見出し画像

天王洲(アイル)KIWA(KIWA TENNOZ ISLE TOKYO)に行ってきたよ(会場詳細・周辺情報など/写真つき)

文章だけでいいやって人ははてなブログの該当記事を参照してください。文章は基本的に共通です。(案内・写真全て無料範囲内です)
あとnoteの細かい使い方がいまひとつつかめてないので、見づらい点多々あるかと思います。そのうちいい感じにしますのでお待ちください。

http://www.oasis-kiwa.com/about.html
以前より二子玉川KIWAとしておなじみだったライブハウスが、この度天王洲アイルに移転と相成りました!お疲れさまでした&おめでとうございます!
ちなみに旧KIWAは二子玉川Gemini Theaterとして新橋ZZ様が移転してます。ややこしい。世田谷のKIWAからほんっとに東京のKIWAに移転ですね~!("KIWA"というお名前には「東京の際」という意味が含まれているそう)
そんな天王洲KIWA、6月オープン&こけら落としが我らが二人旅!ということで突撃してまいりました!

目次

最寄り駅
東京モノレールからの経路
①中央口を下りて左側へ進み、"Sphere Tower Tennozu"方面のエスカレーターを下る
②右の硝子戸を抜け、"天王洲セントラルタワー"の方向へ道なりに直進
③サンマルク脇の階段を下る
④みどりの広場を抜け、海沿いへ
⑤そのまま段差を下って"ボードウォーク"を直進
⑥桟橋(天王洲ふれあい橋)を右に見ながら左折、右手2軒目の建物が天王洲KIWA
りんかい線からの経路
①B出口を出てエスカレーターを登り、地上へ。そのまま地上のエスカレーターを乗り継ぐ
②"天王洲パークサイドビル"を通り抜ける
③"天王洲郵船ビル"2階スカイウォークを道なりに直進、"スフィアタワー天王洲"方向へ
会場内の構造・トイレなど
その他会場雑記

最寄り駅

りんかい線または東京モノレールの天王洲アイル駅。どっちの経路も確認しましたが、あんまり体感は変わらなかったです。お好みの方で。りんかい線または東京モノレールの天王洲アイル駅。どっちの経路も確認しましたが、あんまり体感は変わらなかったです。お好みの方で。ちなみに品川駅からも行けなくはないけど20分ほどかかるようです。お好みで。(2回目)

東京モノレールからの経路

①中央口を下りて左側へ進み、"Sphere Tower Tennozu"方面のエスカレーターを下る

左に行くとこんな感じ。

このエスカレーターを下ります。

下りたら矢印の方向へ。

このドアを抜けて左へ。

ささやかな疑問なんだけど、"天王洲"の綴りはどれが正解なのか。

②右の硝子戸を抜け、"天王洲セントラルタワー"の方向へ道なりに直進。

道中に案内の看板があるんですけど、天王洲KIWAの隣の建物が"T.Y.Harbor"様なので、基本その案内にそのまま沿って向かって大丈夫かと。"天王洲セントラルタワー"と(この看板時点では)同じ矢印さしてるし。

③サンマルク脇の階段を下る 

この向かいくらいにある階段を降ります。

階段を降りてから振り返って撮ったもの。

下って右手には野菜・果物屋さん、奥にはセブンイレブン、さらにその奥には文具屋さんがあります。チケットをここのセブンで引き取ったり、開演までに色々したためられる手紙・葉書・筆記具を確保してから向かうこともできちゃう。

降りるとこんな感じ(人がいたので消しました)

セブン。

ちなみにセブンの左奥にはトイレがあります。女子トイレ洋式2個、温水自動洗面所・ハンドソープ・ハンドドライヤー完備。後述する会場や駅のトイレと合わせてお好みで(3回目)。

④みどりの広場を抜け、海沿いへ

↑この道を

こう抜けます。
ちなみに右奥にはファミリーマートがあるので、こっちでもチケット引き取りなどが可能。

抜けてすぐくらいのところ。

⑤そのまま段差を下って"ボードウォーク"を直進

ここを直進して下ります。階段とスロープが併設されていたのでお好きな方へ。

東京湾!

左側のベンチは背もたれが長くて、通った時期&時間だと、座った体制でのお昼寝や日光浴にちょうどよさそうでした。

ちょっと進んでから振り返って撮ったやつ。

⑥桟橋(天王洲ふれあい橋)を右に見ながら左折、右手2軒目の建物が天王洲KIWA

お隣T.Y.Harbor様。

軒数は曖昧なんですけど、全面ガラス張りの建物で、看板も出てるし、ここまできたらまあ迷いなくつくと思います。

どーん! 着いたー!

りんかい線からの経路(文章のみ)

(※復路のみの確認です。問題点ありましたらご指摘ください)
①B出口を出てエスカレーターを登り、地上へ。そのまま地上のエスカレーターを乗り継ぐ
②"天王洲パークサイドビル"を通り抜ける

ちなみにここにもファミマがあります。
③"天王洲郵船ビル"2階スカイウォークを道なりに直進、"天王洲スフィアタワー"方向へ
早い時間に終わったらここでごはん、っていうのもよいかもなー。
ここからはお手数ですが「東京モノレールからの経路」③以降をご参照ください。番号が一致しなくて申し訳ない……

会場内の構造・トイレなど

http://www.oasis-kiwa.com/equipment.html
階段を上がるとそのまますぐ入り口です。6/2時点では入り口のすぐ向かいが物販になってました。
入り口の左側で入場手続きをしたら、右側の客席または左正面のドリンクカウンター、左奥のトイレへ。
トイレは男女兼用2、女性用2でした。洗面所も個室内でやや暗め、ペーパータオルはあったけどハンドソープはなかったので、気になる方は携帯石鹸など持っていくとよいのではないでしょうか。ちなみに、りんかい線経由の方は天王洲アイル駅のトイレが新宿マルイか!ってくらいにきれいなので、そっちを使うのもありかと。
あと個室内に荷物スペースがあまりないので、大荷物の人は割と機敏な身動きを求められます。貴重品以外は座席に残しておくのもあり。
ドリンクは基本プラコップでストローなし。満員だと床に置くしか選択肢がないので、場所を選んで気を付けて置きましょう。ちなみに床は麦わら帽子みたいな床でした……通じて……もしくはHPから察して……

その他会場雑記

ピアノは二子玉川KIWAに引き続きスタインウェイですが、木製のピアノにモデルチェンジ。1965年のお生まれだそうです。
全面ガラス張りで結構な解放感。客席のかなり後方からでも足でのカウントが聞こえたりする場面もあったし、音があまり吸収されないし、オフマイクの声も十分に聞こえるし、クリアな印象を受けました。かしちゃんいわく「野外フェスみたい」、みったさんも非常にごきげんに演奏してらっしゃいました。みったさんやかしちゃんの歌声もよく響いて気持ち良かったし、私たちの歌声も伸びやすくて気持ちよかったし、アンコールの某曲はツアー史上最速!
ただ、その分空調も効きやすいので、敏感な方は特にこれからの時期、温度調節などしやすい羽織物をもっていくのがおすすめです。
晴れたお昼の公演だと基本照明がいらなくて、スポットだけで雰囲気をがらっと変えられるのは二子玉KIWAとかなり違うところ。二人旅では回されなかったけど、ミラーボールが回るところもみてみたいなー。
天気・時間帯によって雰囲気ががらっと変わるのも天王洲KIWAの魅力だと思います。雨の日とか、夜とか。雪の日はどうするんだろう、屋根の除雪とかするのかな、そもそもここ雪降るのかな。
海の近さはちょうど去年の今頃行った神戸レンガ倉庫k-waveくらいの感覚で、昼夜公演だった場合は付近をぶらぶら散歩するだけでもだいぶ気持ちいんじゃないかと思います。
会場内でポケストップと、位置によってはジムが回せるので、開演までレイドバトルができたりも……夢が広がる……
ぜひハモカンで一度行ってほしい会場だし、他のアーティストさんもどしどし天王洲KIWAに行って頂ければと思います!ほんとうに素敵な場所でした!

投げ銭記事なのでこの下にはなにもありません。
お読み頂きありがとうございました! あとはてなに対して公開が遅くなりました! 写真付きの記事を待って下さっていた方ごめんなさい!

参考になったのであれば支援や投げ銭などよろしくお願いします。しろねこやまとでした。

この続きをみるには

この続き: 0文字

天王洲(アイル)KIWA(KIWA TENNOZ ISLE TOKYO)に行ってきたよ(会場詳細・周辺情報など/写真つき)

しろねこやまと

250円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
http://blanche573.hatenadiary.jp/ 仮登録、試験運用中。ブログにうまくはまらない欠片を引きちぎって置いておく場所。 普段は「しろねこ」のみで存在しています。twitter、食べログの同名ユーザーとは無関係です。