見出し画像

雨後の月 限定 純米大吟醸 白鶴錦「新たに生まれた魅惑のアロマ」

このSakeの最大の価値の一つは、原料の酒造好適米(醸造用玄米)である白鶴錦を、名杜氏の堀本敦志さんを擁するコチラの蔵元さんで醸した事です。しかも純米大吟醸として。白鶴錦は、その名のように、世界最大の蔵元と言える白鶴酒造が、一蔵元でありながら自ら米の新規育成に挑んだもので、その育成コンセプトは「酒米の王様」とされる山田錦を超えるものの育成。親品種には山田錦を同じものが採用されています。誕生から暫くは白鶴酒造のみで醸されてきた秘蔵の存在でしたが、収穫量の増加に伴い、近年、志を共に出来る蔵元さん達にも供給を始め、このようなコラボレーションの逸品が誕生してきています。


当店のようにリーデル社のワイングラスでこのSakeを楽しむと、一層アロマが際立ちます。醸造において、すっと柔らかい味わいになるという米の特性が活きていて、青リンゴ、ライチ、スイカズラ、青竹、栗、上新粉などの香りが爽やかに感じられて好印象です。流石は吟醸造り発祥の広島県においても著名な堀本さんの技量が光ります。清涼感のある華やかなトーンとは少し趣きが異なり、味わいは大人しめのモノトーンな雰囲気。甘みが淡く、繊細な旨味と酸味が上品さを演出します。個人的なイメージとしては、ブルゴーニュの赤ワインにも通じるものがありまして、グラスのそれに準えるものを使用するのも面白いでしょう。


よって、左党には勿論ワインラヴァーにもこのSakeはお奨めです。ペアリングの懐は深いアイテムですが、生野菜サラダや牛肉のカルパッチョ、当店としては長期熟成の生ハムがお供に最適かと♪

≪雨後の月 限定 純米大吟醸 白鶴錦≫

相原酒造株式会社-広島県呉市

画像1

※リサイクル投稿


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
嬉しいです!
2
宮城県仙台市『和酒バル 二喬/NIKYO』のソムリエ店主が、普段の仕事からちょっと視点を変えて、めくりめく日々の日本ワインと日本酒のマーケットについて感じた事を綴っていきたいとおもいます。