見出し画像

「人生の区切りに考えたこと」 4年・牧野潤

今シーズンも残り3週間となった。

15年間サッカーを続けてきた私にとって、1つの区切りになるだろう。

サッカーと出会って長い年月が経つ。

振り返ってみると、私の人生はサッカーと一緒に歩んできた。

ボールを蹴るのが楽しかったり、勝って喜んだり、泣いたり、怒ったり、嫌いになったり、笑ったり。と様々な感情の波が次から次へと押し寄せ、そのたびに考えたり、悩んだり、もしくは時間が過ぎるのを待ったり。
これから、サッカーが人生の中心でなくなることを思うと寂しさと不安さえも感じる。

「成功の反対は何もしないこと」
JFAアカデミー時代、中学2年生の時の高校3年生が卒校する時に言っていた言葉である。
この時から、この言葉を意識して生活してきたわけではないが
思い返すと一番大事なことだと感じた。

何か行動すると失敗もするし、成功もする。
ずっと失敗するわけでもないし、成功し続けるわけでもない。

けど、
人は1つの失敗を引きずるし、1つの成功にしがみつく。

どうせ失敗するから、周りから何か言われるからといって何もしない。
「前やった時はこれで成功したからまた成功するだろう」といって同じことをする。

やはり、失敗はしたくないし、成功したい。
人のせいにしたり、環境のせいにしたり
人間ってそういうもの。割り切るしかないと思う。

しかし、
結局、「自分」にすべてが返ってくるということ。

失敗しようが成功しようが最後は自分。
「自分」を持ち続けることが大事だと大学4年間で学んだ。

トレーニングで手を抜こうが
適当に生活しようが

最後は自分が後悔するし、逆に自分の身についていることもある。
「あの時に~しとけば」「あの時に~しといてよかった」と。

いかに自分を信じて、柔軟に考えて行動できるか
自分が正しいと思ったことを行動し続けられるか

結果が出なくても、少しずつコツコツと
いろんな意見を聞いて、考えて行動する

結局これができる人は成功するし、結果も出していると思う。

自分自身、「プロサッカー選手になる」という結果は出すことができなかった。

しかし、この大学4年間で多くの人と出会い
自分なりに考えて、行動してきた自信はある。

入学当初から試合に出ていたわけでもないし
サッカーがつまらない時期もあったし
適当にトレーニングしてきたときもあった。

けど
その時、その時で人から言われたことだけをやるのではなく
自分で考えて、行動した。
だからこそ
今の自分があるし、まだまだ成長できると思っている。

これからの人生というのは
正解のない問いに満ちた世界である。

頑張っても報われないこと
うまくいかないこと
理不尽だと思うこと

このような事は当たり前であって、自分にはどうしようもできない。

だからこそ、自分は
自分に自信をもって
考えて行動する。続けるだけ。
やれることをやるだけ。
その向こう側に何かがあるはず。
自分ならできるはず。

自分なりに納得できる答えを探していきたい。

サッカーへ
今までありがとうございました。
あなたのおかげで、多くの経験ができました。
あなたが僕のすべてであり、今の僕をつくってくれました。
あなたからもらった数えきれないものを背負って、
これからの人生を歩んでいきます。
15年間ありがとうございました。

残りの3週間、もう少しだけよろしくお願いします。

最後に
今まで一緒にプレーした仲間、先輩、後輩、サッカーや人生のことを教えてくださった指導者の方々、そして、どんな時も陰で支え続けてくれた家族に感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。

15年間の集大成として
残りの3週間、納得できる形で終われるようにできることをやるだけ。


牧野 潤(まきの じゅん)
学年:4年
学部:スポーツ科学部
経歴:JFAアカデミー福島(御殿場市立富士岡中学校)→JFAアカデミー(福島県立富岡高校)
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
12
「日本をリードする存在になる」というビジョンのもと日々活動する部員の「心の内」を明かしていきます。

こちらでもピックアップされています

部員ブログリレー2019
部員ブログリレー2019
  • 97本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。