見出し画像

「ア式という選択」 1年・吉岡直輝

ア式蹴球部を知ったのは、中学生の時。

いつかア式蹴球部でサッカーがしたいと憧れ、早稲田実業学校高等部に入学。
早実は全国大会に出たことがないチーム。
もっと強いチームに行っていればなぁー、、、なんて思ってしまうこともあった。
それでも自分なりに考え、全国大会に出るという目標のために、必死になった。
謙虚さ、泥臭さ、を学べた。
そうして、ア式蹴球部でプレーすることを夢みてサッカーを3年間続けた。

そんななか、学校生活で早実には、多彩な才能がある人がたくさんいた。
今までサッカーしかやってこなかった自分にとって、足りないものばかり。
自分から「サッカー」を取り除くと空っぽだった。

ア式への憧れがあったが、大学ではサッカー以外で自分がするべきことがあるのではないか、考えさせられた。
早実の先輩に大学での話を聞きに行く。
いろいろなセミナーに参加する。
選択肢を増やすためにたくさんの事をした。
練習生の時期も、本当にこのままア式蹴球部で4年間過ごしたいのか、毎日のように自問した。

しかし、高校3年間憧れ続けた気持ちが勝った。
ア式でサッカーがしたい。
ア式蹴球部に入る覚悟を決めて、入部を認めていただいた。

自分にはさまざまな選択肢があった。
その中からア式蹴球部という選択をした。
この選択に後悔は絶対しない。
覚悟を決めたからには、

・なぜア式蹴球部という組織にいるのか、自分に問い続ける。
・付属生の憧れの存在となり、ア式をリードし軸になる。
・「サッカー」面以外の自分の価値を造る。

これらを心に刻み込んで、活動していく。
そして4年後、この選択をして良かったと思いたい。

最後に、今まで自分には、支えてくれた家族や友人、指導してくださった先生やコーチ、他にも応援してくださった人がいました。
今でも応援し続けてくださる人もいます。
その方々への感謝の気持ちをピッチ内外で表現していきます。

今、自分が考えている事を素直に書いてみました。
ありがちな文章となりましたが、これを実現していきます。

拙い文章ですが、お読みいただきありがとうございました。


吉岡 直輝(よしおか なおき)
学年:1年
学部:商学部
経歴:浦和レッズジュニアユース(さいたま市立内谷中学校)→早稲田大学実業学校高等部
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
10
「日本をリードする存在になる」というビジョンのもと日々活動する部員の「心の内」を明かしていきます。

こちらでもピックアップされています

部員ブログリレー2019
部員ブログリレー2019
  • 97本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。