ウエストランド井口

ウエストランドの井口です! いろいろ書いていきますね!

ウエストランド井口

ウエストランドの井口です! いろいろ書いていきますね!

    最近の記事

    【漫才.137】情報

    井口―はいどーもー、ウエストランドです! 河本―いきなりなんですけど、最近新しい読書にハマってるんですよ。 井口―そうなんだ。どんなの読むの?小説とか? 河本―女性誌。 井口―は? 河本―女性誌を読むのにハマってるんですよね。 井口―あんまり男ではいない気がするけど。 河本―で、女性誌って恋愛に関することもいっぱい書いてあるんですよ。 井口―まぁそんなイメージあるなー。 河本―だから、全然モテないお前に良い情報も沢山載ってましたよ。 井口―若干とげがあるな

    スキ
    39
      • 相方へ不満いう者へ

        ライブ主催会社K-PROさんの『のんふぃくしょん』というライブ出させてもらった。 ネタの途中で相方に対して、本音をぶつける時間があるというライブだ。 人力舍の竹内ズという、仲の悪いコンビをフィーチャーした企画ライブらしい。ネタ中ですら喧嘩してしまう、竹内ズのように、相方への本音を言い合うネタをらやるという趣旨だった。

        スキ
        30
        有料
        300
        • サッカーとネット

          近年、サッカー系のYouTuberが増えた。 細分化すると種類は多岐にわたる。その中には、戦術や試合内容を分析したりするようなチャンネルもある。サッカーの動画を観ていると、関連動画として目にすることもよくある。 いろんな議論を交わしたり、自分の考えを主張するのもサッカーの楽しみ方の一つだ。そういった事を誰でも発信できるというのも、良いことだと思う。もしかしたら、それで日本サッカーにおいての、大きな変化や成長があるかもしれない。 ただ、もちろんその中にもルールはある。誹謗中傷の

          スキ
          32
          • 【漫才.136】注意する

            井口―はいどーもー、ウエストランドです! 河本―良くない事してる人にしっかり注意するのって難しいですよね。 井口―なんでだよ。良くない事してるんだろ?それは大人としてちゃんと注意しないと。 河本―いや、なかなかはっきり言えない状況もあるじゃないですか。 井口―例えば? 河本―この前、歩きタバコしてる人がいたんですよ。その人にも言えなかったですねー。 井口―それははっきり注意しないと。情けないなー。お前さてはビビってんだろ? 河本―え?ちゃんと注意で

            スキ
            45
            • 行列の先頭

              先日、K-PROさんのライブの中でも一番大きなライブ『行列の先頭』が、LINE CUBE SHIBUYAで行われた。 僕らも出演させていただいたんだけど、2000人のお客さんの前で漫才ができるのは最高だった。 ニュアンスを伝えるのが難しいけど、大きな会場に沢山お客さんが居るからといってこの雰囲気になるわけではない。お客さんが最前線のネタを観に来ていて、それに芸人が応えて、笑いが生まれる。それがこの規模で起きるということは、本当にありがたい環境だ。 アメトーークのK-PROライ

              スキ
              28
              有料
              300
              • 大人は楽しい

                先日、誕生日を向かえた。 いちいち報告するような年齢ではないけど、僕は毎年大々的に発表して、みんなに強引に祝ってもらっている。 こんなご時世になる前は、年に数回誕生日会を開いていたが、ここ何年かはそれもできない(去年一昨年は緊急事態宣言中に誕生日だった)。が、今年はなんとかライブという形で、誕生日を祝ってもらうことができた。 お客さんも沢山きてくれたし、お祝いゲストも沢山きてくれて、最高の誕生日になった。 気の合う仲間とワイワイするのは楽しいし、それを観てるお客さんが笑って

                スキ
                50
                有料
                300
                • K-PROライブ芸人と大切な告知!

                  先日、アメトーークの『ここで育ちました K-PROライブ芸人』に出演させていただいた。 K-PROとはライブ主催会社で、劇場を持たない事務所に所属している芸人にとっては無くてはならないものだ。つまり、東京のライブシーンを支えてくれている。 我々も何年もずっと出演させていただいていて、めちゃくちゃお世話になっているので、今回はその括りでテレビに出られて本当に嬉しかった。 出演していたメンバーもずっと一緒にやってきた仲間たちだったので、いろいろ思うところはあるけど、そんな感傷

                  スキ
                  93
                  • お引っ越し

                    『好きな食べ物はなに?』 『趣味は?休みの日は何してるの?』 電車で移動していると、隣の女子二人組から初々しい会話が聞こえてきた。おそらく、この4月に学校とかで出会って、帰り道が同じという共通点があったんだろう。この先深く仲良くなるのか、全然別のグループになるのかはわからないけど、懐かしさ共に、この時期を感じさせられる内容だった。

                    スキ
                    30
                    有料
                    300
                    • 【漫才.135】FMラジオ

                      井口―はいどーもー、ウエストランドです!  河本-お願いします。 井口―ラジオのレギュラー番組やりたいなーって思うんですよねー。 河本―あー、芸人だったら深夜ラジオとか憧れますよね。 井口―いや、お昼の。お昼のFMラジオがやりたいんだよ。 河本―いや難しいと思いますよ。そういうのお悩み相談とかにちゃんと答えなきゃだし。 井口―お悩み相談得意だから。ちゃんと良いアドバイスできますよ。例えばどんなのが来るの? 河本―例えば、最近転職したんですが、仕事が上手くいかなく

                      スキ
                      53
                      • 結局、大丈夫。2022

                        この時期になると、進学や進級や就職や異動等で、新たな環境での生活のスタートを控えている人が多くいる。 上手くいくのか、馴染めるのか、漠然とした不安を抱えている人もいるだろう。 そんな人たちに僕は毎年言っている言葉がある。

                        スキ
                        33
                        有料
                        300
                        • くすぶり

                          成功を掴んだ人のくすぶっていた頃の話や苦労話は聞いてる人の心に刺さるし、とてもキャッチーだ。

                          スキ
                          19
                          有料
                          300
                          • 【漫才.134】不安な話

                            井口―はいどーもー、ウエストランドです! 河本―いきなりなんですけど、芸人さんってお喋りですよね。 井口―いきなり何言い出してんだよ!そりゃそうだろ!そもそもそれが仕事で… 河本-それそれ。そんなに喋られたら引くわー。 井口―なんでだよ!喋りを生業としてるんだから。逆にお前みたいに全然喋らない方が引くわ!もっと喋れよ! 河本―何をですか? 井口―おもしろい話を!そんな事いちいち聞き返してくるな!なんか最近のおもしろい話とかないの? 河本―あー。この前、麻雀をやっ

                            スキ
                            84
                            • 背中。

                              水曜日のダウンタウンの「芸人なら誰しも自分なりの浅草キッドある説」という企画に、エルシャラカーニさんが出ていた。 くすぶっている芸人として、その思いを浅草キッド替え歌にして歌うというものだ。

                              スキ
                              26
                              有料
                              300
                              • ダラダラと。

                                noteを開くと、お勧めなのか関連するものかわからないけど、フォローしてない記事も出てくる。 1、2年目の若手芸人や養成所生が書いたものが出てくることもあって、何気なく読んでみる事がある。

                                スキ
                                21
                                有料
                                300
                                • 【漫才.133】小さな幸せ

                                  井口ーはいどーもー、ウエストランドです!よろしくお願いします! 河本ーよろしくお願いします。 井口ー幸せになりてーな!!!! 河本ーいきなりなんですか? 井口ー幸せになりたんだよ!!全然幸せになれねーじゃねーか!どうなってんだよ! 河本ーなんかあったんですか? 井口ーなんにもねーよ!ずーーっとなんにもないから言ってんだよ!仕事して暗くて寒くてボロボロの家に帰って、毎日一人でコンビニ弁当食べて、出前でカツカレー頼んだらカレーが入ってないし。この人生なんなんだよ!悲し

                                  スキ
                                  66
                                  • やるしかない。

                                    10年位前、ライブ制作をされてる方に対して『僕はとにかくテレビに出たいんで』と言い放つ、無礼極まりない態度をとっていた僕ですが、今でもその考えは変わっていない。 ただ、ライブにも出られる限りは出たい。誘っていただける限りは断ることなく出たいと思っている。自主ライブもやれるならやりたい。

                                    スキ
                                    24
                                    有料
                                    300