マガジンのカバー画像

干し芋ブランド「雪の日舎」のあれこれ

16
小さな山の集落からお届けするこの干し芋が、「お茶のみ」の口実となり、そんなやさしい文化が続き、冬を越すひとたちの心をあたためますように。 そんな私たちの思いを乗せた干し芋さんた… もっと読む
運営しているクリエイター

記事一覧

今季の干し芋、12月に販売開始します!

こんにちは、佐藤です。 生産者さんたちのさつまいもの収穫作業も最終コーナーに差し掛かりま…

福岡初上陸!丸干し干し芋、販売されます

本日5日から10日(月・祝)まで、 福岡市天神の岩田屋本店にて開催される「紀ノ国屋販売会」に…

半分以上がさつまいも!蜜芋ベーグルは、農家の意地がたっぷり詰め込まれました(笑)

とうとう今日から、私たちの自信作「蜜芋ベーグル」の販売が開始しました! https://wofa.sho

明るくて元気で個性あふれる、女性農家中心の加工チーム!

\干し芋加工チーム、一区切り!/   11月からみんなで走り続けた干し芋加工! 全てのさつま…

オンラインストアの発送お休み期間について

いつも干し芋やさつまいもスイーツをお楽しみいただき本当にありがとうございます! この度、…

2/27(日)ウオロク新津店さまでハート干し芋配布!

\本日27日(日)10:00よりウオロク新津店にてハート干し芋配布!/ 今日はwofaメンバーが、ウ…

焼き芋以上!干し芋以上!の新しい干し芋「皮丸干し」できました

こんにちは、wofaの佐藤です。 十日町ではまだまだ背丈以上の雪が積もっていますが、青空が見える日が少しずつ増えてまいりました。 さて、春の足音が少しずつ聞こえてくる今日この頃、新しい干し芋が完成しました!加工チームで試食したとき、その濃厚さにびっくりした、皮ごと丸干し芋です! 焼き芋のような干し芋、食べてみたい 「これ、焼き芋以上にぎゅっと詰まってて濃厚な、新しい干し芋!」 と干し芋加工をする農業女子メンバーたちで沸いた、新商品。 実は、細いお芋を買ってくださったお

スキ
4

【コラボ】蜜芋デニッシュ…バターと蜜芋と干し芋が混ざったら禁断な香りしかしない

私たちの干し芋を製造する過程では、商品にならないさつまいもの皮や実が実はたくさん出ます。…

蜜芋ショコラや、隠れファンの多い人気商品もオンラインで販売開始!

毎日雪の日々の十日町市。 コツコツ毎日、みんなで楽しく干し芋を作っています! さて、今日…

第7話 番外編・もう一つの旅へ。さつまいもアレンジレシピ

干し芋の旅を追ってきたこの特集。 最後はぐるっとまわって、干し芋の原点・さつまいものもう…

第6話 干し芋もって、だれかのおうちへ〜干し芋だいすき女子会編

半年は雪のなかの十日町。 この雪国のくらしのなかには、誰かのおうちに「お茶」しに行きあう…

第5話 干し芋持って誰かのおうちへ〜教えてください!出稼ぎストーリー編

半年は雪のなかの十日町。 この雪国のくらしのなかには、誰かのおうちに「お茶」しに行きあう…

第4話 出稼ぎダイアリー。〜普段の環境と違う場所で働くということ〜

干し芋について深掘りしているこの特集。 第2話では、代表佐藤の出稼ぎストーリーをお届けし…

第3話 出稼ぎに行ってきました 〜「会いたい」気持ちが、かぞくをつくる〜

なんとか今年の芋を、加工せねば 「今年、加工所を建てることは断念しました。」 いつか作りたいと思っていた夢の加工所。 2013年から始めた干し芋事業が、少しずつ生産者やお客様も増えてくださり、伸びてきたこと、かねてから雪国の課題である冬のしごとづくりに踏み出す時期がきたこと、委託加工のキャパがMAXとなってしまったこと、作業場を持たないなかで規模が大きくなってきた農業に限界がきたこと…いろんな要因が重なり、自社加工を考えていたころ、 何年か越しに、やっと念願の土地のご縁

スキ
2