っています。
デザインを大幅にリニューアルする案件に携わった際、ページのPV数が大幅に改善され、デザインの力でユーザーを「幸せに」導くことができると強く感じることができ、やりがいを感じることができました。

質問3 1年目で1番成長できた仕事はなんでしたか?具体的なエピソードも教えてください。

海外ウエディングの費用に関するLPをリニューアルした案件です。

SP 海外ウエディング費用ページ

直帰率*とスクロール率*を改善することを目的として、リニューアルの企画からデザイン、コーディングまでを担当しました。この案件では内容や機能は変更せず、デザインのみをリニューアルしましたが、直帰率とスクロール率を大幅に改善することができました。この成果が出た時、自分の成長を実感することができました。

*直帰率
サイト内の 1 ページしか閲覧されなかったセッションのこと。

Google アナリティクス ヘルプ 直帰率

*スクロール率
該当するページがどのくらいの深度でページがスクロールされたかの割合のこと。

ANAGRAMS スクロール距離(スクロール率)とは

成長を実感したのは下記の3つです。========================================================①施策の立て方
②情報の設計
③アートワーク========================================================

①施策の立て方

今回のLPの1番の課題は直帰率でした。そのため、ページのどこで離脱されているのかスクロール率を調査したところ、写真やイラストが減り、テキスト量が増えるコンテンツに差し掛かると大幅に離脱率が高くなっていることがわかりました。そのため、ページ全体にイラストを増やし、テキスト量とのバランスをとるという施策内容を立てました。
この経験から施策を立てる際は、何を解決するのか目的を定め、それに対して必要な情報を集め、どのように解決するかを考えることがとても重要だと学ぶことができました。

②情報の設計

LPの目的は海外ウエディングの初期検討ユーザーが海外ウエディングにかかる費用を理解できることです。費用が少しでも伝わるように構成を再検討しました。特に費用内訳の説明では情報量も多かったため、どの情報から表示されるとユーザーはわかりやすいかを意識し、プロトタイプを何度も作成しました。
遷移ボタンについては、ユーザーが次にどう動きたいか、どう感じるかを想像して配置にも気を配りました。例になりますが、内訳の説明の後、実際にかかった費用の説明が知りたくなるのではないかと仮説を立てて、先輩カップルの実例ページに遷移させるボタンを配置させ、遷移率をアップさせることができました。

デザイン作成前のプロトタイプ

③アートワーク

学生時代はイラストなどをあまり描いておらず、アートワークにかなり苦手意識がありました。しかし、先輩デザイナーの活躍を近くで見て、非常に必要なスキルだと再認識し、自分で描くことに挑戦しました。
色の使い方やディティールや配置などアドバイスをいただきながら仕上げていき、この案件で非常にレベルアップすることができました。今では自分の中で得意なスキルになっています。

作成したイラスト


質問4 一番苦労したことはなんですか?

案件にかかる工数の算出です。初めは立てたスケジュール通り進めることができず、遅れてしまうことがありました。原因としては、「何にどのくらい時間がかかるのか理解できていないこと」と「タスクを細分化できていないこと」でした。「細かければ細かいほどズレは少ない」と先輩社員にアドバイスをいただいたので、例えばLPデザインの場合、各ブロックやパーツごとで分け、それぞれかかる時間を出すようにしました。そして、分解したタスクにどのくらいの時間がかかったかを計測し、自分のスピード感を知ることに努めていき、徐々に予定が合うようになりました。

質問5 入社前にやっておけばよかったと思うことはありますか?

adobeソフト(IllustratorやPhotoshop)のショートカットキー、ツールなどの使い方をしっかり覚えることです。入社時はデザインの引き出しも少なかったので、「デザイン」を考えることにとても時間がかかりました。少しでも作業スピードをあげ、「デザイン」を考える時間に当てたかったのですが、ショートカットキーやツールを使いこなせておらず、作業自体にも時間がかかっていました。そのため、早い段階から覚えておけばよかったと思っています。

質問6 今後、挑戦していきたいことはなんですか?

ウエディングパークのデザインシステムを考えることや整備していくことに挑戦していきたいです。ウエディングパークでは現在、デザインガイドラインやコード規約などがあります。しかし、全てのプロダクトには整備されておらず、今後プロダクト規模の拡大やデザイナーの人数増加に伴い、一貫したデザインを提供していくためにも常にアップデートしていき、ウエディングパーク全体のデザインをコントロールしていく必要があります。一貫した体験やブランド力を向上させるためにもチャレンジしていきたいと考えています。

今回は質問をもとに新卒1年目を振り返りました。とても貴重な経験を行うことができたと改めて実感することができました。
引き続き、ウエディングパークのデザインを盛り上げていけるよう頑張っていきます!






ウエディングパーク デザイナーブログ
株式会社ウエディングパーク デザイン本部が運営するnoteです。各プロダクトのデザインプロセスや、全社横断のデザイン組織の取り組みについて発信します。デザイン経営やデザイン思考に関する取り組み、デザインや開発での学びなどを発信していき、デザインの可能性を伝えていきます!