見出し画像

「GIANT KILLING」 1年・宍戸凛

平素よりお世話になっております。今回、部員ブログを担当する商学部1年の宍戸凜と申します。拙い文章ですが、最後まで読んでいただければ幸いです。


「お前ん中のジャイアント・キリングを起こせ」

これは、私の大好きなサッカー漫画『GIANT KILLING』に登場する主人公の名セリフです。GIANT KILLINGとは、格下の相手が格上の相手を倒す。いわゆる番狂わせなどの意味で使われます。

私はみんなと比べるとうまい選手ではありません。小、中学校の頃は地区大会レベル。全国大会など到底叶わない夢だと思っていました。高校で、はじめて強豪と言われる桐光学園サッカー部に入部できたときは自分でも信じられませんでした。なんとかして試合に出たい。そう思い練習しましたが、結局ベンチ入りするのがやっとで公式戦の出場は数試合でした。

そんな私は大学でサッカーを続けるかどうか悩んでいた時期がありました。

全国からすごい選手が集まる早稲田大学で自分のサッカーはどこまで通用するのか。試合に出場するチャンスは掴めるのか。高校サッカーで最後にしよう。やりきったはずだ。そう思っていました。いや、思い込もうとしていたのかもしれません。
それは、大学の舞台で活躍する自信がなかったから。

でも、、、

そんなことを考えていたある日、『GIANT KILLING』という漫画のセリフが心に刺さりました。

「このままでいいのか? 想像してみろよ ここでレギュラー組を倒す レギュラーの座をつかむ それでリーグ戦を勝ち進む その時お前達の立場は変わる これはお前達のジャイアント・キリングの始まりだぜ」


もし、私みたいな選手が大学トップレベルのチームで試合に出たら?私はワクワクしました。

試合に出て活躍したい。全国大会で勝ちたい。弱い自分に打ち勝ちたい。まだ自分は何も成し得てないじゃないか。これが私の抑え込んでいた本当の気持ちでした。もう一度サッカーがしたい。まだやれるはずだ。

サッカーを続ける理由なんてこれだけで充分でした。

今はまだ下手くそな選手かもしれません。試合に出るにはまだまだ長い道のりだと思います。それでもみんなに追いつき追い越す。絶対に試合に出る。

「俺ん中のGIANT KILLINGを起こす」

最後にもう一度4年間頑張ろうと思います。

最後まで読んでいただきありがとうございました。


宍戸 凛(ししど りん)
学年:1年
学部:商学部
経歴:桐光学園中学校→桐光学園高校
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
14
「日本をリードする存在になる」というビジョンのもと日々活動する部員の「心の内」を明かしていきます。

こちらでもピックアップされています

部員ブログリレー2019
部員ブログリレー2019
  • 97本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。