スタッフおすすめの本&映画~絵本編~
見出し画像

スタッフおすすめの本&映画~絵本編~

毎月2回発行しているメールマガジンのスタッフコラム「自然学校スタッフおすすめの本&映画」。自然、生き物、アウトドア、里山の暮らし等、私達の活動に関わる内容の本や映画をご紹介しています。
WEBマガジンでは、過去のコラムをジャンルごとにアーカイブでまとめていきます。随時更新予定です。

~絵本編~
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
こんにちは。新潟校の山崎です。

私のおすすめは新潟県長岡市出身の絵本作家
松岡達英さんの絵本「ぴょーん」です。

無題

ポプラ社「ぴょーん」 作・絵 まつおか たつひで
発行日 2000年6月

​カエル、こねこ、いぬ…など身近な生き物たちが
ページをめくるたびに次々とジャンプ!
縦開きになっているので、紙面いっぱいに「ぴょーん!」と
生き物が飛び跳ねます。

私が担当している2~3歳児親子の森歩きプログラムでも最多登場の一冊。
子どもたちも思わず一緒に「ぴょーん!!」とジャンプしたくなる言葉のリズムと、シンプルなのに緻密なイラストが魅力です。
特にバッタは今にもこちらに飛んできそう! 大型絵本版で読むとさらに迫力満点!

途中「ジャンプできるの?」という生き物が登場し・・・
クスッと笑える一幕も。

今回紹介した「ぴょーん」は幼児向けですが、作者の松岡さんは
自然科学や里山をテーマに幅広い世代向けの絵本を出版されています。
少年時代「冒険図鑑」に心ときめいた方も多いのでは!?

初夏の心地のいい日、おそとで読む絵本タイムはいかがですか。

(ひーさん)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ホールアースに興味を持ってくださり嬉しいです!
1982年設立、人と自然、地域を繋ぐことを生業としているホールアース自然学校。 全国に拠点を持ち、年間約80種類の無農薬野菜を育てる農場やジビエ解体施設を運営し、自然ガイドや地域づくり支援等を行っています。 仕事にかける想いと、未来への構想をお届けします。